蝦名 昌徳

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 11:20
 

プロフィール

学部生では錯体と半導体を組み合わせた,ハイブリッド系による光触媒反応の研究を行っていました。特に混合溶媒中における二酸化炭素還元効率について詳細に検討を行いました。修士課程からは水素結合能を有する発光性白金錯体の研究を行っています。平面四配位型白金錯体は,固体・溶液状態でも白金の集積構造に由来した特異な発色・発光挙動を発現することが知られています。それに対して,水素結合および配位結合による分子配列制御を組み合わせた研究を展開しました。
そして博士課程からは量子化学を専門とし,分子内水素結合のプロトン移動による異性化に基づくDual Emissionや金クラスターの発光メカニズムの解明を行っています。

所属の物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラムでは、以下のカリュキュラムを履修しています。

・アウトリーチ演習 (2017年4月, フィリピン大学マニラ校)
・海外インターンシップ (2017年7-8月,国立台湾大学)

研究分野

 
 

学歴

 
2016年3月
 - 
現在
北海道大学大学院 総合化学院 博士課程
 
2014年10月
 - 
現在
北海道大学 博士課程教育リーディングプログラム 一期生
 
2014年4月
 - 
2016年3月
北海道大学大学院 総合化学院 修士課程
 
2010年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2014年2月
化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会 優秀講演賞(ポスター部門) 12-16族半導体ナノ粒子を用いた光還元触媒系の構築
受賞者: 蝦名昌徳,澤口加奈,小林厚志,加藤昌子
 

論文

 
Ebina Masanori; Kobayashi Atsushi; Ogawa Tomohiro; Yoshida Masaki; Kato Masako
Inorganic Chemistry   54(18) 8878-8880   2015年   [査読有り]
Kobayashi Atsushi; Watanabe Shuhei; Ebina Masanori; Yoshida Masaki; Kato Masako
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   347 9-16   2017年   [査読有り]
Yoshida Masaki; Saito Kento; Matsukawa Hiroki; Yanagida Sae; Ebina Masanori; Maegawa Yoshifumi; Inagaki Shinji; Kobayashi Atsushi; Kato Masako
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   358 334-344   2018年   [査読有り]
Ebina Masanori; Iwasa Takeshi; Harabuchi Yu; Taketsugu Tetsuya
Journal of Physical Chemistry C   122(7) 4097-4104   2018年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
励起プロトン移動由来の発光を引き起こす配位子の励起状態に関する理論的研究
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
化学反応経路探索のニューフロンティア2018   2018年9月14日   
励起プロトン移動由来発光性亜鉛錯体の配位子の発光挙動に関する理論的研究
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
第12回分子科学討論会   2018年9月10日   
励起プロトン移動由来発光性亜鉛錯体の励起状態と発光機構
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
第30回配位化合物の光化学討論会   2018年7月14日   
励起状態プロトン移動由来の発光を示すZn(II)錯体の励起状態と発光機構の解明
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
第11回分子科学討論会   2017年9月15日   
Zn(II)錯体の励起状態プロトン移動に由来した発光機構の解明
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
第20回理論化学討論会   2017年5月16日   
チオール分子で保護された金クラスターの励起状態と発光機構の解明
蝦名昌徳, 原渕祐, 岩佐豪, 武次徹也
ナノ学会第15回大会   2017年5月10日   
チオール分子で保護された金クラスターの励起状態と発光特性の解明
蝦名昌徳, 岩佐豪, 武次徹也
第10回分子科学討論会   2016年9月13日   
A TDDFT study on the excited states of ligand-protected icosahedral gold cluster
Masanori Ebina, Takeshi Iwasa, Tetsuya Taketsugu
ISSPIC XVIII   2016年8月14日   
Theoretical approach to photophysical properties of thiolate-protected icosahedral gold cluster
Masanori Ebina, Takeshi Iwasa, Tetsuya Taketsugu
The 12th Hokkaido University-Nanjing University-NIMS/MANA Joint Symposium   2016年6月29日   
Crystal Structures and Photophysical Properties Cyclometalated Platinum(II) Complexes Drastically Controlled by a Carboxy Group
Masanori Ebina, Masaki Yoshida, Atsushi Kobayashi, Masako Kato
Pacifichem2015   2015年12月15日   
Photophysical Properties of Cyclometalated Platinum(II) Complexes Drastically Controlled by a Carboxy Group
Masanori Ebina, Masaki Yoshida, Atsushi Kobayashi, Masako Kato
The 3rd International Symposium on Ambitious Leader’s Program Fostering Future Leaders to Open New Frontiers in Materials Science   2015年11月18日   
水素結合能を付与したシクロメタレート型Pt(II)錯体の系統的合成と発光特性
蝦名昌徳, 吉田将己, 小林厚志, 加藤昌子
第5回CSJ化学フェスタ2015   2015年10月13日   
Photophysical Properties of a Cyclometalated Platinum(II) Complex with Hydrogen Bonding Ability
Masanori Ebina, Masaki Yoshida, Atsushi Kobayashi, Masako Kato
5th Asian Conference on Coordination Chemistry   2015年7月12日   
水素結合能を有するシクロメタレート型Pt(II)錯体の合成と発光特性
蝦名昌徳,吉田将己,小林厚志,加藤昌子
日本化学会第95春季年会   2015年3月26日   
Construction of Photocatalytic Systems for CO2 Reduction Using Quantum Dot as a Photosensitizer
Masanori Ebina, Kana Sawaguchi, Atsushi Kobayashi, Masako Kato
The 2nd International Symposium on Ambitious Leader’s Program Fostering Future Leaders to Open New Frontiers in Materials Science   2014年12月11日   
アルキルカルボン酸を有する水素結合性Pt(II)錯体の合成と構造
蝦名昌徳,吉田将己,小林厚志,加藤昌子
錯体化学会第64回討論会   2014年9月18日   
12-16族半導体ナノ粒子を用いた光還元触媒系の構築
蝦名昌徳,澤口加奈,小林厚志,加藤昌子
化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会   2014年1月28日   

所属学協会