Takeshi Onda

J-GLOBAL         Last updated: Apr 22, 2019 at 09:05
 
Avatar
Name
Takeshi Onda
Affiliation
Tokyo Dental College
Research funding number
30433949

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Underexpression of α-1-microglobulin/bikunin precursor predicts poor prognosis in oral squamous cell carcinoma.
Shoich Sekikawa, Takeshi Onda, Nami Miura, Takeshi Nomura, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara, Kazufumi Honda
International journal of oncology   (in press)    2018   [Refereed]
Kamio T, Hayashi K, Onda T, Takaki T, Shibahara T, Yakushiji T, Shibui T, Kato H
3D printing in medicine   4(1) 6   Dec 2018   [Refereed]
Saito A, Ooki A, Nakamura T, Onodera S, Hayashi K, Hasegawa D, Okudaira T, Watanabe K, Kato H, Onda T, Watanabe A, Kosaki K, Nishimura K, Ohtaka M, Nakanishi M, Sakamoto T, Yamaguchi A, Sueishi K, Azuma T
Stem cell research & therapy   9(1) 12   Jan 2018   [Refereed]
恩田健志, 柴原孝彦
病理と臨床   36(4) 312‐317-317   Apr 2018   [Refereed][Invited]
Evaluation of Liquid Based Cytology for Tongue Squamous Cell Carcinoma: Comparison with Conventional Cytology.
Ryuta Osaka, Kamichika Hayashi, Takeshi Onda, Takahiko Shibahara, Kenichi Matsuzaka
The Bulletin of Tokyo Dental College   (in press)    2018   [Refereed]
Odors of Oral Cancer Cells: Potential Use in Oral Cancer Diagnosis.
Takeshi Onda, Kamichika Hayashi, Shoichi Sekikawa, Yukio Watabe, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara
Oral science in Japan   13-14   Dec 2017
Hasegawa D, Ochiai-Shino H, Onodera S, Nakamura T, Saito A, Onda T, Watanabe K, Nishimura K, Ohtaka M, Nakanishi M, Kosaki K, Yamaguchi A, Shibahara T, Azuma T
PloS one   12(10) e0186879   Oct 2017   [Refereed]
Onda T, Hayashi K, Shiraishi N, Takano N, Shibahara T
The Bulletin of Tokyo Dental College   59(3) 193-200   2018   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 柴野正康, 松本暢久, 成田真人, 柴原孝彦, 柴原孝彦
有病者歯科医療   26(5) 367‐372-372   Nov 2017   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 松本暢久, 藥師寺孝, 柴原孝彦, 柴原孝彦
老年歯科医学   32(1) 17‐22(J‐STAGE)-209   Sep 2017   [Refereed]
恩田健志, 林宰央, 渡部幸央, 大畠仁, 高野伸夫, 高木多加志, 柴原孝彦
歯科学報   116(6) 478‐484-484   Dec 2016   [Refereed]
Hayashi K, Onda T, Ohata H, Takano N, Shibahara T
The Bulletin of Tokyo Dental College   57(2) 91-96   2016   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
歯科学報   116(3) 212‐215-215   Jun 2016   [Refereed]
Watabe Yukio, Nomura Takeshi, Onda Takeshi, Yakushiji Takashi, Yamamoto Nobuharu, Ohata Hitoshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   28(1) 26-29   Jan 2016   [Refereed]
HAYASHI Kamichika, ONDA Takeshi, SHIBAHARA Takahiko
Journal of Japanese Society of Oral Medicine   22(1) 19-23   2016   [Refereed]
Four cases of oral squamous cell carcinoma which are considered to be related to dental implant
Onda Takeshi, Hayashi Kamichika, Matsumoto Nobuhiko, Sekikawa Shoichi, Watabe Yukio, Takaki Takashi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2015 103-104   Dec 2015
症例1は66歳女性で、下顎右6、7へのインプラント埋入から8年3ヵ月後に周囲歯肉に扁平上皮癌(細胞診診断class IV、T1N0M0)が発生した。外科的切除術を施行し、さらに術後6ヵ月に発見された頸部リンパ節転移に対して切除術を施行した。1年3ヵ月経過したが再発は見ていない。症例2は59歳男性で、インプラント埋入から7年6ヵ月後に、インプラントと接触する舌の左縁に扁平上皮癌(class V、T2N1M0)の発生を見た。外科的切除術を受けたが、術後6ヵ月で事故により死亡した。症例3は69歳...
A Clinical Study of Implant Migration Into the Maxillary Sinus
Hayashi Kamichika, Onda Takeshi, Ohata Hitoshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2015 83-84   Dec 2015
他院でインプラント埋入術を受けたものの、インプラント体が上顎洞に迷入したため、2002年4月〜2011年3月に当院で全身麻酔下にインプラント摘出術を施行した6例(男性5例、女性1例、平均60歳)について検討した。インプラントが迷入した時期は、1例はインプラント埋入術中であり、2例はローディング前の埋入術後1ヵ月以内であった。残りの3例はローディング後それぞれ7ヵ月、3年、10年で迷入が生じた。インプラントはいずれもシリンダー型であった。歯槽頂から上顎洞底までの平均距離は、埋入部位において最...
A Study of Tooth Extraction Under Continued Novel Oral Anticoagulant Therapy
Hayashi Kamichika, Onda Takeshi, Ohata Hitoshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2015 7-10   Dec 2015
新規経口抗凝固薬の投薬を中断せずに抜歯した症例について、その安全性とリスクについて検討した。非弁膜症性心房細動に対して経口抗凝固薬を服薬中であり、2012年11月〜2013年12月に当院で抜歯を行った10例を対象とした。このうち6例はプラザキサを、残りの4例はXareltoを服用していた。抜歯前に行った血液凝固検査におけるPT-INR検査の最大値は、Xarelto服用群中の1例で測定された2.54であり、この症例では血清クレアチニンも全症例中最も高値(1.50mg/dl)であった。APTT...
Aberrant expression of longevity-related gene Sirt1 in oral squamous cell carcinoma
Onda Takeshi, Hayashi Kamichika, Matsumoto Nobuhiko, Sekikawa Shoichi, Watabe Yukio, Takaki Takashi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2015 5-6   Dec 2015
口腔扁平上皮癌(OSCC)における長寿関連遺伝子Sirt1の発現様式をin vitroで検討した。OSCC由来の6種の培養細胞系(KON、OSC-20、HSC-3、HSC-4、SAS、Ca9-22)を実験群とし、表皮角化細胞由来のHaCaTを対照群として用いた。Sirt1 mRNA発現量を定量リアルタイムPCR法で、またSirt1蛋白質発現量を蛍光ウエスタンブロット法で計測した。Sirt1 mRNAの発現量は、対照群と比較して、実験群の6群のうち5群で減少していた。また、Sirt1蛋白質の...
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 右田雅士, 藥師寺孝, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会誌   27(3) 81-86   Sep 2015   [Refereed]
恩田健志, 林宰央, 逢坂竜太, 山田祥, 重野健一郎, 渡部幸央, 岩本昌士, 右田雅士, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
歯科学報   115(3) 219-226   Jun 2015   [Refereed]
恩田健志, 林宰央, 大金覚, 成田真人, 薬師寺孝, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高木多加志, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   115(2) 131-137   Apr 2015   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   115(1) 29-33   Feb 2015   [Refereed]
Onda T, Hayashi K, Takano N, Matsuzaka K, Shibahara T
The Bulletin of Tokyo Dental College   56(1) 49-55   2015   [Refereed]
Yamamoto Nobuharu, Onda Takeshi, Sugahara Keisuke, Nomura Takeshi, Shibahara Takahiko
JAPANESE DENTAL SCIENCE REVIEW   51(1) 25-33   Feb 2015   [Refereed]
Katakura Akira, Yamamoto Nobuharu, Sakuma Takumi, Sugahara Keisuke, Onda Takeshi, Noguchi Sunaki, Shibahara Takahiko
JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   27(1) 1-5   Jan 2015   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 藥師寺孝, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   29(3) 288-295   Dec 2014   [Refereed]
Development of Oral cancer navigation system by Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tokyo Dental College
Bessho Hiroki, Onda Takeshi, Yakushiji Takashi, Yamamoto Nobuharu, Nomura Takeshi, Sato Kazumichi, Saito Hirokazu, Yamauchi Tomohiro, Katakura Akira, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2014 99-100   Dec 2014
A case of epithelial-myoepithelial carcinoma arising in the hard palate
Onda Takeshi, Hayashi Kamichika, Funakoshi Ayako, Futoo Eiko, Ogane Satoru, Nomura Takeshi, Takaki Takashi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2014 73-74   Dec 2014
Clinical review and statistical analysis of oral squamous cell carcinoma
Ogane Satoru, Kawakami Mana, Onda Takeshi, Yakushiji Takashi, Yamamoto Nobuharu, Nomura Takeshi, Ohata Hitoshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2014 47-48   Dec 2014
Aberrant expression of OCIA domain containing 1(OCIAD1) in oral squamous cell carcinoma
Onda Takeshi, Hayashi Kamichika, Sekikawa Shoichi, Watabe Yukio, Ogane Satoru, Migita Masashi, Bessho Hiroki, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Oral Science in Japan   2014 27-30   Dec 2014
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 高野伸夫, 柴原孝彦
有病者歯科医療   23(3) 196-201   Oct 2014   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   114(3) 206-210   Jun 2014   [Refereed]
加藤宏, 恩田健志, 大金覚, 高野伸夫, 柴原孝彦
口腔顎顔面外傷   12(2) 123-128   May 2014   [Refereed]
恩田健志, 林宰央, 関根理予, 高野伸夫, 柴原孝彦
有病者歯科医療   23(1) 24-30   Apr 2014   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 野村武史, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   114(1) 54-59   Feb 2014   [Refereed]
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 薬師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   28(3) 284-288   Dec 2013   [Refereed]
Onda Takeshi, Hayashi Kamichika, Nomura Takeshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko, Katakura Akira
Journal of Japanese Society of Oral Oncology   25(3) 89-97   Sep 2013   [Refereed][Invited]
Although oral cancer is relatively rare in Japan among developed countries, incidence is increasing. Therefore, there is a pressing need to develop test methods for early detection of oral cancer and to establish medical checkup systems. This stud...
Cui N, Nomura T, Takano N, Wang E, Zhang W, Onda T, Shibahara T
Experimental and therapeutic medicine   1(5) 755-760   Sep 2010   [Refereed]
Takumi Sakuma, Nobuharu Yamamoto, Takeshi Onda, Keisuke Sugahara, Masae Yamamoto, Kyotaro Muramatsu, Akira Watanabe, Takashi Kamio, Junichiro Sakamoto, Tsukasa Sano, Kenichi Matsuzaka, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   25 129-133   Apr 2013   [Refereed]
Aneurysmal bone cysts, benign lesions of bone tissue, are composed of sinusoidal and vascular spaces filled with blood and surrounded by fibrous tissue septa. They are uncommon, occurring usually in the long bones and spine, and only very rarely i...
Kuroiwa T, Yamamoto N, Onda T, Shibahara T
Oncology reports   22(5) 1005-1011   Nov 2009   [Refereed]
Takeshi Onda, Nobuharu Yamamoto, Tsukasa Kuroiwa, Akira Katakura, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara
Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   22 187-192   Oct 2010   [Refereed]
Objective: The aim of this study was to identify differentially expressed gene(s) among lymph node-positive (pN+) cases and lymph node-negative (pN-) cases of tongue squamous cell carcinoma (TSCC). Patients and methods: We examined genetic aberrat...
Ogane S, Onda T, Takano N, Yajima T, Uchiyama T, Shibahara T
International journal of cancer   124(11) 2651-2657   Jun 2009   [Refereed]
Yanagi T, Mizoe JE, Hasegawa A, Takagi R, Bessho H, Onda T, Kamada T, Okamoto Y, Tsujii H
International journal of radiation oncology, biology, physics   74(1) 15-20   May 2009   [Refereed]
Mizoe JE, Hasegawa A, Takagi R, Bessho H, Onda T, Tsujii H
Skull base : official journal of North American Skull Base Society ... [et al.]   19(3) 219-224   May 2009   [Refereed]
片倉朗、作間巧、恩田健志、高木亮、神山勲、高野伸夫、柴原孝彦、村松敬、佐藤裕
頭頸部癌   34(4) 503-507   2008   [Refereed]
Mutation of the p16/CDKN2 gene and loss of heterozygosity in malignant mucosal melanoma and adenoid cystic carcinoma of the head and neck.
Suzuki N, Onda T, Yamamoto N, Katakura A, Mizoe JE, Shibahara T
International journal of oncology   31(5) 1061-1067   Nov 2007   [Refereed]
Onda T, Uzawa K, Nakashima D, Saito K, Iwadate Y, Seki N, Shibahara T, Tanzawa H
Cancer research   67(20) 9643-9648   Oct 2007   [Refereed]
KUROIWA Tsukasa, YAMAMOTO Nobuharu, ONDA Takeshi, BESSYO Hiroki, YAKUSHIJI Takashi, KATAKURA Akira, TAKANO Nobuo, SHIBAHARA Takahiko
Journal of Oral Surgery Society of Japan   54(5) 316-322   May 2008   [Refereed]
柳剛,恩田健志,別所央城,高木亮,長谷川安都佐,溝江純悦,花澤豊行,
日本放射線腫瘍学会雑誌   19 297-302   2007   [Refereed]
Aberrant expression of histone deacetylase 6 in oral squamous cell carcinoma.
Sakuma T, Uzawa K, Onda T, Shiiba M, Yokoe H, Shibahara T, Tanzawa H
International journal of oncology   29(1) 117-124   Jul 2006   [Refereed]
Down-regulation of 1D-myo-inositol 1,4,5-trisphosphate 3-kinase A protein expression in oral squamous cell carcinoma.
Kato H, Uzawa K, Onda T, Kato Y, Saito K, Nakashima D, Ogawara K, Bukawa H, Yokoe H, Tanzawa H
International journal of oncology   28(4) 873-881   Apr 2006   [Refereed]
Onda T, Uzawa K, Endo Y, Bukawa H, Yokoe H, Shibahara T, Tanzawa H
British journal of cancer   94(5) 698-709   Mar 2006   [Refereed]

Misc

 
小澤夏生, 林宰央, 本多佑名, 関川翔一, 恩田健志, 柴原孝彦
歯科学報   118(3) 247-247   Jun 2018
恩田健志, 神尾崇, 林宰央, 関川翔一, 山田祥, 川上真奈, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   30(Suppl.) 140-140   Jul 2018
林宰央, 恩田健志, 関川翔一, 川上真奈, 大金覚, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   30(Suppl.) 153-153   Jul 2018
高野伸夫, 齋藤寛一, 大金覚, 小坂井絢子, 林宰央, 川上真奈, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 石井悠佳里, 米津卓郎
月刊小児歯科臨床   23(1) 75‐77-77   Jan 2018
口腔癌細胞の臭気を利用した口腔がん診断の可能性
恩田 健志, 林 宰央, 松本 暢久, 関川 翔一, 柴原 孝彦
日本口腔診断学会雑誌   31(1) 119-120   Feb 2018
成田真人, 林宰央, 岩本昌士, 森川貴迪, 恩田健志, 藥師寺孝, 柴原孝彦
有病者歯科医療   26(6) 516-516   Dec 2017
口腔白板症組織および舌扁平上皮癌組織におけるPDE5タンパク質の発現異常
松本 暢久, 恩田 健志, 林 宰央, 関川 翔一, 柴原 孝彦
日本口腔診断学会雑誌   31(1) 118-118   Feb 2018
恩田健志, 松本暢久, 林宰央, 川上真奈, 成田真人, 柴原孝彦
有病者歯科医療   26(6) 576‐577-577   Dec 2017
林宰央, 恩田健志, 柴野正康, 大金覚, 大金覚, 小澤夏生, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
歯科学報   117(6) 473‐479-479   Dec 2017
線維筋痛症は、全身の広範な部位に慢性疼痛を認め、他覚所見や検査所見に特徴的な異常を示さない原因不明の疾患である。口腔顎顔面領域では顎関節症、口腔乾燥症、味覚障害、舌痛症をしばしば併発する。症例は56歳の女性で両側咬筋部痛を主訴に来院した。既往に線維筋痛症があった。全身の疼痛を認め、両側咬筋部、側頭筋部及び胸鎖乳突筋部の圧痛が著明であった。開閉口時に両側顎関節部に疼痛や雑音は無く、最大開口量は45mmであった。口腔内に異常はなかった。血液検査に異常所見は認めなかった。X線画像検査にて上顎左側...
大金覚, 齋藤寛一, 林宰央, 川上真奈, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 高野伸夫
月刊小児歯科臨床   22(12) 69‐71-71   Dec 2017
恩田健志, 林宰央, 松本暢久, 関川翔一, 柴原孝彦
日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   30th(2) 175-164   Dec 2017
松本暢久, 恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 柴原孝彦
日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   30th(2) 141-162   Dec 2017
角屋貴則, 左右, 林宰央, 柴野正康, 恩田健志, 成田真人, 大畠仁, 高木多加志, 柴原孝彦
小児口腔外科   27(2) 75-75   Oct 2017
高野伸夫, 齋藤寛一, 大金覚, 岩本昌士, 林宰央, 川上真奈, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 薬師寺孝, 渡邉千秋
月刊小児歯科臨床   22(11) 76‐79-79   Nov 2017
恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 松本暢久, 益田遼, 柴原孝彦
日本老年歯科医学会学術大会プログラム・抄録集   28th(2) 220-247   Sep 2017
高野伸夫, 齋藤寛一, 大金覚, 林宰央, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 澁井武夫, 薬師寺孝
月刊小児歯科臨床   22(9) 62‐64   Sep 2017
小児歯科医として知っておきたい顎顔面に症状を現す疾患(第13回) 顎骨の腫瘍性疾患 歯原性腫瘍 良性上皮間葉混合性歯原性腫瘍と良性間葉性歯原性腫瘍(セメント質骨形成線維腫)
高野 伸夫, 齋藤 寛一, 大金 覚, 林 宰央, 恩田 健志, 渡邊 章, 成田 真人, 澁井 武夫, 薬師寺 孝
小児歯科臨床   22(9) 62-64   Sep 2017
小児歯科医として知っておきたい顎顔面に症状を現す疾患(第12回) 顎骨の腫瘍性疾患 歯原性腫瘍 良性上皮性歯原性腫瘍(エナメル上皮腫)
高野 伸夫, 齋藤 寛一, 大金 覚, 林 宰央, 恩田 健志, 渡邊 章, 成田 真人, 澁井 武夫, 薬師寺 孝
小児歯科臨床   22(8) 63-65   Aug 2017
高野伸夫, 齋藤寛一, 大金覚, 林宰央, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 澁井武夫, 薬師寺孝
月刊小児歯科臨床   22(8) 63‐65   Aug 2017
林宰央, 恩田健志, 重野健一郎, 大金覚, 成田真人, 藥師寺孝, 藥師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   29(Suppl.) 116-116   Jul 2017
重野健一郎, 重野健一郎, 音成実佳, 大畠仁, 林宰央, 恩田健志, 柴原孝彦, 坂本春生
日本顎関節学会雑誌   29(Suppl.) 112-112   Jul 2017
高野伸夫, 高野伸夫, 林宰央, 齋藤寛一, 大金覚, 大金覚, 恩田健志, 成田真人
月刊小児歯科臨床   22(7) 73‐75-75   Jul 2017
松本暢久, 林宰央, 恩田健志, 関川翔一, 益田遼, 小澤夏生, 白石尚基, 柴原孝彦
日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   71st(2) 231-147   Jul 2017
鎖骨頭蓋骨異形成症特異的iPS細胞由来の骨芽細胞における細胞核形態異常
齋藤 暁子, 大木 章生, 澤田 隆, 中村 貴, 小野寺 晶子, 長谷川 大悟, 小崎 健次郎, 恩田 健志, 渡邊 章, 柴原 孝彦, 末石 研二, 東 俊文
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35回 181-181   Jul 2017
齋藤暁子, 大木章生, 澤田隆, 中村貴, 小野寺晶子, 長谷川大悟, 小崎健次郎, 恩田健志, 渡邊章, 柴原孝彦, 末石研二, 東俊文
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35th 181-181   Jul 2017
神尾崇, 松本暢久, 林宰央, 恩田健志, 薬師寺孝, 高木多加志, 柴原孝彦, 澁井武夫
日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   71st(2) 265-172   Jul 2017
林宰央, 恩田健志, 関川翔一, 松本暢久, 大金覚, 小澤夏生, 神尾崇, 薬師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   71st(2) 267-174   Jul 2017
高野伸夫, 齋藤寛一, 大金覚, 林宰央, 恩田健志, 渡邊章, 成田真人, 澁井武夫, 薬師寺孝
月刊小児歯科臨床   22(6) 59‐61-61   Jun 2017
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 小澤夏生, 藥師寺孝, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本老年歯科医学会学術大会プログラム・抄録集   28th 193-193   Jun 2017
舌扁平上皮癌組織における長寿遺伝子Sirt1の発現異常
恩田 健志, 林 宰央, 関川 翔一, 松本 暢久, 益田 遼, 柴原 孝彦
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28回 220-220   Jun 2017
林 宰央, 恩田 健志, 松本 暢久, 藥師寺 孝, 柴原 孝彦
老年歯科医学   32(1) 17-22   Jun 2017
オーラルジスキネジア(oral dyskinesia:OD)は口腔顎顔面領域に出現する反復性、常同性に速くて短い不随意運動である。特発性OD、薬物性ODと錐体外路系疾患の部分症状に大別される。症例は82歳女性。既往歴は脳梗塞、高血圧症、慢性胃炎、骨粗鬆症、不眠症であった。現病歴は、2014年5月に右舌縁部に口内炎を自覚し、紹介医にてステロイド軟膏が処方されていた。同年11月に当科を紹介・受診した。右舌縁部に、周囲に軽度隆起を伴う境界明瞭な長径15mm大の類円形の潰瘍を認め、硬結と出血傾向は...
渡部幸央, 渡部幸央, 鬼谷薫, 松本暢久, 林宰央, 森川貴迪, 恩田健志, 薬師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔外科学会雑誌   63(4) 185‐192-192   Apr 2017
口腔扁平上皮癌の診断で根治的手術を行った94例(男性56名、女性38名、平均62.80±13.74歳)を対象とした。死亡例は9例(9.57%)で5年生存率は89.9%であった。術前末梢血リンパ球数の平均値は1924.36±632.23、術前末梢血単球数の平均値は380.68±148.47、術前LMRの平均値は5.47±1.82であった。術前LMRの至適カットオフ値は2.70(感度98.8%、特異度33.3%)で、カットオフ値より高値を術前LMR高値群90例、カットオフ値以下を術前LMR低値...
松本暢久, 林宰央, 恩田健志, 大畠仁, 柴原孝彦
日本口腔診断学会雑誌   30(1) 140-140   Feb 2017
高野伸夫, 高野伸夫, 薬師寺孝, 成田真人, 渡邊章, 恩田健志, 大金覚, 大金覚, 林宰央
月刊小児歯科臨床   22(2) 80‐82-82   Feb 2017
癌化学療法の副作用として発現する口内炎に有効な含嗽剤
松本 暢久, 林 宰央, 恩田 健志, 大畠 仁, 柴原 孝彦
日本口腔内科学会雑誌   22(2) 156-156   Dec 2016
川口太郎, 法月良江, 恩田健志, 大金覚, 古谷義隆, 伊藤太一, 柴原孝彦, 矢島安朝
Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   15(3) 170-170   Nov 2016
認知症により術後管理に苦慮した口腔癌患者の一例
金川 結紀子, 林 宰央, 渡部 幸央, 恩田 健志, 柴原 孝彦
有病者歯科医療   25(5) 421-421   Dec 2016
白石尚基, 恩田健志, 林宰央, 松本暢久, 関川翔一, 渡部幸央, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
歯科学報   116(5) 394-394   Oct 2016
認知症により術後管理に苦慮した口腔癌患者の一例
金川 結紀子, 林 宰央, 渡部 幸央, 恩田 健志, 柴原 孝彦
有病者歯科医療   25(5) 421-421   Dec 2016
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 白石尚基, 大畠仁, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
歯科学報   116(4) 296‐301-301   Aug 2016
ガマ腫は,一般に舌下腺からの唾液漏出に伴う嚢胞である。舌下型ガマ腫の場合には,開窓療法や舌下腺を含めた嚢胞摘出術が一般的な治療方法として確立されているが,舌下顎下型ガマ腫や顎下型ガマ腫は稀な疾患でもあり,今日に至るまで十分なコンセンサスを得た治療方法は確立されていない。症例は,7歳の男児。右側口底部の腫脹を主訴に当科を受診した。MR 画像検査を施行し,右側口底部から右側顎下部にかけてT1強調画像で低信号, T2強調画像にて境界明瞭,辺縁整,内部均一な高信号な病変を認めた。穿刺吸引にてアミラ...
松本暢久, 恩田健志, 林宰央, 重野健一郎, 川上真奈, 大畠仁, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   28(Suppl.) 128-128   Jul 2016
齋藤暁子, 大木章生, 中村貴, 小野寺晶子, 篠宏美, 長谷川大悟, 小崎健次郎, 恩田健志, 渡邊章, 柴原孝彦, 末石研二, 東俊文
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34th 225-225   Jul 2016
恩田健志, 白石尚基, 林宰央, 関川翔一, 松本暢久, 渡部幸央, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   70th(2) 260-197   Jul 2016
林 宰央, 恩田 健志, 大金 覚, 白石 尚基, 大畠 仁, 髙野 伸夫, 柴原 孝彦
歯科学報 = The journal of the Tokyo Dental College Society   116(4) 296-301   Aug 2016
恩田健志
日本老年歯科医学会学術大会プログラム・抄録集   27th 244-244   Jun 2016
林宰央, 恩田健志, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔内科学会雑誌(Web)   22(1) 19‐23(J‐STAGE)-23   Jun 2016
リンパ上皮性嚢胞は一般に側頸嚢胞や鰓嚢胞とも呼ばれ、多くは側頸部にみられる嚢胞上皮直下にリンパ濾胞の形成を病理組織学的特徴とする疾患ある。口腔内に発生する事はまれであり、その好発部位は口底部や舌下部である。今回われわれは局所麻酔下に摘除生検を施行し、病理組織学的に口腔内に発生したリンパ上皮性嚢胞と診断した2例を経験したので報告する。(著者抄録)
恩田健志, 林宰央, 丸茂知子, 高野伸夫, 柴原孝彦
有病者歯科医療   24(4) 311-311   Dec 2015
藥師寺孝, 有泉高晴, 太田亮輔, 船越彩子, 渡部幸央, 森川貴迪, 齋藤寛一, 齋藤寛一, 岩本昌士, 右田雅士, 大金覚, 恩田健志, 柴原孝彦, 高野伸夫, 橋本和彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th 238   2016
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
有病者歯科医療   24(4) 316-316   Dec 2015
関川翔一, 恩田健志, 林宰央, 渡部幸央, 野村武史, 野村武史, 高野伸夫, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th 193   2016
上唇に発生した嚢胞腺腫の1例
松本 暢久, 恩田 健志, 林 宰央, 大畠 仁, 高木 多加志, 柴原 孝彦
日本口腔内科学会雑誌   21(2) 70-71   Dec 2015
恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 松本暢久, 渡部幸央, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th 242   2016
口腔病変の悪性化を捉える オミックス解析から探る口腔粘膜の癌化メカニズム
恩田 健志
日本口腔内科学会雑誌   21(2) 67-67   Dec 2015
有泉高晴, 高田満, 藤本侑子, 村山雅人, 恩田健志, 佐々木研一, 佐々木研一, 柴原孝彦
Jpn J Maxillo Facial Implant   14(3) 259-259   Nov 2015
渡邊豪士, 翁長欣子, 鬼谷薫, 金川結紀子, 小杉彩歌, 小坂井絢子, 左右, 松本暢久, 有泉高晴, 山田祥, 右田雅士, 恩田健志, 成田真人, 藥師寺孝, 大畠仁, 高木多加志, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   115(5) 479-479   Oct 2015
恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 渡部幸央, 薬師寺孝, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
老年歯科医学   30(2) 247-248   Sep 2015
重野健一郎, 大畠仁, 山田祥, 右田雅士, 恩田健志, 柴原孝彦
日本口腔科学会雑誌   64(2) 160(J‐STAGE)-160   Jul 2015
恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 重野健一郎, 渡部幸央, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔科学会雑誌   64(2) 186(J‐STAGE)-186   Jul 2015
関川翔一, 恩田健志, 林宰央, 渡部幸央, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦, 柴原孝彦
日本口腔科学会雑誌   64(2) 194(J‐STAGE)-194   Jul 2015
重野健一郎, 佐々木秀憲, 音成(山本)実佳, 大畠仁, 山田祥, 右田雅士, 恩田健志, 和光衛, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   27(Suppl.) 131-131   Jul 2015
口腔扁平上皮癌細胞における長寿遺伝子Sirt1の機能解析
恩田 健志, 林 宰央, 関川 翔一, 渡部 幸央, 薬師寺 孝, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   26回 221-221   May 2015
林 宰央, 恩田 健志, 大金 覚, 須賀 賢一郎, 大畠 仁, 髙野 伸夫, 柴原 孝彦
歯科学報   115(1) 29-33   Feb 2015
林宰央, 恩田健志, 志賀勇昭, 長谷川大悟, 高田満, 大金覚, 藥師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 268   2015
大金覚, 柴野正康, 大竹祐輔, 林宰央, 恩田健志, 藥師寺孝, 大畠仁, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 302   2015
恩田健志, 林宰央, 関川翔一, 渡邉美貴, 齋藤寛一, 渡部幸央, 大金覚, 別所央城, 藥師寺孝, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 303   2015
渡邉美貴, 藥師寺孝, 恩田健志, 山本雅絵, 大金覚, 橋本和彦, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 315   2015
渡部幸央, 野村武史, 恩田健志, 藥師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 305   2015
林宰央, 恩田健志, 右田雅士, 藥師寺孝, 須賀賢一郎, 大畠仁, 柴原孝彦
有病者歯科医療   23(4) 371-371   Dec 2014
齋藤寛一, 別所央城, 丸茂知子, 渡部幸央, 森川貴迪, 菅原圭亮, 恩田健志, 藥師寺孝, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 278   2015
恩田健志, 林宰央, 関根理予, 高野伸夫, 柴原孝彦, 神尾崇
有病者歯科医療   23(4) 367-368   Dec 2014
藥師寺孝, 林宰央, 渡部幸央, 大金覚, 恩田健志, 柴原孝彦, 橋本和彦, 江口淳
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd 302   2015
恩田健志, 林宰央, 太尾英子, 関川翔一, 大金覚, 野村武史, 高木多加志, 高野伸夫, 柴原孝彦
Jpn J Maxillo Facial Implant   13(3) 190-190   Nov 2014
Hayashi Kamichika, Onda Takeshi, Ogane Satoru, Yakusiji Takashi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Ronen Shika Igaku   29(3) 288-295   2015
抗 IL-6 受容体抗体のトシリズマブは関節リウマチ(RA)に対し高い寛解度を示すが,重症感染症を惹起するとされ,炎症の臨床症状や検査所見をマスキングすることも指摘されている。今回われわれは,トシリズマブ使用中に発症した下顎骨骨髄炎の 1 例を経験したので報告する。 患者は 82 歳,女性。主訴は開口障害。既往歴に 1970 年頃より RA があり,2009 年 9 月よりトシリズマブ(8 mg/kg/4 週)を開始していた。2012 年 6 月に右側頰部腫脹が著明に増大したため,精査加療...
有泉高晴, 関川翔一, 山田祥, 太田亮輔, 大竹祐輔, 花房秀行, 船越彩子, 渡邉美貴, 岩本昌士, 大金覚, 右田雅士, 山本雅絵, 恩田健志, 別所央城, 成田真人, 薬師寺孝, 野村武史, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高木多加志, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   114(5) 518-518   Oct 2014
歯科病巣感染が誘因と考えられた肉芽腫性口唇炎の1例
林 宰央, 恩田 健志, 大金 覚, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
有病者歯科医療   23(3) 196-201   Oct 2014
肉芽腫性口唇炎は口唇のび漫性の腫脹を主症状とし、いまだ原因は不明である。今回われわれは、肉芽腫性口唇炎の1例を経験したのでその概要を報告する。症例は45歳の男性。現病歴は2012年2月に右側下唇の腫脹をはじめに自覚した。その後、皮膚科で加療を行うも改善せず徐々に腫脹は増大した。2012年4月に皮膚科で、下唇より組織生検を施行した。生検結果は粘膜下組織の血管周囲に炎症性細胞浸潤と類上皮細胞を認め、肉芽腫性口唇炎として矛盾しないとの診断を得た。その後、皮膚科での加療継続するも変化がないため、精...
恩田健志, 林宰央, 薬師寺孝, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   29(2) 149-150   Sep 2014
林宰央, 恩田健志, 別所央城, 薬師寺孝, 神尾崇, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   29(2) 216-216   Sep 2014
林宰央, 恩田健志, 長谷川大悟, 加藤宏, 篠宏美, 横山暁子, 小野寺昌子, 須賀賢一郎, 大畠仁, 柴原孝彦, 東俊文
日本顎関節学会雑誌   26(Suppl.) 109-109   Jul 2014
恩田健志, 林宰央, 重野健一郎, 加藤宏, 右田雅士, 大畠仁, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   26(Suppl.) 118-118   Jul 2014
重野健一郎, 佐々木秀憲, 音成(山本)実佳, 右田雅士, 恩田健志, 西川慶一, 大畠仁, 和光衛, 柴原孝彦
日本顎関節学会雑誌   26(Suppl.) 121-121   Jul 2014
渡邉美貴, 折戸聡, 太田亮輔, 大竹祐輔, 船越彩子, 花房秀行, 岩本昌士, 右田雅士, 恩田健志, 成田真人, 藥師寺孝, 須賀賢一郎, 大畠仁, 高木多加志, 高野伸夫, 柴原孝彦
歯科学報   114(3) 290-290   Jun 2014
トシリズマブ使用中に発症した下顎骨骨髄炎の1例
林 宰央, 恩田 健志, 藥師寺 孝, 須賀 賢一郎, 大畠 仁, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   25回 197-197   Jun 2014
口腔扁平上皮癌における長寿遺伝子Sirt1の発現異常
恩田 健志, 林 宰央, 薬師寺 孝, 須賀 賢一郎, 大畠 仁, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   25回 151-151   Jun 2014
船越彩子, 太尾英子, 村松恭太郎, 大金覚, 恩田健志, 野村武史, 柴原孝彦, 高野伸夫, 橋本貞充, 井上健児, 橋本和彦, 井上孝
日本口腔科学会雑誌   63(2) 237-237   Mar 2014
林 宰央, 恩田 健志, 須賀 賢一郎, 大畠 仁, 髙野 伸夫, 柴原 孝彦
歯科学報   114(3) 206-210   Jun 2014
歯性病巣感染が誘因と考えられた肉芽腫性口唇炎の1例
林 宰央, 恩田 健志, 大金 覚, 右田 雅士, 薬師寺 孝, 大畠 仁, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
日本口腔診断学会雑誌   27(1) 129-129   Feb 2014
蛍光診断機器VELscopeを用いた口腔癌早期診断の可能性について
野村 武史, 渡部 幸男, 森川 貴迪, 大金 覚, 恩田 健志, 別所 央城, 山本 信治, 高野 伸夫, 柴原 孝彦
日本口腔診断学会雑誌   27(1) 123-123   Feb 2014
別所央城, 片倉朗, 田中陽一, 野村武史, 山内智博, 佐藤一道, 山本信治, 藥師寺孝, 恩田健志, 大金覚, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔科学会雑誌   63(1) 146-146   Jan 2014
Hayashi Kamichika, Onda Takeshi, Ogane Satoru, Yakushiji Takashi, Ohata Hitoshi, Takano Nobuo, Shibahara Takahiko
Ronen Shika Igaku   28(3) 284-288   2014
意識下および静脈内鎮静下での整復が困難であり,全身麻酔下に筋弛緩剤を併用して整復した高齢者の陳旧性顎関節前方脱臼の1例を経験したので,その概要を報告する。 症例:83歳,女性。主訴:閉口不能。現病歴:2011年5月下旬より同年7月初旬まで肺炎のため某病院に入院。入院加療時の気管挿管の際に両側顎関節脱臼をきたしたと思われる。退院時8 kg の体重減少があり,使用中の義歯不適合の影響と説明され,近歯科医院を受診した。そこで顎関節脱臼を指摘され同年8月末に当院紹介初診となった。意識下および静脈内...
重野賢一郎, 村松恭太郎, 関根理予, 川上真奈, 吉野正裕, 大金覚, 恩田健志, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
有病者歯科医療   22(3) 289-289   Dec 2013
別所央城, 片倉朗, 田中陽一, 野村武史, 山内智博, 佐藤一道, 山本信治, 藥師寺孝, 恩田健志, 大金覚, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   32nd 263   2014
長谷川大悟, 恩田健志, 大金覚, 村松恭太郎, 林宰央, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
有病者歯科医療   22(3) 324-325   Dec 2013
恩田健志, 林宰央, 長谷川大吾, 渡部幸央, 大金覚, 別所央城, 薬師寺孝, 山本信治, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   32nd 319   2014
野村武史, 渡部幸男, 森川貴迪, 大金覚, 恩田健志, 別所央城, 山本信治, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   26th(2) 169-122   Dec 2013
林宰央, 恩田健志, 薬師寺孝, 野村武史, 須賀賢一郎, 大畠仁, 柴原孝彦
日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   32nd 281   2014
林宰央, 恩田健志, 大金覚, 右田雅士, 薬師寺孝, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   26th(2) 184-128   Dec 2013
林宰央, 恩田健志, 長谷川大悟, 加藤宏, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦, 東俊文
Jpn J Maxillo Facial Implant   12(3) 189-189   Nov 2013
林宰央, 藥師寺孝, 大金覚, 恩田健志, 大畠仁, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   28(2) 146-147   Sep 2013
恩田健志, 林宰央, 大金覚, 薬師寺孝, 高野伸夫, 柴原孝彦
老年歯科医学   28(2) 145-146   Sep 2013
森川貴迪, 太尾英子, 岩本昌士, 大金覚, 別所央城, 恩田健志, 野村武史, 高野伸夫, 柴原孝彦
日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   51st(3) ROMBUNNO.O6-3-927   Sep 2013