中谷 陽二

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/21 11:49
 
アバター
研究者氏名
中谷 陽二
 
ナカタニ ヨウジ
学位
医学博士(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 人間総合科学研究科 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻 教授
 
1972年
 - 
1974年
 東京医科歯科大学医学部精神科神経科医員
 
1974年
 - 
1977年
 法務技官
 
1977年
 - 
1983年
 正慶会栗田病院精神科医師
 
1983年
 - 
1996年
 東京都精神医学総合研究所副参事研究員
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京医科歯科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本司法精神医学会  理事
 
2002年
   
 
日本社会精神医学会  理事
 
2004年
   
 
日本精神病理・精神療法学会  理事
 
2008年
   
 
日本犯罪学会  理事
 
1990年
   
 
日本病跡学会  理事
 

受賞

 
2008年
平成20年度日本犯罪学会賞
 
1998年
平成10年度講談社出版文化賞(科学出版賞)
 

Misc

 
被害者が加害者に変ずるとき―ドメスティックバイオレンスと司法精神医学―
臨床精神医学   39(3) 339-344   2010年
司法精神医学の現在-医療観察法・裁判員j制度・脳科学
医学のあゆみ   232(07) 822-826   2010年
Int J Law Psychiatry   33(1) 7-12   2010年
精神医学から犯罪を読み解く
日仏医学   32(1) 10-18   2010年
薬物依存症回復支援施設利用者からみた薬物乱用と心的外傷との関連
日本アルコール・薬物医学会雑誌   44(6) 623-635   2009年

書籍等出版物

 
だれでもわかる精神医学用語集-裁判員制度のために-
民事法研究会   2010年   
責任能力の現在-法と精神医学の交錯-
金剛出版   2009年   
社会精神医学
医学書院   2009年   
精神科医療と法
弘文堂   2008年   
統合失調症の治療-臨床と基礎-
朝倉書店   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
犯罪を行った精神障害者-刑事責任論と犯罪者処遇論の架橋
研究期間: 2009年 - 2011年
触法精神障害者の治療システムに関する研究
研究期間: 2009年 - 2011年
精神障害者の社会復帰とスティグマに関する研究
研究期間: 2009年 - 2011年