西原 純

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/31 14:27
 
アバター
研究者氏名
西原 純
 
ニシハラ ジュン
所属
静岡大学
部署
情報学部 - 情報社会学科
職名
名誉教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東北大学 理学研究科 地学(人文地理学)
 
 
 - 
1980年
東北大学 理学研究科 地学専攻人文地理学
 
 
 - 
1975年
東北大学 理学部 地学科地理学
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本地理学会  英文機関誌編集専門委員会委員
 
2000年
   
 
経済地理学会  編集委員会幹事
 
2001年
   
 
東北地理学会  評議員
 

Misc

 
企業の事業所網の展開からみたわが国の都市群システム
地理学評論   64A(1) 1-25   1991年
The Development of Intra-Corporate Branch Networks and the Japanese Urban System
Geographical Review of Japan   64A(1) 1-25   1991年
九州地方の卸売活動からみた都市間結合関係と都市群システム
地理学評論   67A(6) 357-382   1994年
Inter-Urban Linkages and Systems of Cities : The Case of Wholesaling Activity in Kyushu Province, Japan
Geographical Review of Japan   67A(6) 357-382   1994年
わが国の縁辺地域における炭鉱の閉山と単一企業地域の崩壊-長崎県三菱高島炭鉱の事例-
人文地理   50(2) 105-127   1998年

書籍等出版物

 
九州-地図で読む百年 共著
1997年1月   
新長崎風土記『長崎県の歴史と風土』 共著
1981年1月   
新日本地誌ゼミナール2「東北地方」 共著
大明堂   1984年1月   
地理学トピックス 共著
1987年1月   
現代離島教育の構造と展開 共著
1990年1月   

講演・口頭発表等

 
Municipal governance represented by three alternative administrative systems of a new municipality and emerging large intra-difference within new municipalities
西原 純
International Geographical Union、Kyoto Regional Conference   2013年1月   
平成の合併後の自治体行政組織の配置・再編と地域内格差の動向—三つ庁舎の方式の観点から—
西原 純
日本都市学会   2013年10月   
地域社会と平成の市町村合併 [招待有り]
西原 純
2013年度静岡県高校社教研西部支部研修会   2013年6月   
平成の合併自治体の行政組織の空間的再編成—合併後2時点の比較—
西原 純
2011年人文地理学会大会   2011年1月   
浜松市天竜区における限界集落化の現状と生活拠点地区整備に向けて
西原 純
2015年度東北地理学会春季学術大会   2015年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
平成の合併政策終了後の合併・非合併市町村の現状・行政課題の解明と合併政策の総括
基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
平成の市町村合併政策によって誕生した超広域自治体と地域的枠組みの再編成
基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
市町村大合併政策による都市・地域システムの再編成と新広域自治体の地域政策のあり方
基盤研究(C)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月
わが国石炭産業撤退期の産炭地域における振興法の成果と社会・経済的疲弊の実態
基盤研究(C)
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月
就業者の社会経済的地位からみたわが国の都市群システムと地域格差形成のメカニズム
基盤研究(C)
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月