寺岡 徹

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
寺岡 徹
 
テラオカ トオル
URL
http://www.tuat.ac.jp/~plantp/labjtop.html
所属
東京農工大学
部署
農学研究院 生物制御科学部門 農学研究院 生物制御科学部門
職名
教授
学位
博士(農学)(東京農工大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1983年
:三菱化成工業株式会社 入社、総合研究所生化研究所 研究員
 
1982年
 - 
1983年
:東京農工大学 農学部に受託研究生として赴任
 
1983年
   
 
-:東京農工大学 助手 採用(農学部)
 
1986年
   
 
-:理化学研究所 嘱託研究員(無給) 併任
 
1993年
   
 
-:東京農工大学 助教授 農学部 昇任
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東京農工大学大学院 農学研究科 植物防疫学専攻
 
 
 - 
1975年
東京農工大学 農学部 植物防疫学科
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本植物病理学会  評議員、会計監査
 
1993年
   
 
日本農薬学会  評議員
 

受賞

 
1994年
日本農薬学会 学会賞(業績賞) (望月喜多司記念賞)
 
2007年
日本植物病理学会 学会賞
 
2008年
日本土壌微生物学会 平成20年度大会・最優秀ポスター賞
 

Misc

 
S. Watanabe, K. Kumakura, N. Izawa, K. Nagayama, T. Mitachi, M. Kanamori, T. Teraoka and T. Arie
J. Pestic. Sci.   32(3) 222-228   2007年
M. Izawa, O. Takekawa, T. Arie, T. Teraoka M. Yoshida, M. Kimura, T. Kamakura
J. Gen. Appl. Microbiol.   55(6) 489-498   2009年
Y. Kono, J. Uzawa, K. Kobayashi, Y. Suzuki, M. Uramoto, A. Sakurai, M. Watanabe, T. Teraoka, D. Hosokawa, M. Watanabe and H. Kondo
Agric. Biol. Chem.   55(3) 803-811   1991年
M. Watanabe, Y. Kono, M. Watanabe, J. Uzawa, T. Teraoka, D. Hosokawa, Y. Suzuki, A. Sakurai, and M. Teraguchi
Biosci. Biotech. Biochem.   56(1) 113-117   1992年
中島哲男、寺岡徹、重松太一郎、春日井啓之
日本農薬学会誌   8(4) 499-503   1983年

書籍等出版物

 
子のう菌の交配型遺伝子と病原性進化に関する考察
2001年   
いもち病菌の付着器形成・誘導に関わる遺伝子
2001年   
植物感染生理談話会と21世紀の病害防除技術開発の課題と展望
2003年   
Toxicity of Syringomycins and its Pathological Significance
2002年   
イネいもち病菌の遺伝子解析
1992年   

講演・口頭発表等

 
イネいもち病菌の寄生戦略と植物の応答
植物感染整理談話会   2006年   
Novel genes, FMI1, FMI2 and MGH61A, strongly expressed at early infection stage of the rice blast fungus – Have the gene products the potentiality to be new target sites of fungicides? –
11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry   2006年   
イネいもち病菌プロトプラストへのレクチンの結合
1983年   
イネいもち病菌プロトプラストとイネプロトプラストの細胞相互反応
1984年   
イネレクチンの精製単離とその生物活性について
1984年   

Works

 
アニス社生産方式における生物保護機構解明
2008年1月 - 2009年3月
オリサストロビン処理によるイネもち病防除のメカニズム
芸術活動   2005年7月 - 2006年3月

競争的資金等の研究課題

 
新規イネレクチンの特性と宿主・寄生者相互作用における役割
イネいもち病菌遺伝子のクローニングと遺伝解析