Nishigori

J-GLOBAL         Last updated: Sep 24, 2019 at 20:16
 
Avatar
Name
Nishigori
E-mail
nisigoricc.saga-u.ac.jp
URL
http://www.sao.saga-u.ac.jp/admission_center/
Affiliation
Saga University
Section
Admission Center
Research funding number
30542328

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2009
 - 
Jul 2016
Associate Professor, Admission Center, Saga University
 
Jan 2012
   
 
Others, Saga University
 
Jul 2012
   
 
Head, Saga University
 
Apr 2015
 - 
Sep 2018
Others, Graduate School of Education, Saga University
 
Aug 2016
   
 
Professor, Saga University
 

Education

 
 
 - 
Mar 2006
東北大学
 
 
 - 
Mar 2009
東北大学
 

Awards & Honors

 
Aug 2017
日本テスト学会論文賞
 
Dec 2015
日本テスト学会大会発表賞
 

Published Papers

 
木村 拓也, 西郡 大
日本テスト学会誌   13(1) 50-68   Jun 2017
Nishigori Dai, Kimura Takuya, Yamada Reiko
佐賀大学全学教育機構紀要   4 35-48   Mar 2016
西郡 大
クオリティ・エデュケーション = Journal of quality education : 国際教育学会機関誌   7 65-79   Apr 2015
堺 完, 木村 拓也, 西郡 大
短期大学コンソーシアム九州紀要   (5) 15-24   Mar 2015
Teruya Minamoto, Dai Nishigori
Proceedings - 2014 IIAI 3rd International Conference on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2014   395-398   Jan 2014   [Refereed]
© 2014 IEEE.We describe two functions of institutional research (IR) by using a case study at Saga University, a national university in Japan. One function is to provide information, the other is to influence members of the institution. The IR off...

Misc

 
倉元 直樹, 西郡 大, 島田 康行, 木村 拓也, デメジャン アドレット, 中畝 菜穂子, 吉村 宰, 大谷 奨, 大久保 貢, 福島 真司
CAHE journal of higher education, Tohoku University   (3) 335-348   2008

Conference Activities & Talks

 
兒玉 浩明, 松高 和秀, 山口 明徳, 長田 聰史, 坂口 幸一, 園田 泰正, 西郡 大
日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編   2017   
兒玉 浩明, 松高 和秀, 山口 明徳, 長田 聰史, 坂口 幸一, 園田 泰正, 西郡 大
日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編   2017   
<p>「高大接続改革」で求められている多面的・総合的評価の1つの方法として,化学実験に関する動画や画像などデジタルコンテンツを利用した入試問題を作成した。タブレットを用いた「佐賀大学版CBT」について,高等学校でのモニターテストの結果を含めて考察したので報告する。</p>
倉元直樹, 西郡 大, 島田康行, 木村拓也, デメジャン アドレット, 中畝菜穂子, 吉村 宰, 大谷 奨, 大久保 貢, 福島真司
CAHE journal of higher education, Tohoku University   Mar 2008