由本 陽子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
由本 陽子
 
ユモト ヨウコ
所属
大阪大学
部署
言語文化研究科 言語文化専攻
職名
教授
学位
文学修士(大阪大学), 文学博士, 文学博士(大阪大学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
- 新村出記念財団・評議員
 

学歴

 
 
 - 
1987年
大阪大学 文学研究科 英語学
 
 
 - 
2004年
大阪大学 文学研究科 英文学専攻
 
 
 - 
1980年
神戸女学院大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
1997年
 - 
2000年
日本英語学会  大会準備委員 編集委員
 
2001年
 - 
2007年
日本英文学会  編集委員
 
2000年
   
 
関西言語学会  運営委員
 

受賞

 
2005年
新村出賞
 

論文

 
Yoko YUMOTO
Lingua      2010年9月   [査読有り][招待有り]
Special Issue
「語彙意味論の新展開」
由本陽子
『日本語学』臨時増刊号「言語研究の新たな展開」      2011年11月   [招待有り]
語形成のモジュール性と意味解釈―「V+そこなう」と「V+落とす」における否定の意味解釈について
由本陽子
Kansai Linguistic Society      2004年6月   [査読有り]
「V+かえる」と「V+直す」の意味と統語
由本陽子
日本語文法   5(2) 110-127   2005年9月
『項との結合による複雑述語形成―その制約とメカニズムについて―』「「名詞+動詞」型の複合語形成と意味構造における項の語彙的束縛」
由本陽子
日本言語学会第142回大会予稿集      2011年6月   [査読有り]

Misc

 
A Consideration on Thematic Relations:Semantic Interpretation of English Causatives.
Kansai Linguistic Society   4:104-111    1984年
A Consideration on V+kaeru and (V)N-o +kaeru
言語文化共同研究プロジェクト2005 自然言語への理論的アプローチー統語編ー   55-63    2006年
A Modular Approach to the Semantic Interpretation of Syntactic V-V Compounds
Journal of Japanese Linguistics   17 Special Issue:125-150    2001年
A Modular Approach to the Semantrc Interpretatton of syntactic V-V Compounds
Journal of Japanese Linguistics   17    2001年
A Note on Compound Adjectives in Japanese
大阪大学言語文化研究科      2005年

書籍等出版物

 
『複合動詞・派生動詞の意味と統語ーモジュール形態論から見た日英語の動詞形成ー』
由本陽子
ひつじ書房   2005年7月   
『語形成と概念構造』
由本陽子・影山太郎 (担当:共著)
研究社出版   1997年9月   
『レキシコンに潜む文法とダイナミズム』
由本陽子
開拓社   2011年10月   ISBN:978-4-7589-2528-0
『語彙の意味と文法』
由本陽子・岸本秀樹(編) (担当:共著)
くろしお出版   2009年2月   
『語彙意味論の新たな可能性を探って』
由本陽子・小野尚之 (担当:共著)
開拓社   2015年11月   ISBN:9784758922210

Works

 
形態・意味・統語を包括する統合的語彙理論の構築
2004年
日英語の名づけのメカニズム:可能な語に関する制約の普遍性と言語間、範疇間の差異
2004年

競争的資金等の研究課題

 
日本語の「動詞+動詞」の複合と英語の「接頭辞+動詞」の派生について
特質構造を含んだ語彙意味表示を用いた語形成分析
動詞の多義性と同義性についての概念意味論的アプローチ
メンタルレキシコンにおける脳科学と理論言語学の接点