中屋敷 均

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 03:09
 
アバター
研究者氏名
中屋敷 均
 
ナカヤシキ ヒトシ
所属
神戸大学
部署
大学院農学研究科 生命機能科学専攻
職名
教授
学位
農学修士(京都大学), 博士(農学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1994年1月
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程修了  
 

受賞

 
2016年9月
講談社 講談社科学出版賞 ウイルスは生きている
 
2015年8月
日本植物病理学会 植物感染生理談話会ポスター発表優秀賞 Ralstonia solanacearum OE1-1株のバイオフィルム形成にレクチンES-IILは必要である
受賞者: 森 友花, 井上 加奈子, 池田 健一, 中屋敷 均, 大西 秀幸, 甲斐 建次, 木場 章範, 大西 浩平, 曳地 康史
 
2011年
日本植物病理学会 日本植物病理学会論文賞 Chuma, I., Shinogi, T., Hosogi, N., Ikeda, K., Nakayashiki, H., Park, P., and Tosa, Y. (2009) Cytological characteristics of microconidia of Magnaporthe oryzae. J. Gen. Plant Pathol. 75:353-358
受賞者: Chuma Izumi, Shinogi, T., Hosogi, N., Ikeda Kenichi, Nakayashiki Hitoshi, Park Pyoyun, Tosa Yukio
 

論文

 
Ralfuranones contribute to mushroom-type biofilm formation by Ralstonia solanacearum strain OE1-1
Mol. Plant Pathol.   19(4) 975-985   2018年4月   [査読有り]
A fungal Argonaute interferes with RNA interference
Nucleic Acids Research   46(5) 2495-2508   2018年3月   [査読有り]
Acidic soil conditions suppress zoospore release from zoosporangia in Olpidium virulentus
Journal of General Plant Pathology   83 240-243   2017年7月   [査読有り]
pH降下型肥料の施用がOlpidium virulentusの感染とレタスビックベイン病の発生に及ぼす影響
関西病虫害研究会報   (59) 51-53   2017年5月   [査読有り]
The vascular plant-pathogenic bacterium Ralstonia solanacearum produces biofilms required for its virulence on the surfaces of tamato cells adjacent to intercellular spaces
Molecular Plant Pathology   17 890-902   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
The Trickster in the genome: contribution and control of transposable elements.
Genes Cells   16(8) 827-841   2011年   [査読有り][依頼有り]
RNA interference: roles in fungal biology.
Curr. Opin. Microbiol.   11(6) 494-502   2008年   [査読有り][依頼有り]
エンバクにおける細胞死機構研究のこれまで
植物病の探求. 高松進ら編 「植物病の探求」   48-53    2004年

書籍等出版物

 
講談社現代新書   2016年3月   
RNA silencing in filamentous fungi: from basic to applications
Springer-Verlag   2015年1月   
生命のからくり
講談社現代新書   2014年6月   
RNA silencing in the phytopathogenic fungus Magnaporthe grisea. In: Rice Blast: Interaction with Rice and Control(eds. S. Kawasaki) pp.15-21
Kluwer academic pub.   2004年   
いもち病菌におけるRNAサイレンシング機構 自他識別と応答のバイオフロンティア 植物感染生理談話論文集. 高橋英樹,羽柴輝良編 pp.53-62
日本植物病理学会   2004年   

講演・口頭発表等

 
もち病菌の脂質・糖代謝における付着器形成シグナル経路の関与.
平成30年度日本植物病理学会大会   2018年3月   
Building blocks法によるいもち病菌の脂質代謝遺伝子群の機能解析
平成29年度 日本植物病理学会関西部会   2017年9月   
MoAgo3アルゴノートはMoAgo1とのsiRNAの競合によりRNAサイレンシングを負に制御する
平成29年度 日本植物病理学会関西部会   2017年9月   
Olpidium virulentusの遊走子放出に及ぼす土壌pHの影響
平成29年度日本植物病理学会大会   2017年4月   
土壌からのミラフィオリレタスビックベインウイルスのqRT-PCR法による検出
平成29年度日本植物病理学会大会   2017年4月   

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中屋敷 均
持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
研究期間: 2016年       代表者: 中屋敷 均
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中屋敷 均
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 中屋敷 均
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2010年       代表者: 中屋敷 均