山中 玲子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:39
 
アバター
研究者氏名
山中 玲子
 
ヤマナカ レイコ
eメール
yamanakahosei.ac.jp
所属
法政大学
部署
野上記念法政大学能楽研究所
職名
教授
学位
博士(文学)(東京大学), 文学修士(東京大学)
科研費研究者番号
60240058

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1998年3月
法政大学能楽研究所 兼任所員
 
1987年4月
 - 
1993年3月
法政大学第一教養部 兼任講師
 
1989年4月
 - 
1991年2月
フェリス女学院大学文学部国文学科 非常勤講師
 
1990年4月
 - 
1991年2月
女子栄養短期大学 非常勤講師
 
1991年3月
 - 
1993年3月
東京大学留学生センター 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京大学 文学部 国文学科
 
 
 - 
1986年
東京大学 人文科学研究科 国語国文学
 

委員歴

 
2015年5月
   
 
中世文学会  常任委員
 
2002年5月
   
 
能楽学会  常任委員
 

論文

 
源氏物語と能楽研究
山中玲子
能と狂言   (15) 36-46   2017年7月   [招待有り]
『御世話筋秘曲』の解読と復元の記録
山中玲子
能楽研究   (41) 91-112   2017年3月
能の「習事」と番組上の小字注記―「小書」という語の意味するところ―
山中玲子
能楽研究   (40) 135-160   2016年3月
能〈通小町〉遡源
山中玲子
国語と国文学   93(3) 3-16   2016年3月   [招待有り]
〈檀風〉「孝養」の習事―死者を悼む演技をめぐって巻号  3月
『文学』   16(2) 181-189   2015年3月

Misc

 
〈通盛〉前場のシテ・ツレ登場段をめぐって
山中玲子
能楽研究   (42) 95-103   2018年3月
〈二人静〉―音阿弥の演出・元章の解釈
山中玲子
観世   85(3) 28-35   2018年3月   [依頼有り]
能〈江口〉の描くもの
『観世』   81(12) 24-31   2014年11月
世阿弥の「風情」 
『世阿弥の世界』(京都観世会編)   18-20   2014年10月
鴻山文庫・般若窟文庫蔵能型付一覧および収録曲仮索引
深澤希望
能楽研究   (35)    2011年3月

書籍等出版物

 
新時代への源氏学10メディア・文化の階級闘争
立石和広・前田雅之・山中玲子ほか8名。 (担当:共著, 範囲:源氏物語と能―年譜と解題― )
竹林舎   2017年4月   ISBN:978-4-902084-40-5
間とあいだ
Augstin Berque, Fujita Masakatsu, Fancois Lachaud, Suzuki Akira, Yamanaka Reiko and others (担当:共著)
Editions Philippe Picquier   2016年11月   
Expressions of the Invisivle: a comparative study of noh and other theatrical traditions
Michael Watson, Ashley Thorpe, Cecilia Macfarlane, Sarah Whatley (担当:編者)
The Nogami Memorial Noh Theatre Research Institutte of Hosei University   2015年3月   
『観世元章の世界』 
松岡心平・宮本圭造・横山太郎・高橋悠介・高桑いづみ他
檜書店   2014年6月   
鴻山文庫蔵能楽資料解題 下
2014年3月   

講演・口頭発表等

 
How is a Noh professional trained?
the 15th International Conference of the European Association for Japanese Studies   2017年8月31日   
能―動く文学の研究
EAJS大会古典文学セクション   2014年8月28日   
能〈西行桜〉〈山姥〉における人と自然の交歓
Rethinking Nature in Contemporary Japan: from tradition to modernity   2014年3月18日   University Ca’ Foscari of Venice
所作と所作をつなぐ意識―能楽と「間」
『間(ま)』と『間(あいだ)』―日本文化・思想の可能性   2014年3月13日   ストラスブール大学・アルザス欧州日本学研究所共催
Zeami’s Acting Techniques
世阿弥生誕 650 年記念・世阿弥国際研究会   2013年11月28日   東洋大学、CEEJA、ストラスブール大学

競争的資金等の研究課題

 
能楽及び能楽研究の国際的定位と新たな参照標準確立のための基盤研究
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月