谷口 雅基

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 14:11
 
アバター
研究者氏名
谷口 雅基
 
タニグチ マサキ
所属
高知大学
部署
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門
職名
名誉教授
学位
文学修士(西南学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1984年
 筑紫女学園短期大学助手
 
1984年
 - 
1988年
筑紫女学園短期大学講師
 
1988年
 - 
1992年
筑紫女学園大学講師
 
1992年
 - 
1998年
筑紫女学園大学助教授
 
1996年
   
 
- ロンドン大学音声学言語学部名誉研究員
 

学歴

 
 
 - 
1983年
西南学院大学 文学研究科 英語音声学
 
 
 - 
1980年
西南学院大学 文学部 外国語学科
 

委員歴

 
1996年
   
 
- 日本英語音声学会 副会長
 
1996年
 - 
2002年
日本英語音声学会 九州沖縄支部長
 
1996年
   
 
- 日本英語音声学会 副理事長
 
2002年
   
 
- 日本英語音声学会 九州沖縄四国支部長
 
2011年
   
 
- International Phonetic Association (国際音声学協会) Council Member(理事), Permanent Member(恒久会員)
 

Misc

 
『英語の音声とオーラルコミュニケーション:英語への新しいアプローチ』English Sounds and Oral Communication: Approach to Living English.  (橋本満弘と共著 co-authored by Mitsuhiro Hashimoto)
日本英語音声学会 English Phonetic Society of Japan   叢書英語音声学シリーズ第2巻 English Phonetics Series, No. 2    2003年
Development of the International Phonetic Alphabet 1928-1979 and Further Development Desired.
Quest (西南英語英文学談話会)   No. 1 (pp. 47-67)    1982年
Two Differences between RP Intonation and General American English Intonation: With Computer Analyses.
Quest (西南英語英文学談話会)   No. 2 (pp.31-42)    1983年
Juncture: An Interplay of Several Features.
Language Laboratory (語学ラボラトリー学会)   No. 20 (pp.30-41)    1983年
English /j/ and /w/ Reconsidered.
筑紫女学園短期大学紀要   No. 19 (pp. 61-71)    1984年

書籍等出版物

 
『現代英語の構造と用法』Structure and Usage of Modern English Idioms. (西原忠毅と共著 co-authored by Tadayoshi Nishihara)
九州大学出版会Kyushu University Press   1985年   
『米語音声学の理論と実践』The Theory and Practice of General American English Phonetics (西原忠毅と共著 co-authored by Tadayoshi Nishihara)
西南言語研究所 Seinan Linguistic Institute   2001年   
2001, 2002改訂
Difference of Intonation between Received Pronunciation and General American (イントネーションにおける容認発音と一般米語の相違)
日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics ) (pp. 47-48)   2004年   
Intonation (音調, イントネーション)
日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)   2004年   
University College London Summer Course in English Phonetics (ロンドン大学英語音声学夏期講習)
日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)   2004年   

講演・口頭発表等

 
Teaching Japanese bi-mora and quadric-mora timing rhythms to Vietnamese learners
18th International Congress of Phonetic Sciences   2015年   
Teachability and learnability of English tonicity for Japanese junior high school students
Proceedings of Phonetics Teaching and Learning Conference 2015   2015年   
Assessing Intonation in the Spontaneous and Scripted Speech of Native and Non-Native Speakers of English
17th International Congress of Phonetic Sciences   2011年   
Japanese Learners
Phonetics Teaching and Learning Conference 2007   2007年   
Japanese Learners
16th International Congress of Phonetic Sciences   2007年   

Works

 
異文化理解マインドの創出と国際的教員養成研究 [科研課題番号20653074]
2008年 - 2010年
異文化理解マインドの創出と相互国際教育実習研究 [科研課題番号23653303]
2011年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
日本人英語学習者の英語の音声、イントネーションを如何にすればネイティブスピーカーに近づけることができるか
日本人向け英語音声(音声、リズム、イントネーション)教育
異文化理解マインドの創出と国際的教員養成
研究期間: 1996年   
英語音声学、英語音声教育、国際コミュニケーション、異文化理解マインドの創出、国際教育実習
 英語の音声、リズム、イントネーションにおける日本人学習者の弱点についての研究、特に、音声分析機を用いた視聴覚データを活用し、教育に応用することを中心として研究を行なっている。
 授業においては、研究内容を教育に活かすべく、音声を理論面のみならず実践的対象と捉え、学生とのコミュニケーションを可能な限り英語音声を通して行なっている。日本人のための英語音声学の目的の一つは、世界において他国の人々とのスムーズなオーラルコミュニケーションを図ることにあり、そのためには、日本人以外の人々に通ずる英語...
英語音声学、日本人向け英語音声教育(リズム、イントネーションを含む)、 国際コミュニケーションのための英語教育(スピーチ、プレゼンテーション教育を含む)、異文化理解、異文化コミュニケーション、国際人材養成
研究期間: 2007年   
 英語の音声、リズム、イントネーションにおける日本人学習者の弱点についての研究、特に、音声分析機を用いた視聴覚データを活用し、教育に応用することを中心として研究を行なっている。
 授業においては、研究内容を教育に活かすべく、音声を理論面のみならず実践的対象と捉え、学生とのコミュニケーションを可能な限り英語音声を通して行なっている。日本人のための英語音声学の目的の一つは、世界において他国の人々とのスムーズなオーラルコミュニケーションを図ることにあり、そのためには、日本人以外の人々に通ずる英語...