見尾 光庸

J-GLOBALへ         更新日: 13/02/28 11:58
 
アバター
研究者氏名
見尾 光庸
 
ミオ ミツノブ
URL
http://www.shujitsu.ac.jp/pharm/faculty/labs/pharmanal/phamanal.html
所属
就実大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
薬学博士(大阪大学), 薬学修士(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1986年
 岡山大学薬学部研究生
 
1986年
 - 
1994年
 岡山大学薬学部助手
 
1994年
 - 
2001年
 岡山大学薬学部助教授
 
1994年
 - 
1995年
 ロンドン大学University College LOndon
 
 
   
 
 薬理学教室客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1983年
岡山大学 薬学研究科 薬学専攻
 
 
 - 
1981年
岡山大学 薬学部 製薬化学科
 
 
 - 
1978年
岡山大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 
1989年
 - 
2001年
日本アレルギー学会  評議員
 
2007年
   
 
日本ヒスタミン学会  幹事
 

受賞

 
1989年
上原記念生命科学財団研究奨励金研究助成
 
1994年
チバ-ガイギ-科学振興財団日欧研究者交流助成
 

Misc

 
Biochemical and Biophysical Research Communications   120,989-995    1984年
Intracellular calcium release induced by histamine releasers and its inhibition by some antiallergic drugs. (共著)
Annals of the Allergy   56,464-469    1986年
Inhibitory effects of oxatomide on intracellular Ca mobilization, Ca uptake and histamine release, using rat peritoneal mast cells. (共著)
International Archives of Allergy and applied Immunology   83,348-353    1987年
Histamine-induced production of interleukin-lαfrom murine bone marrow stromal cells and its inhibition by H2blockers. (共著)
Molecular Pharmacology   43,365-371    1993年

書籍等出版物

 
Antigen-antibody reaction on the black lipid membrane and histamine release from antigen-coated liposome in immune response. (共著)
Pergamon Press   1982年   
The role of microfilaments in the degranulation and histamine release from mast cells. (共著)
Elsevier   1989年   
Regulatory mechanism of eosinophil peroxidase release from guinea pig eosinophils.
'Histamine Research in the New Millennium', (Eds. Watanabe T., Timmerman H. and Yanai K.) , Elsevier, Amsterdam   2001年   
Effects of ultraviolet light (UV) on histamine release from rat peritoneal mast cells.
'Histamine Research in the New Millennium', (Eds. Watanabe T., Timmerman H. and Yanai K.), Elsevier, Amsterdam,   2001年   
気道アレルギーに関する実験法.(共著)
「生物薬科学実験講座14臓器機能測定法1」(編集:岡部 進)出版社:廣川書店   1992年   

Works

 
肥満細胞のイオンチャネルの性質に関する研究
1994年 - 1995年

競争的資金等の研究課題

 
肥満細胞からのヒスタミン遊離機序の解明
研究期間: 1980年   
ヒスタミンによる骨髄細胞分化機構の研究
研究期間: 1985年   
肥満細胞に対する紫外線の作用に関する研究
研究期間: 1996年   
肥満細胞からのヒスタミン遊離機序の解明
国際共同研究
研究期間: 1980年   
好酸球の活性化調節機構に関する研究
研究期間: 1998年