Kanako Kunishima Kumamaru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 20, 2018 at 11:22
 
Avatar
Name
Kanako Kunishima Kumamaru
Research funding number
30740451

Research Areas

 
 

Published Papers

 
【画像診断の別の貌-定量化と正常値のまとめ,適正使用と被曝】 画像検査の適正使用に関しての潮流
隈丸 加奈子
脊椎脊髄ジャーナル   31(9) 825-829   Sep 2018
<文献概要>はじめに 健康に対する効果・効能のより大きな医療行為を追い求めるのは,医療者として当然の行為であり,診断能がより高い画像検査の開発・発展の原動力となっている.しかし同時に,医療現場にいる医療者には,限られた医療資源を適正かつ効率よく使用する役割も求められている.加えて,国民の医療の質に対する要求もかつてないほど高い.昨今の医療者は,エビデンスに基づいて自らの医療を説明し,かつ「質の高さ」と「効率のよさ」の両方を証明することが求められる過酷な時代を生きているといえる.このような時...
Hagiwara Akifumi, Hori Masaaki, Kamagata Koji, Warntjes Marcel, Matsuyoshi Daisuke, Nakazawa Misaki, Ueda Ryo, Andica Christina, Koshino Saori, Maekawa Tomoko, Irie Ryusuke, Takamura Tomohiro, Kumamaru Kanako Kunishima, Abe Osamu, Aoki Shigeki
SCIENTIFIC REPORTS   8    Jul 2018   [Refereed]
Choosing Wiselyキャンペーンとは(Vol.11) 画像検査のChoosing Wisely
隈丸 加奈子
医学のあゆみ   266(3) 251-253   Jul 2018
Andica Christina, Kamagata Koji, Hatano Taku, Okuzumi Ayami, Saito Asami, Nakazawa Misaki, Ueda Ryo, Motoi Yumiko, Kamiya Kouhei, Suzuki Michimasa, Hod Masaaki, Kumamaru Kanako K., Hattori Nobutaka, Aoki Shigeki
PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   51 55-60   Jun 2018   [Refereed]
Andica C., Hagiwara A., Hori M., Nakazawa M., Goto M., Koshino S., Kamagata K., Kumamaru K. K., Aoki S.
JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   45(3) 164-168   May 2018   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
冠動脈FFR-CTの有効性
藤本 進一郎, 隈丸 加奈子, 川口 裕子, 土肥 智貴, 加藤 悦郎, 高村 和久, 代田 浩之
日本冠疾患学会雑誌   Dec 2017   
JJ1017を用いた画像オーダー重複通知機能の開発と実装
青木 陽介, 児玉 義憲, 細田 恵, 隈丸 加奈子, 藤本 陽平, 桑原 一也, 須藤 博, 榎本 達治, 上野 文昭
医療情報学連合大会論文集   Nov 2017   
JJ1017を用いた画像オーダー重複通知機能の有用性
青木 陽介, 児玉 義憲, 細田 恵, 隈丸 加奈子, 藤本 陽平, 桑原 一也, 須藤 博, 榎本 達治
医療の質・安全学会誌   Oct 2017   
320列冠動脈CTによる1回転撮像から解析したTransluminal attenuation gradient(TAG)の機能的狭窄診断における臨床的意義
加藤 悦郎, 藤本 進一郎, 高村 和久, 川口 裕子, 青島 千紘, 比企 誠, 隈丸 加奈子, 代田 浩之
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2017   
流体構造連成解析を用いたCT-FFRの診断能に影響を与える因子についての検討
川口 裕子, 藤本 進一郎, 隈丸 加奈子, 土肥 智貴, 加藤 悦郎, 青島 千紘, 高村 和久, 比企 誠, 華藤 芳輝, 岡崎 真也, 代田 浩之
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2017