赤松 徹眞

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/26 02:51
 
アバター
研究者氏名
赤松 徹眞
 
アカマツ テツシン
所属
龍谷大学
部署
文学部 歴史学科 仏教史学専攻
職名
教授
学位
文学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
1987年
 - 
1989年
仏教史学会  委員長
 
1984年
   
 
龍谷大学史学会  評議員
 
1987年
 - 
1989年
仏教史学会  委員長
 

論文

 
近代日本における蓮如讃抑の歴史的性格-「400・450回法要」を中心に-
佐藤三千雄先生古稀記念論集『信と知』 永田文昌堂      1994年
本願寺教団における「報国信仰運動」の展開
仏教史研究   (32)    1995年
本願寺教団における「戦時報国体制」の確立
戦時教学と真宗 第3巻 永田文昌堂      1995年
総力戦下の仏教教団と政治-西本願寺教団の場合-
佛教大学総合研究所紀要   (3)    1996年
総力戦下の真宗の「神祇」・「国体」観の位相
龍谷史壇   (106)    1996年

Misc

 
近代日本における蓮如讃抑の歴史的性格-「400・450回法要」を中心に-
佐藤三千雄先生古稀記念論集『信と知』 永田文昌堂      1994年
本願寺教団における「報国信仰運動」の展開
仏教史研究   (32)    1995年
本願寺教団における「戦時報国体制」の確立
戦時教学と真宗 第3巻 永田文昌堂      1995年
総力戦下の仏教教団と政治-西本願寺教団の場合-
佛教大学総合研究所紀要   (3)    1996年
総力戦下の真宗の「神祇」・「国体」観の位相
龍谷史壇   (106)    1996年

書籍等出版物

 
近代日本思想史における精神主義の位相-清沢満之の信仰とその陥穽-
仏教史学論集   1977年   
新仏教運動とその歴史的性格
新仏教論説集下巻   1980年   
親鸞思想の歴史的性格
民衆と仏教   1984年   
戦時下の西本願寺教団
戦時教学と真宗   1988年   
日本仏教史における「仏」と「神」の間
赤松徹真編
永田文昌堂   2008年   
2008月3月

競争的資金等の研究課題

 
日本における国家と仏教
神仏習合の研究