ARIHIRO Kouji

J-GLOBAL         Last updated: Oct 26, 2018 at 17:32
 
Avatar
Name
ARIHIRO Kouji
Affiliation
Hiroshima University
Section
Hospital, University Hospital
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Philosophy in Medical Science(Hiroshima University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2002
   
 
- Associate Professor, Hiroshima University Hospital
 
1999
 - 
2002
 Chief Pathologisst, Department of Clinical Laboratory, Kure National Hospital, Chugoku District Cacncer Center
 
1998
 - 
1999
 Associate Professor, Faculty of Medicine, Hiroshima University
 
1995
 - 
1998
 Assistant Professor, Faculty of Medicine, Hiroshima University
 
1991
 - 
1995
 Research Associate, Fuculty of Medicine, Hiroshima University
 

Education

 
 
 - 
1991
Pathological Science, Graduate School, Division of Medical Sciences, Hiroshima University
 
 
 - 
1987
School of Medicine, Faculty of Medicine, Hiroshima University
 

Committee Memberships

 
1994
   
 
The Japanese Society of Pathology  Councilor
 
1996
 - 
1999
The Japanese Breast Cancer Society  Councilor
 

Published Papers

 
Shiroma N, Arihiro K, Oda M, Orita M
Journal of clinical pathology   71(10) 865-873   Oct 2018   [Refereed]
Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R, Haratake D, Arihiro K, Ueno H, Shimomura R, Akiyama Y, Sugiyama K, Matsumoto M, Kurisu K
Journal of neurosurgical sciences   62(5) 610-612   Oct 2018   [Refereed]
Masumoto N, Kadoya T, Sasada S, Emi A, Arihiro K, Okada M
Breast cancer research and treatment   171(2) 315-323   Sep 2018   [Refereed]
Shindo T, Doi S, Nakashima A, Sasaki K, Arihiro K, Masaki T
Scientific reports   8(1) 14060   Sep 2018   [Refereed]
Hirata F, Ishiyama K, Tanaka Y, Kobayashi T, Hashimoto M, Saeki Y, Ishida N, Taguchi K, Tanaka J, Arihiro K, Ohdan H, Hiroshima Surgical Study Group of Clinical Oncology (HiSCO).
Annals of gastroenterological surgery   2(5) 383-393   Sep 2018   [Refereed]
Furuta M, Tanaka H, Shiraishi Y, Uchida T, Imamura M, Fujimoto A, Fujita M, Sasaki-Oku A, Maejima K, Nakano K, Kawakami Y, Arihiro K, Aikata H, Ueno M, Hayami S, Ariizumi SI, Yamamoto M, Gotoh K, Ohdan H, Yamaue H, Miyano S, Chayama K, Nakagawa H
Oncotarget   9(60) 31789   Aug 2018   [Refereed]
Kim R, Kawai A, Wakisaka M, Funaoka Y, Nishida Y, Yasuda N, Arihiro K
The breast journal   24(4) 628-632   Jul 2018   [Refereed]
Mizumoto T, Hiyama T, Quach DT, Sanomura Y, Urabe Y, Oka S, Arihiro K, Tanaka S, Chayama K
Digestion   98(4) 249-256   Jul 2018   [Refereed]
Hamamoto T, Kono T, Furuie H, Ueda T, Takeno S, Hirakawa K, Arihiro K
Auris, nasus, larynx   45(3) 644-647   Jun 2018   [Refereed]
Takahashi S, Nakagawa K, Tomiyasu M, Nakashima A, Katayama K, Imura T, Herlambang B, Okubo T, Arihiro K, Kawahara Y, Yuge L, Sueda T
The Annals of thoracic surgery   105(5) 1523-1530   May 2018   [Refereed]
Furuta M, Tanaka H, Shiraishi Y, Unida T, Imamura M, Fujimoto A, Fujita M, Sasaki-Oku A, Maejima K, Nakano K, Kawakami Y, Arihiro K, Aikata H, Ueno M, Hayami S, Ariizumi SI, Yamamoto M, Gotoh K, Ohdan H, Yamaue H, Miyano S, Chayama K, Nakagawa H
Oncotarget   9(38) 25075-25088   May 2018   [Refereed]
Fuji T, Nakamura Y, Fukumoto W, Kajiwara K, Chosa K, Tani C, Matsubara Y, Terada H, Honda Y, Arihiro K, Iida M, Baba Y, Awai K
Cardiovascular and interventional radiology   41(4) 618-627   Apr 2018   [Refereed]
Kobayashi Y, Kadoya T, Amioka A, Hanaki H, Sasada S, Masumoto N, Yamamoto H, Arihiro K, Kikuchi A, Okada M
Oncotarget   9(30) 20979-20992   Apr 2018   [Refereed]
Sasada S, Masumoto N, Song H, Kajitani K, Emi A, Kadoya T, Arihiro K, Kikkawa T, Okada M
Journal of medical imaging (Bellingham, Wash.)   5(2) 025502   Apr 2018   [Refereed]
Nakahara T, Hyogo H, Ono A, Nagaoki Y, Kawaoka T, Miki D, Tsuge M, Hiraga N, Hayes CN, Hiramatsu A, Imamura M, Kawakami Y, Aikata H, Ochi H, Abe-Chayama H, Furusho H, Shintani T, Kurihara H, Miyauchi M, Takata T, Arihiro K, Chayama K
Journal of gastroenterology   53(2) 269-280   Feb 2018   [Refereed]
Matsuura K, Itamoto T, Noma M, Ohara M, Akimoto E, Doi M, Nishisaka T, Arihiro K, Kadoya T, Okada M
Molecular and clinical oncology   8(2) 250-256   Feb 2018   [Refereed]
Yamaguchi T, Mukai H, Akiyama F, Arihiro K, Masuda S, Kurosumi M, Kodama Y, Horii R, Tsuda H
Breast cancer (Tokyo, Japan)   25(1) 118-125   Jan 2018   [Refereed]
Hirata Y, Kanno K, Kishikawa N, Tomoda S, Kimura K, Kobayashi T, Miyamori D, Otani Y, Mizooka M, Arihiro K, Oka S, Tanaka S, Tazuma S
Case reports in medicine   2018 5860815   2018   [Refereed]
Itsuki H, Serikawa M, Sasaki T, Ishii Y, Tsushima K, Furukawa Y, Murakami Y, Arihiro K, Chayama K
Gastroenterology research and practice   2018 5410349   2018   [Refereed]
Konishi H, Koh I, Shiroma N, Kidani Y, Urabe S, Tanaka N, Hirata E, Arihiro K, Kudo Y
Case reports in obstetrics and gynecology   2018 4039183   2018   [Refereed]
Hirano D, Oka S, Tanaka S, Sumimoto K, Ninomiya Y, Tamaru Y, Shigita K, Hayashi N, Urabe Y, Kitadai Y, Shimamoto F, Arihiro K, Chayama K
BMC gastroenterology   17(1) 158   Dec 2017   [Refereed]
Tamaru Y, Oka S, Tanaka S, Nagata S, Hiraga Y, Kuwai T, Furudoi A, Tamura T, Kunihiro M, Okanobu H, Nakadoi K, Kanao H, Higashiyama M, Arihiro K, Kuraoka K, Shimamoto F, Chayama K
Journal of gastroenterology   52(11) 1169-1179   Nov 2017   [Refereed]
Song H, Sasada S, Kadoya T, Okada M, Arihiro K, Xiao X, Kikkawa T
Scientific reports   7(1) 16353   Nov 2017   [Refereed]
Sumimoto K, Tanaka S, Shigita K, Hayashi N, Hirano D, Tamaru Y, Ninomiya Y, Oka S, Arihiro K, Shimamoto F, Yoshihara M, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   86(4) 700-709   Oct 2017   [Refereed]
Kamei N, Tanaka N, Arihiro K, Nakanishi K, Kotaka S, Adachi N, Ochi M
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   37(5) 415-419   Oct 2017   [Refereed]
Horimasu Y, Ishikawa N, Taniwaki M, Yamaguchi K, Hamai K, Iwamoto H, Ohshimo S, Hamada H, Hattori N, Okada M, Arihiro K, Ohtsuki Y, Kohno N
BMC medical genetics   18(1) 88   Aug 2017   [Refereed]
Sato K, Ohira M, Shimizu S, Kuroda S, Ide K, Ishiyama K, Kobayashi T, Tahara H, Shiroma N, Arihiro K, Imamura M, Chayama K, Ohdan H
Surgical case reports   3(1) 92   Aug 2017   [Refereed]
Nakamura Y, Aikata H, Fukuhara T, Honda F, Morio K, Morio R, Hatooka M, Kobayashi T, Nagaoki Y, Kawaoka T, Tsuge M, Hiramatsu A, Imamura M, Kawakami Y, Ochi H, Kobayashi T, Ohdan H, Shiroma N, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(8) 767-772   Jul 2017   [Refereed]
Shoji K, Teishima J, Hayashi T, Shinmei S, Akita T, Sentani K, Takeshima Y, Arihiro K, Tanaka J, Yasui W, Matsubara A
Oncology letters   14(1) 299-305   Jul 2017   [Refereed]
Takahashi H, Kinoshita Y, Usui S, Arihiro K, Kimura S, Mitsuhara T, Kurisu K
No shinkei geka. Neurological surgery   45(7) 623-627   Jul 2017   [Refereed]
Patients with early recurrence of hepatocellular carcinoma have poor prognosis.
Kobayashi T, Aikata H, Kobayashi T, Ohdan H, Arihiro K, Chayama K
Hepatobiliary & pancreatic diseases international : HBPD INT   16(3) 279-288   Jun 2017   [Refereed]
Sumimoto K, Tanaka S, Shigita K, Hirano D, Tamaru Y, Ninomiya Y, Asayama N, Hayashi N, Oka S, Arihiro K, Yoshihara M, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   85(4) 816-821   Apr 2017   [Refereed]
Mizumoto T, Sanomura Y, Tanaka S, Kuroki K, Kurihara M, Yoshifuku Y, Oka S, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
Endoscopy international open   5(4) E297-E302   Apr 2017   [Refereed]
Shigita K, Oka S, Tanaka S, Sumimoto K, Hirano D, Tamaru Y, Ninomiya Y, Asayama N, Hayashi N, Shimamoto F, Arihiro K, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   85(3) 546-553   Mar 2017   [Refereed]
Furuta M, Ueno M, Fujimoto A, Hayami S, Yasukawa S, Kojima F, Arihiro K, Kawakami Y, Wardell CP, Shiraishi Y, Tanaka H, Nakano K, Maejima K, Sasaki-Oku A, Tokunaga N, Boroevich KA, Abe T, Aikata H, Ohdan H, Gotoh K, Kubo M, Tsunoda T, Miyano S, Chayama K, Yamaue H, Nakagawa H
Journal of hepatology   66(2) 363-373   Feb 2017   [Refereed]
Ando T, Kudo Y, Iizuka S, Tsunematsu T, Umehara H, Shrestha M, Matsuo T, Kubo T, Shimose S, Arihiro K, Ogawa I, Ochi M, Takata T
Scientific reports   7 40187   Jan 2017   [Refereed]
Arihiro K, Oda M, Ohara M, Kadoya T, Osaki A, Nishisaka T, Shiroma N, Kobayashi Y
Japanese journal of clinical oncology   46(12) 1081-1087   Dec 2016   [Refereed]
Imada S, Kobayashi T, Kitao A, Matsui O, Hashimoto M, Ide K, Ishiyama K, Arihiro K, Tashiro H, Ohdan H
Surgical case reports   2(1) 89   Dec 2016   [Refereed]
Arihiro K, Oda M, Ogawa K, Kaneko Y, Shimizu T, Tanaka Y, Marubashi Y, Ishida K, Takai C, Taoka C, Kimura S, Shiroma N
Pathology, research and practice   212(12) 1126-1132   Dec 2016   [Refereed]
Nishiyama S, Oka S, Tanaka S, Sagami S, Hayashi R, Ueno Y, Arihiro K, Chayama K
Endoscopy international open   4(11) E1183-E1187   Nov 2016   [Refereed]
Takahashi S, Murakami Y, Imano N, Kaneyasu Y, Doi Y, Kenjo M, Kimura T, Kadoya T, Arihiro K, Kataoka T, Okada M, Nagata Y
Japanese journal of radiology   34(9) 595-604   Sep 2016   [Refereed]
Hashimoto M, Kobayashi T, Tashiro H, Arihiro K, Kikuchi A, Ohdan H
International journal of cancer   139(4) 812-823   Aug 2016   [Refereed]
Asayama N, Oka S, Tanaka S, Hirano D, Sumimoto K, Ninomiya Y, Tamaru Y, Shigita K, Hayashi N, Shimamoto F, Arihiro K, Chayama K
Clinical journal of gastroenterology   9(4) 208-214   Aug 2016   [Refereed]
Numata N, Oka S, Tanaka S, Yoshifuku Y, Miwata T, Sanomura Y, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
BMC gastroenterology   16(1) 72   Jul 2016   [Refereed]
Shigita K, Oka S, Tanaka S, Sumimoto K, Hirano D, Tamaru Y, Ninomiya Y, Asayama N, Hayashi N, Nagata S, Arihiro K, Chayama K
Journal of gastroenterology and hepatology   31(5) 973-979   May 2016   [Refereed]
Yamamoto H, Kanno K, Ikuta T, Arihiro K, Sugiyama A, Kishikawa N, Tazuma S
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   23(5) 260-269   May 2016   [Refereed]
Masumoto N, Kadoya T, Amioka A, Kajitani K, Shigematsu H, Emi A, Matsuura K, Arihiro K, Okada M
Ultrasound in medicine & biology   42(5) 1049-1057   May 2016   [Refereed]
Fujimoto A, Furuta M, Totoki Y, Tsunoda T, Kato M, Shiraishi Y, Tanaka H, Taniguchi H, Kawakami Y, Ueno M, Gotoh K, Ariizumi S, Wardell CP, Hayami S, Nakamura T, Aikata H, Arihiro K, Boroevich KA, Abe T, Nakano K, Maejima K, Sasaki-Oku A, Ohsawa A, Shibuya T, Nakamura H, Hama N, Hosoda F, Arai Y, Ohashi S, Urushidate T, Nagae G, Yamamoto S, Ueda H, Tatsuno K, Ojima H, Hiraoka N, Okusaka T, Kubo M, Marubashi S, Yamada T, Hirano S, Yamamoto M, Ohdan H, Shimada K, Ishikawa O, Yamaue H, Chayama K, Miyano S, Aburatani H, Shibata T, Nakagawa H
Nature genetics   48(5) 500-509   May 2016   [Refereed]
Fujimoto A, Furuta M, Totoki Y, Tsunoda T, Kato M, Shiraishi Y, Tanaka H, Taniguchi H, Kawakami Y, Ueno M, Gotoh K, Ariizumi S, Wardell CP, Hayami S, Nakamura T, Aikata H, Arihiro K, Boroevich KA, Abe T, Nakano K, Maejima K, Sasaki-Oku A, Ohsawa A, Shibuya T, Nakamura H, Hama N, Hosoda F, Arai Y, Ohashi S, Urushidate T, Nagae G, Yamamoto S, Ueda H, Tatsuno K, Ojima H, Hiraoka N, Okusaka T, Kubo M, Marubashi S, Yamada T, Hirano S, Yamamoto M, Ohdan H, Shimada K, Ishikawa O, Yamaue H, Chayama K, Miyano S, Aburatani H, Shibata T, Nakagawa H
Nature genetics   48(6) 700   May 2016   [Refereed]
Asayama N, Oka S, Tanaka S, Ninomiya Y, Tamaru Y, Shigita K, Hayashi N, Egi H, Hinoi T, Ohdan H, Arihiro K, Chayama K
International journal of colorectal disease   31(3) 571-578   Mar 2016   [Refereed]
Yachida S, Wood LD, Suzuki M, Takai E, Totoki Y, Kato M, Luchini C, Arai Y, Nakamura H, Hama N, Elzawahry A, Hosoda F, Shirota T, Morimoto N, Hori K, Funazaki J, Tanaka H, Morizane C, Okusaka T, Nara S, Shimada K, Hiraoka N, Taniguchi H, Higuchi R, Oshima M, Okano K, Hirono S, Mizuma M, Arihiro K, Yamamoto M, Unno M, Yamaue H, Weiss MJ, Wolfgang CL, Furukawa T, Nakagama H, Vogelstein B, Kiyono T, Hruban RH, Shibata T
Cancer cell   29(2) 229-240   Feb 2016   [Refereed]
Sasaki K, Doi S, Nakashima A, Irifuku T, Yamada K, Kokoroishi K, Ueno T, Doi T, Hida E, Arihiro K, Kohno N, Masaki T
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   27(1) 203-215   Jan 2016   [Refereed]
Mukai H, Arihiro K, Shimizu C, Masuda N, Miyagi Y, Yamaguchi T, Yoshida T
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(1) 73-77   Jan 2016   [Refereed]
Irifuku T, Doi S, Sasaki K, Doi T, Nakashima A, Ueno T, Yamada K, Arihiro K, Kohno N, Masaki T
Kidney international   89(1) 147-157   Jan 2016   [Refereed]
Honmyo N, Kobayashi T, Tashiro H, Ishiyama K, Ide K, Tahara H, Ohira M, Kuroda S, Arihiro K, Ohdan H
International journal of surgery case reports   20 96-100   2016   [Refereed]
Takahashi G, Kuroda S, Tashiro H, Kobayashi T, Ishiyama K, Ide K, Tahara H, Ohira M, Arihiro K, Ohdan H
Surgical case reports   1(1) 34   Dec 2015   [Refereed]
Taguchi K, Kuroda S, Kobayashi T, Tashiro H, Ishiyama K, Ide K, Ohira M, Tahara H, Arihiro K, Ohdan H
Surgical case reports   1(1) 107   Dec 2015   [Refereed]
Diagnostic Performance of Positron Emission Tomography for the Presurgical Evaluation of Patients with Non-lesional Intractable Partial Epilepsy: Comparison among 18F-FDG, 11C-Flumazenil, and 11C-Flumazenil Binding Potential Imaging Using Statistical Imag
Komoto D, Iida K, Higaki T, Kaichi Y, Takauchi K, Arihiro K, Kakita A, Hirokawa Y, Awai K
Hiroshima journal of medical sciences   64(4) 51-57   Dec 2015   [Refereed]
Nishiyama S, Oka S, Tanaka S, Sagami S, Nagai K, Ueno Y, Arihiro K, Chayama K
Journal of gastroenterology   50(11) 1087-1093   Nov 2015   [Refereed]
Yamada K, Doi S, Nakashima A, Kawaoka K, Ueno T, Doi T, Yokoyama Y, Arihiro K, Kohno N, Masaki T
Clinical and experimental nephrology   19(5) 830-837   Oct 2015   [Refereed]
Nakano R, Ohira M, Ide K, Ishiyama K, Kobayashi T, Tahara H, Tashiro H, Kuroda Y, Ichinohe T, Arihiro K, Chayama K, Ohdan H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   45(10) E150-5   Oct 2015   [Refereed]
Ono A, Fujimoto A, Yamamoto Y, Akamatsu S, Hiraga N, Imamura M, Kawaoka T, Tsuge M, Abe H, Hayes CN, Miki D, Furuta M, Tsunoda T, Miyano S, Kubo M, Aikata H, Ochi H, Kawakami YI, Arihiro K, Ohdan H, Nakagawa H, Chayama K
Cellular and molecular gastroenterology and hepatology   1(5) 516-534   Sep 2015   [Refereed]
Miwata T, Quach DT, Hiyama T, Aoki R, Le HM, Tran PL, Ito M, Tanaka S, Arihiro K, Uemura N, Chayama K
BMC gastroenterology   15 95   Aug 2015   [Refereed]
Honda Y, Kawaoka T, Aikata H, Kan H, Fujino H, Kobayashi T, Fukuhara T, Naeshiro N, Hiramatsu A, Imamura M, Kawakami Y, Hyogo H, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   45(6) 705-710   Jun 2015   [Refereed]
Ishitobi T, Hyogo H, Kan H, Hiramatsu A, Arihiro K, Aikata H, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   45(5) 533-539   May 2015   [Refereed]
Numata N, Oka S, Tanaka S, Kagemoto K, Sanomura Y, Yoshida S, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   18(2) 332-338   Apr 2015   [Refereed]
Tsubokawa N, Miyata Y, Mimae T, Sasada S, Yoshiya T, Mimura T, Arihiro K, Okada M
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   149(4) 982-988   Apr 2015   [Refereed]
Kubo T, Shimose S, Fujimori J, Furuta T, Arihiro K, Ochi M
Clinical orthopaedics and related research   473(1) 305-310   Jan 2015   [Refereed]
Fujimoto A, Furuta M, Shiraishi Y, Gotoh K, Kawakami Y, Arihiro K, Nakamura T, Ueno M, Ariizumi S, Nguyen HH, Shigemizu D, Abe T, Boroevich KA, Nakano K, Sasaki A, Kitada R, Maejima K, Yamamoto Y, Tanaka H, Shibuya T, Shibata T, Ojima H, Shimada K, Hayami S, Shigekawa Y, Aikata H, Ohdan H, Marubashi S, Yamada T, Kubo M, Hirano S, Ishikawa O, Yamamoto M, Yamaue H, Chayama K, Miyano S, Tsunoda T, Nakagawa H
Nature communications   6 6120   Jan 2015   [Refereed]
Tamaru Y, Oka S, Tanaka S, Ninomiya Y, Asayama N, Shigita K, Nishiyama S, Hayashi N, Arihiro K, Chayama K
Case reports in gastroenterology   9(1) 120-125   Jan 2015   [Refereed]
Asayama N, Oka S, Tanaka S, Hayashi N, Arihiro K, Chayama K
Digestion   91(1) 64-69   2015   [Refereed]
Iwamoto H, Matsuhisa K, Saito A, Kanemoto S, Asada R, Hino K, Takai T, Cui M, Cui X, Kaneko M, Arihiro K, Sugiyama K, Kurisu K, Matsubara A, Imaizumi K
PloS one   10(5) e0125982   2015   [Refereed]
Shiwa T, Oki K, Yoneda M, Arihiro K, Ohno H, Kishimoto R, Kohno N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(18) 2355-2360   2015   [Refereed]
Kan H, Kimura Y, Hyogo H, Fukuhara T, Fujino H, Naeshiro N, Honda Y, Kawaoka T, Tsuge M, Hiramatsu A, Imamura M, Kawakami Y, Aikata H, Ochi H, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   44(14) E420-7   Dec 2014   [Refereed]
Miwata T, Hiyama T, Quach DT, Le HM, Hua HN, Oka S, Tanaka S, Arihiro K, Chayama K
BMC gastroenterology   14 203   Nov 2014   [Refereed]
Kagemoto K, Oka S, Tanaka S, Miwata T, Urabe Y, Sanomura Y, Yoshida S, Hiyama T, Arihiro K, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   80(2) 239-245   Aug 2014   [Refereed]
Ishitobi T, Hyogo H, Tokumo H, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   44(4) 429-435   Apr 2014   [Refereed]
Nakadoi K, Oka S, Tanaka S, Hayashi N, Terasaki M, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
Surgical endoscopy   28(4) 1269-1276   Apr 2014   [Refereed]
Takaki S, Kawakami Y, Miyaki D, Nakahara T, Naeshiro N, Murakami E, Tanaka M, Honda Y, Yokoyama S, Nagaoki Y, Kawaoka T, Hiramatsu A, Tsuge M, Hiraga N, Imamura M, Hyogo H, Aikata H, Takahashi S, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   44(3) 280-287   Mar 2014   [Refereed]
Nishiyama S, Oka S, Tanaka S, Hayashi N, Hayashi R, Nagai K, Ueno Y, Shimamoto F, Arihiro K, Chayama K
Inflammatory bowel diseases   20(3) 508-513   Mar 2014   [Refereed]
Oka S, Tanaka S, Higashiyama M, Numata N, Sanomura Y, Yoshida S, Arihiro K, Chayama K
Surgical endoscopy   28(2) 639-647   Feb 2014   [Refereed]
Yanagawa S, Tanabe K, Suzuki T, Tokumoto N, Arihiro K, Ohdan H
World journal of surgical oncology   12 47   Feb 2014   [Refereed]
Takeda I, Takahashi T, Ochi K, Kurashige T, Shinozaki Y, Nakamori M, Arihiro K, Maruyama H, Matsumoto M
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology   81(2) 94-99   2014   [Refereed]
Boda T, Ito M, Oka S, Kitamura Y, Numata N, Sanomura Y, Matsuo T, Tanaka S, Yoshihara M, Arihiro K, Chayama K
Gastroenterology research and practice   2014 863595   2014   [Refereed]
Ishida M, Ishida T, Tashiro S, Uchida H, Sakai C, Hironobe N, Miura K, Hashimoto Y, Arihiro K, Chayama K, Kihara Y, Yoshizumi M
PloS one   9(8) e103993   2014   [Refereed]
Shiraishi Y, Fujimoto A, Furuta M, Tanaka H, Chiba K, Boroevich KA, Abe T, Kawakami Y, Ueno M, Gotoh K, Ariizumi S, Shibuya T, Nakano K, Sasaki A, Maejima K, Kitada R, Hayami S, Shigekawa Y, Marubashi S, Yamada T, Kubo M, Ishikawa O, Aikata H, Arihiro K, Ohdan H, Yamamoto M, Yamaue H, Chayama K, Tsunoda T, Miyano S, Nakagawa H
PloS one   9(12) e114263   2014   [Refereed]
Masaki K, Takaki S, Hyogo H, Kobayashi T, Fukuhara T, Naeshiro N, Honda Y, Nakahara T, Ohno A, Miyaki D, Murakami E, Nagaoki Y, Kawaoka T, Tsuge M, Hiraga N, Hiramatsu A, Imamura M, Kawakami Y, Aikata H, Ochi H, Takahashi S, Arihiro K, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43(11) 1182-1189   Nov 2013   [Refereed]
Miwata T, Hiyama T, Oka S, Tanaka S, Shimamoto F, Arihiro K, Chayama K
Journal of gastroenterology and hepatology   28(11) 1693-1698   Nov 2013   [Refereed]
Numata N, Oka S, Tanaka S, Higashiyama M, Sanomura Y, Yoshida S, Arihiro K, Chayama K
Journal of gastroenterology and hepatology   28(10) 1632-1637   Oct 2013   [Refereed]
Imada S, Ishiyama K, Ide K, Kobayashi T, Amano H, Tashiro H, Arihiro K, Aikata H, Chayama K, Ohdan H
World journal of surgical oncology   11 177   Aug 2013   [Refereed]
Higashimaya M, Oka S, Tanaka S, Sanomura Y, Yoshida S, Hiyama T, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   16(3) 404-410   Jul 2013   [Refereed]
Nakamura Y, Hirokawa Y, Kitamura S, Yamasaki W, Arihiro K, Tatsugami F, Iida M, Kakizawa H, Date S, Awai K
Japanese journal of radiology   31(6) 386-392   Jun 2013   [Refereed]
Kuwabara T, Hiyama T, Oka S, Urabe Y, Tanaka S, Yoshihara M, Arihiro K, Shimamoto F, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   77(6) 973-974   Jun 2013   [Refereed]
Yoshida T, Mihara K, Sugihara S, Arihiro K, Mino T, Sasaki N, Takihara Y
Annals of hematology   92(5) 711-713   May 2013   [Refereed]
Shimizu S, Oshita A, Tashiro H, Amano H, Kobayashi T, Tanaka M, Arihiro K, Ohdan H
Surgery today   43(4) 418-423   Apr 2013   [Refereed]
Nakano Y, Chayama K, Ochi H, Toshishige M, Hayashida Y, Miki D, Hayes CN, Suzuki H, Tokuyama T, Oda N, Suenari K, Uchimura-Makita Y, Kajihara K, Sairaku A, Motoda C, Fujiwara M, Watanabe Y, Yoshida Y, Ohkubo K, Watanabe I, Nogami A, Hasegawa K, Watanabe H, Endo N, Aiba T, Shimizu W, Ohno S, Horie M, Arihiro K, Tashiro S, Makita N, Kihara Y
PLoS genetics   9(4) e1003364   Apr 2013   [Refereed]
Higashimaya M, Oka S, Tanaka S, Numata N, Sanomura Y, Yoshida S, Arihiro K, Chayama K
Gastrointestinal endoscopy   77(2) 298-302   Feb 2013   [Refereed]
Ozaki S, Ohara M, Shigematsu H, Sasada T, Emi A, Masumoto N, Kadoya T, Murakami S, Kataoka T, Fujii M, Arihiro K, Okada M
Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   23(2) 91-99   Feb 2013   [Refereed]
Arihiro K, Oda M, Ogawa K, Tominaga K, Kaneko Y, Shimizu T, Matsumoto S, Oda M, Kurita Y, Taira Y
Japanese journal of clinical oncology   43(1) 55-62   Jan 2013   [Refereed]

Misc

 
甲状腺機能亢進症に随伴した脛骨前粘液水腫
末廣 昌敬, 田中 暁生, 北野 雅朗, 田中 麻衣子, 有廣 光司, 秀 道広
西日本皮膚科   80(3) 301-301   Jun 2018
乳癌における制御性T細胞の分画について 臨床病理学的因子と術前化学療法の効果との関わり
郷田 紀子, 笹田 伸介, 木村 優里, 鈴木 江梨, 仁科 麻衣, 網岡 愛, 舛本 法生, 城間 紀之, 平岡 恵美子, 角舎 学行, 有広 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 343-343   May 2018
エストロゲンシグナルによるWnt5a発現メカニズムの解析と新規治療への応用
角舎 学行, 小林 美恵, 網田 愛, 仁科 麻衣, 木村 優里, 末岡 智志, 鈴木 江梨, 郷田 紀子, 笹田 伸介, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 舛本 法生, 春田 るみ, 片岡 健, 有広 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 427-427   May 2018
脳幹に特異な造影効果をみとめ、当初脳幹部腫瘍が疑われた1例
野中 恵, 上野 弘貴, 田坂 沙季, 金谷 雄平, 青木 志郎, 山崎 文之, 細見 直永, 有廣 光司, 栗栖 薫, 丸山 博文
広島医学   71(5) 455-460   May 2018
術前療法の治療計画 進行乳癌の術前化学療法による免疫応答 治療効果と末梢血NK細胞活性、腫瘍浸潤リンパ球、腫瘍微小環境因子
金 隆史, 河井 亜美, 脇坂 恵, 舩岡 友里, 西田 唯, 澤田 明香, 保田 奈帆美, 友森 麻紀, 八野 由佳, 大谷 彰一郎, 伊藤 充矢, 有廣 光司, 日高 征幸, 森田 幸孝
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 286-286   May 2018
新規画像モダリティの開発から見えてきた乳癌像 乳癌の腫瘍内不均一性を評価するための乳房専用PETの検討
舛本 法生, 角舎 学行, 仁科 麻衣, 木村 優里, 末岡 智志, 鈴木 江梨, 郷田 紀子, 笹田 伸介, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 春田 るみ, 片岡 健, 有廣 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 305-305   May 2018
センチネルリンパ節生検における術中迅速病理診断と永久病理診断での比較検討
仁科 麻衣, 舛本 法生, 木村 優里, 鈴木 江梨, 末岡 智志, 郷田 紀子, 笹田 伸介, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 春田 るみ, 角舎 学, 片岡 健, 岡田 守人, 有廣 光司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 577-577   May 2018
胆管癌のmicroRNA解析の試み
内畠 由加里, 有廣 光司, 城間 紀之, 織田 麻琴, 尾田 三世, 石田 克成
日本病理学会会誌   107(1) 362-363   Apr 2018
膵癌診断におけるmicroRNA検索の有用性
織田 麻琴, 城間 紀之, 有廣 光司
日本病理学会会誌   107(1) 364-364   Apr 2018
子宮内膜の液状化細胞診標本を用いたmicroRNA解析の試み
城間 紀之, 織田 麻琴, 尾田 三世, 有廣 光司
日本病理学会会誌   107(1) 386-386   Apr 2018
乳腺腫瘍のnicroRNA解析の試み
尾田 三世, 有廣 光司, 城間 紀之, 織田 麻琴, 石田 克成, 内畠 由加里
日本病理学会会誌   107(1) 428-428   Apr 2018
森本 恭子, 河岡 友和, 相方 浩, 盛生 玲央奈, 盛生 慶, 中原 隆志, 濱田 麻紀, 有廣 光司, 横崎 典哉, 茶山 一彰
超音波医学   45(2) 215-221   Mar 2018
症例は80代、男性。便通異常で経過観察中、肝機能異常を認め、腹部CTにて肝右葉に40mm大の腫瘤性病変を認め入院精査となった。腹部超音波検査(US)では肝S7に40mm大の類円形の腫瘤を認めた。腫瘤の境界はやや不明瞭、辺縁は不整、内部不均一な高エコーを呈した。Sonazoid造影超音波検査(CEUS)では動脈優位相で腫瘤辺縁に不整にまばらな濃染、門脈優位相で辺縁から中心部に徐々に不均一な染まりを認め、後血管相10分では淡い欠損像を呈したが内部に不均一な染影像を認めた。濃染パターンは肝血管腫...
児玉 健一郎, 河岡 友和, 相方 浩, 若井 雅貴, 寺岡 雄吏, 稲垣 有希, 盛生 慶, 中原 隆志, 平松 憲, 柘植 雅貴, 今村 道雄, 川上 由育, 岡田 友里, 森本 恭子, 織田 麻琴, 木村 修士, 有廣 光司, 茶山 一彰
肝臓   59(3) 162-170   Mar 2018
63歳、男性。20年前、検診にて肝腫瘤を指摘されたが詳細不明であった。4年前の40×35mmから60×50mmと増大傾向となり、紹介入院となった。腹部超音波検査では肝S6/7に60×50mm大の不整形、境界不明瞭、内部不均一、低エコー腫瘤を認めた。造影CT検査では肝S6/7に60×50mm大の病変は共に単純CTで等吸収、造影早期相で濃染、後期相で淡い低吸収となった。ソナゾイド造影超音波検査では動脈優位相では全体が不均一に濃染された。門脈優位相ではhypo echoicとなりpost-vas...
乳腺に発生した小細胞癌の1例
石田 真悠, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之, 有廣 光司
広島医学   71(3) 240-240   Mar 2018
膵体部に発生した炎症性筋線維芽細胞腫の1例
内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之, 有廣 光司
広島医学   71(3) 240-240   Mar 2018
石井 康隆, 芹川 正浩, 壷井 智史, 栗原 啓介, 辰川 裕美子, 宮木 英輔, 河村 良太, 津島 健, 齊藤 裕平, 關藤 剛, 中村 真也, 村上 義昭, 有廣 光司, 茶山 一彰
膵臓   33(1) 71-79   Feb 2018
症例は55歳、男性。人間ドックのUSで膵体部に2cm大の腫瘤を指摘されて受診した。造影CTでは、腫瘤は動脈相では膵実質よりも低吸収を示したが、膵実質相で膵実質よりも淡く造影され、平衡相まで造影効果が持続していた。EUSでは境界明瞭、辺縁整、内部均一な類円形の低エコー腫瘤として描出された。EUS-FNAを施行し、細胞診では腺房細胞癌あるいは神経内分泌腫瘍、組織診では退形成癌と診断され、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した。腫瘤は線維性被膜に覆われた16mm大の充実性腫瘤で、病理組織学的に腫...
拡大内視鏡観察による大腸腫瘍の診断・治療ストラテジー IEEとpit pattern診断の棲み分け
住元 旭, 田中 信治, 山下 賢, 保田 和毅, 平野 大樹, 田丸 弓弦, 二宮 悠樹, 鴫田 賢次郎, 林 奈那, 岡 志郎, 茶山 一彰, 有広 光司
日本大腸肛門病学会雑誌   70(8) 554-554   Aug 2017
手術可能乳癌の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)におけるTreg分画の検討
郷田 紀子, 河野 美保, 網岡 愛, 村上 千佳, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 舛本 法生, 笹田 伸介, 厚井 裕美子, 平岡 恵美子, 小林 美恵, 角舎 学行, 城間 紀之, 有広 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 453-453   Jul 2017
胸部に生じた上皮性腫瘍の1例
田中 麻衣子, 壷井 聡史, 河合 幹雄, 有広 光司, 秀 道広
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   33回 101-101   May 2017
河岡 友和, 相方 浩, 稲垣 有希, 本田 芙美, 鳩岡 正浩, 盛生 慶, 盛生 玲央奈, 小林 知樹, 長沖 祐子, 平松 憲, 柘植 雅貴, 今村 道雄, 川上 由育, 有廣 光司, 茶山 一彰
肝臓   58(5) 280-288   May 2017
72歳、男性。肝機能異常を指摘され、腹部CTで肝に腫瘍性病変を認めた。腹部超音波検査では肝S6に47×36mm大の境界不明瞭、内部均一、低エコー腫瘤を認めた。造影CT検査では肝S6に47×36mm大の病変は共に単純CTで低吸収、造影早期相で濃染、後期相で低吸収となった。造影超音波検査では動脈優位相では全体が均一に濃染された。門脈優位相ではiso echoicとなり周囲の肝組織との判別は不能であった。post-vascular phase(Kupffer phase)では淡いdefectを呈...
髄液検査にて悪性リンパ腫の浸潤との鑑別に苦慮したウイルス性髄膜炎の1例
佐々木 芳恵, 山中 遥, 原田 裕美, 梶原 享子, 大盛 美紀, 中川 浩美, 津川 和子, 横崎 典哉, 清水 智美, 小川 勝成, 有廣 光司
広島医学   70(4) 238-238   Apr 2017
右下腿に発生した骨外性粘液型軟骨肉腫の1例
高井 チカ子, 有廣 光司, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 尾田 三世, 小川 勝成, 木村 修士, 城間 紀之
広島医学   70(4) 239-239   Apr 2017
乳腺筋上皮癌の1例
石田 克成, 有廣 光司, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 金子 佳恵, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 木村 修士, 城間 紀之
広島医学   70(4) 241-241   Apr 2017
耳下腺腫瘍(Oncocytic carcinoma)
木村 修士, 城間 紀之, 織田 麻琴, 有廣 光司
広島医学   70(4) 242-242   Apr 2017
腫瘍浸潤性リンパ球tumor-infiltrating lymphocytesを示す乳がんの超音波画像の検討
福井 佳与, 舛本 法生, 加納 昭子, 笹田 伸介, 恵美 純子, 角舎 学行, 岡田 守人, 城間 紀之, 有廣 光司, 横崎 典哉
超音波医学   44(Suppl.) S591-S591   Apr 2017
非典型的な画像所見を呈した膵癌の1例
高田 祐衣, 関藤 剛, 芹川 正浩, 茶山 一彰, 村上 義昭, 有廣 光司
広島医学   71(2) 122-122   Feb 2018
脳幹に特異的な造影効果をみとめ、当初gliomaが疑われた58歳男性の症例
野中 恵, 上野 弘貴, 田坂 沙季, 丸山 博文, 有廣 光司, 栗栖 薫
広島医学   71(2) 124-124   Feb 2018
十二指腸非乳頭部上皮性腫瘍にESDは必須か? 当科の内視鏡的切除症例の検討から
黒木 一峻, 佐野村 洋次, 岡 志郎, 田中 信治, 茶山 一彰, 有廣 光司
日本消化管学会雑誌   2(Suppl.) 212-212   Feb 2018
NBI拡大観察で診断しESDを施行した肛門管扁平上皮癌の3例
田丸 弓弦, 田中 信治, 岡 志郎, 田中 秀典, 松本 健太, 保田 和毅, 山下 賢, 住元 旭, 平野 大樹, 二宮 悠樹, 林 奈那, 茶山 一彰, 有廣 光司, 嶋本 文雄
日本消化管学会雑誌   2(Suppl.) 245-245   Feb 2018
当院における大腸LST T1癌の臨床病理学的特徴と治療後の長期予後
山下 賢, 田中 信治, 岡 志郎, 田丸 弓弦, 茶山 一彰, 有廣 光司, 嶋本 文雄
日本消化管学会雑誌   2(Suppl.) 249-249   Feb 2018
LECSを施行した巨大有茎性食道癌肉腫の1例
黒木 一峻, 佐野村 洋次, 田中 信治, 頼田 尚樹, 水本 健, 栗原 美緒, 吉福 良公, 卜部 祐司, 岡 志郎, 茶山 一彰, 日山 亨, 堀田 龍一, 田邊 和照, 大段 秀樹, 有廣 光司
広島医学   71(1) 46-46   Jan 2018
寺岡 雄吏, 河岡 友和, 相方 浩, 大上 加奈, 大沢 光毅, 稲垣 有希, 盛生 慶, 盛生 玲央奈, 鳩岡 正浩, 内田 宅郎, 中原 隆志, 村上 英介, 柘植 雅貴, 平松 憲, 今村 道雄, 川上 由育, 有廣 光司, 小林 剛, 大段 秀樹, 茶山 一彰
肝臓   58(12) 654-663   Dec 2017
細胆管細胞癌(Cholangiolocellular carcinoma:CoCC)は原発性肝癌の0.56〜1%とまれな疾患であり、原発性肝癌取扱い規約第5版(2008年2月)から独立した疾患概念となったが、その臨床像は不明な点が多い。今回我々は、外科切除後のCoCC4例のソナゾイド造影超音波(ソナゾイド造影US)を検討し、(1)動脈優位相での樹枝状濃染、(2)門脈優位相での遷延性濃染、(3)後血管相(Kupffer相)での明瞭なdefectを呈する所見や、(4)ダルマ状の形態、notch...
骨腫瘍(myoepithelial carcinoma)
新上 寛子, 城間 紀之, 織田 麻琴, 有廣 光司, 木村 修士
広島医学   70(11) 520-520   Nov 2017
非典型的な画像所見を呈した膵癌の1例
高田 祐衣, 関藤 剛, 芹川 正浩, 茶山 一彰, 村上 義昭, 有廣 光司
広島医学   70(10付録) 26-26   Oct 2017
脳幹に特異的な造影効果をみとめ、当初gliomaが疑われた58歳男性の症例
野中 恵, 上野 弘貴, 田坂 沙季, 丸山 博文, 有廣 光司, 栗栖 薫
広島医学   70(10付録) 29-29   Oct 2017
細胞診検体を用いた分子生物学的解析 乳癌細胞診検体を用いたFISH法によるHER2遺伝子増幅検索の有用性
有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 田岡 知恵, 織田 麻琴, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 606-606   Oct 2017
穿刺吸引細胞診の良性乳腺病変と共に理解する乳癌診断アプローチ 良性乳腺病変特に硬化性病変を伴う乳癌の細胞診
尾田 三世, 有廣 光司, 内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 609-609   Oct 2017
胆汁細胞診のコツとピットフォール 胆汁細胞診の鑑別困難症例における免疫染色、FISH法を用いた異型度評価の試み
石田 克成, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 丸橋 由加里, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 647-647   Oct 2017
子宮内膜および卵巣腫瘍細胞におけるFISH法を用いたKrasと12番染色体の遺伝子異常の評価
金子 佳恵, 内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之, 有廣 光司
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 821-821   Oct 2017
膵腫瘍の液状化細胞診検体におけるFISH法を用いたKRAS、CEP12の検討
石田 真悠, 有廣 光司, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 900-900   Oct 2017
肝外胆管病変の液状化細胞診検体におけるFISH法を用いたKras遺伝子異常の検討
内畠 由加里, 有廣 光司, 石田 真悠, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 青木 知恵, 織田 麻琴, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 900-900   Oct 2017
短期間で形態および拡大観察所見が変化したSSA/P由来のT1癌の1例
山下 賢, 岡 志郎, 田中 信治, 有廣 光司, 嶋本 文雄, 茶山 一彰
Intestine   21(5) 475-481   Sep 2017
症例は68歳男性,盲腸に径10mm大の0-Is型病変を認めた.通常観察およびNarrow Band Imaging(NBI)拡大・色素拡大内視鏡観察から,sessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)由来のcTis〜T1a癌と診断し,内視鏡的摘除の方針とした.しかし,初回検査から12日後の治療時には,病変の丈はやや低くなり,表面が発赤調を呈していた.NBIおよび色素拡大内視鏡観察では,初回精査時と比較して不整さが増していた.cT1bの可能性も考慮したが,摘除生検...
劇症1型糖尿病、糖尿病性ケトアシドーシスを伴った劇症型心筋炎の一例
須澤 仁, 日高 貴之, 泉 加奈子, 橋本 東樹, 宇都宮 裕人, 有廣 光司, 木原 康樹
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-407   Sep 2017
大腸鋸歯状病変の診断と治療 臨床病理・分子生物学検討からみた早期大腸鋸歯状腺癌の特徴
平野 大樹, 卜部 祐司, 岡 志郎, 田中 信治, 茶山 一彰, 有廣 光司
日本大腸肛門病学会雑誌   70(抄録号) A46-A46   Sep 2017
井上 雅史, 種村 匡弘, 伊禮 俊充, 首藤 毅, 尾上 隆司, 鈴木 崇久, 清水 洋祐, 檜井 孝夫, 田代 裕尊, 山口 厚, 倉岡 和矢, 伊藤 玲子, 有廣 光司
膵臓   32(4) 743-751   Aug 2017
症例は65歳の女性。2001年に膵嚢胞性病変に対し他院にて膵体尾部切除術を施行され、IPMC(intraductal papillary mucinous carcinoma)と診断された。また、2002年に膵鉤部に分枝型IPMN(intraductal papillary mucinous neoplasm)と膵断端の貯留嚢胞を認め、膵鉤部部分切除および貯留嚢胞切除を施行しIPMCと診断された。2012年には残膵の主膵管の拡張、嚢胞の増大、壁在結節を認め当院で残膵全摘術を施行した。術後病...
原田 拓光, 村上 義昭, 上村 健一郎, 近藤 成, 中川 直哉, 浦部 和秀, 城間 紀之, 有廣 光司, 末田 泰二郎
膵臓   32(4) 752-759   Aug 2017
症例は40歳代、男性。黄疸を主訴に当科紹介受診。腹部造影CTで膵頭部に造影効果の乏しい36mm大の腫瘤を認めた。ERCPでは膵頭部膵管、胆管に狭窄を認めた。以上より浸潤性膵管癌と診断し、膵頭十二指腸切除術を施行した。病理組織学検査ではductal cell carcinomaとneuroendocrine tumorが混在するMixed adeno-neuroendocrine carcinoma(MANEC)と診断した。術後化学療法として塩酸ゲムシタビン+S-1療法を行った。術後1年9ヵ...
遠位胆管癌の質的診断能と側方進展度診断能の検討
壷井 智史, 芹川 正浩, 石井 康隆, 清水 晃典, 栗原 啓介, 辰川 裕美子, 宮木 英輔, 河村 良太, 津島 健, 関藤 剛, 中村 真也, 茶山 一彰, 村上 義昭, 有廣 光司
胆道   31(3) 499-499   Aug 2017
Intradural retroclival chordomaの1例
高橋 宏輝, 木下 康之, 碓井 智, 有廣 光司, 木村 修士, 光原 崇文, 栗栖 薫
Neurological Surgery   45(7) 623-627   Jul 2017
症例は67歳女性で、歩行時のふらつきを自覚し、頭部MRIで斜台部後方に腫瘍を指摘された。MRIで橋前槽に最大径17mmの腫瘍を認めた。FIESTAでは腫瘍は嚢胞を有し、右下方で外転神経と接していることを確認した。CT骨条件では斜台における蝶形骨後頭骨軟骨結合近傍の骨皮質にわずかな異常を認めた。脊索腫の場合は腫瘍の増大に伴って手術リスクは高くなり、かつ全摘出が困難になることが予想された。腫瘍がまだ小さい現段階で腫瘍の全摘出を目指し、同時に組織診断も確定する方針とした。片側鼻孔経由にて内視鏡下...
液状化検体細胞診 様々な検体のCellprepの液状化細胞診での固定時間とアルコール濃度の至適条件の検討
丸橋 由加里, 内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 真琴, 城間 紀之, 有廣 光司
日本臨床細胞学会中国四国連合会会報   (32) 18-18   Jul 2017
個別化医療における多遺伝子発現検査の現況と展望 術後ホルモン療法施行のER陽性LN陰性乳癌におけるCurebest 95GC Breastの有効性に関する多施設臨床研究
高橋 三奈, 青儀 健二郎, 大住 省三, 大場 崇旦, 伊藤 研一, 尾田 三世, 城間 紀之, 有廣 光司, 塚本 文音, 椎野 翔, 吉田 正行, 木下 貴之
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 233-233   Jul 2017
Wnt5a過剰発現によるER陽性乳癌悪性化のメカニズム解析
角舎 学行, 小林 美恵, 網岡 愛, 村上 千佳, 吉川 徹, 藤原 誠, 半田 良憲, 郷田 紀子, 河野 美保, 笹田 伸介, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 舛本 法生, 春田 るみ, 片岡 健, 有廣 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 255-255   Jul 2017
乳癌に対する日帰り手術 外来乳腺専門クリニックにおける379例の経験と成績
金 隆史, 河井 亜美, 脇坂 恵, 舩岡 友里, 西田 唯, 澤田 明香, 保田 奈帆美, 友森 麻紀, 西角 恵子, 有廣 光司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 585-585   Jul 2017
膵嚢胞性腫瘍(IPMNを除く)に対する診断と治療の現状 MCN、SCNの臨床的特徴
中村 真也, 芹川 正浩, 石井 康隆, 壷井 智史, 清水 晃典, 栗原 啓介, 辰川 裕美子, 宮木 英輔, 河村 良太, 津島 健, 齊藤 裕平, 関藤 剛, 茶山 一彰, 村上 義昭, 有廣 光司
膵臓   32(3) 387-387   May 2017
中枢神経原発移植後リンパ増殖性疾患に対しリツキシマブが奏功した62歳女性例
木下 直人, 上野 弘貴, 山田 英忠, 原 直之, 青木 志郎, 三原 圭一郎, 城間 紀之, 有廣 光司, 山崎 文之, 栗栖 薫, 片岡 敏, 丸山 博文
臨床神経学   57(5) 252-252   May 2017
細胞検査士の教育と研究 ステップアップを目指して 探究心と研究のすすめ 現状に満足しない!どうして?の気持ちを大事にすること
石田 克成, 有廣 光司, 長崎 真琴, 並河 徹
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 153-153   Apr 2017
ISH法を用いたKras遺伝子異常の評価は子宮内膜癌の推定診断に有用である
金子 佳恵, 田中 祐菜, 清水 智美, 丸橋 由加里, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 城間 紀之, 有廣 光司
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 220-220   Apr 2017
小川 勝成, 有廣 光司, 清水 智美, 石田 克成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 297-297   Apr 2017
清水 晃典, 石井 康隆, 佐々木 民人, 芹川 正浩, 南 智之, 石垣 尚志, 壷井 智史, 有廣 光司, 茶山 一彰
Gastroenterological Endoscopy   59(3) 284-290   Mar 2017
症例は45歳、男性。原発性硬化性胆管炎、潰瘍性大腸炎にて経過観察されていた。大腸全摘術の術前CTにて総胆管壁肥厚を指摘され、紹介となった。US、CT、MRIでは前区域胆管内に2cm大の乳頭状腫瘤が認められた。ERCPでは前区域胆管に陰影欠損像を認め、経口胆道鏡では前区域胆管の内腔を占拠する乳頭状腫瘍と下部胆管に顆粒状粘膜が認められた。生検でintraductal papillary neoplasm of bile duct(IPNB)と診断し、肝右葉切除および肝外胆管切除を施行した。本症...
非ランゲルハンス細胞組織球症(Erdheim-Chester disease)の一剖検例
織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之, 有廣 光司
日本病理学会会誌   106(1) 469-469   Mar 2017
液状化検体細胞診標本を用いたmiRNA解析の可能性
城間 紀之, 有廣 光司, 木村 修士, 織田 麻琴
日本病理学会会誌   106(1) 475-475   Mar 2017
膵腫瘤(Inflammatory myofibroblastic tumor)
織田 麻琴, 城間 紀之, 木村 修士, 有廣 光司
広島医学   70(2) 100-100   Feb 2017
鋸歯状病変由来と考えられた大腸T1癌20例の臨床病理学的検討
平野 大樹, 田中 信治, 岡 志郎, 住元 旭, 田丸 弓弦, 二宮 悠樹, 鴫田 賢次郎, 朝山 直樹, 林 奈那, 茶山 一彰, 有廣 光司
日本大腸肛門病学会雑誌   70(2) 113-113   Feb 2017
乳癌におけるCarcinoma with lympoid stromaの超音波画像と病理組織像の対比
福井 佳与, 有廣 光司, 豊田 祐佳吏, 加納 昭子, 郷田 紀子, 惠美 純子, 舛本 法生, 角舎 学行, 岡田 守人, 横崎 典哉
超音波医学   44(1) 79-79   Jan 2017
左涙腺腫瘍(Primary ductal adenocarcinoma)
城間 紀之, 木村 修士, 有廣 光司
広島医学   70(1) 42-42   Jan 2017
【今日から始める臨床検査のヒューマンエラー対策】 ヒューマンエラー対策事例 私達の取り組み ヒューマンエラー防止につながるマニュアルの作成と運用
小川 勝成, 有廣 光司
Medical Technology   44(13) 1526-1534   Dec 2016
【今日から始める臨床検査のヒューマンエラー対策】 ヒューマンエラーお悩み相談 「気がつくとマニュアルと実際の方法が乖離してしまいます」
小川 勝成, 有廣 光司
Medical Technology   44(13) 1534-1534   Dec 2016
【今日から始める臨床検査のヒューマンエラー対策】 ヒューマンエラーお悩み相談 「マニュアルの量が多すぎて覚えられません」
小川 勝成, 有廣 光司
Medical Technology   44(13) 1535-1535   Dec 2016
栗原 啓介, 芹川 正浩, 石井 康隆, 清水 晃典, 壷井 智史, 辰川 裕美子, 宮木 英輔, 河村 良太, 津島 健, 茶山 一彰, 村上 義昭, 有廣 光司
胆道   30(5) 895-902   Dec 2016
症例は63歳男性。胆管狭窄精査目的に当科に紹介された。造影CT検査で中部胆管に造影効果を伴う壁肥厚を認め、EUS検査で悪性疾患を疑う不整な壁肥厚を認めた。ERC検査で中部胆管に狭窄を認め、IDUS検査で壁内に2mm大の嚢胞様の無エコー域が散見された。経口胆道鏡検査で狭窄部に拡張血管を伴わない均一な顆粒状隆起を認め炎症性変化の可能性が示唆された。組織検査で悪性所見は認めなかったが、画像上胆管癌の可能性が否定できず外科手術を施行し、術後病理組織で胆管腺筋腫症と診断された。胆管腺筋腫症の報告は少...
左葉を中心に広範な肝内胆管拡張を伴うintraductal papillary neoplasm of bile duct
近藤 成, 村上 義昭, 上村 健一郎, 中川 直哉, 芹川 正浩, 有廣 光司
胆道   30(5) 917-922   Dec 2016
髄液検査にて悪性リンパ腫の浸潤との鑑別に苦慮したウイルス性髄膜炎の1例
佐々木 芳恵, 山中 遥, 原田 裕美, 梶原 享子, 大盛 美紀, 中川 浩美, 津川 和子, 横崎 典哉, 清水 智美, 小川 勝成, 有廣 光司
広島県臨床細胞学会誌   37 17-21   Dec 2016
60歳代男性。頭痛、発熱を主訴に受診し、髄液検査で形態的に悪性リンパ腫との鑑別が困難であったウイルス性髄膜炎の症例を報告する。髄液内に異型リンパ球が増加し、大きさは小型リンパ球の2-3倍で多彩な細胞形態をもち、フローサイトメトリーによる表面マーカーの検索ではCD3陽性のTリンパ球が多数であった。水痘・帯状疱疹ウイルス抗体価が上昇し、抗ウイルス剤投与により細胞数は徐々に減少した。(著者抄録)
右下腿に発生した骨外性粘液型軟骨肉腫の1例
高井 チカ子, 有廣 光司, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 尾田 三世, 小川 勝成, 木村 修士, 城間 紀之
広島県臨床細胞学会誌   37 39-41   Dec 2016
症例は50代、男性。1ヵ月前に右下腿部軟部組織の腫瘤を自覚した。腫瘤の穿刺吸引細胞診では、粘液基質を背景に核溝や核のくびれを示す異型細胞の網目状配列を認めた。切除された腫瘤は最大径6.5cm、割面は灰白色粘液腫様を呈し、組織学的には好塩基性粘液様基質を伴い、腫瘍細胞が索状あるいは不規則な網目状を呈して浸潤性に増殖する骨外性粘液型軟骨肉腫の像であった。免疫組織化学的に腫瘍細胞はCD56とp63が陽性であり、診断を裏付けた。(著者抄録)
乳腺筋上皮癌の1例
石田 克成, 有廣 光司, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 金子 佳恵, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 木村 修士, 城間 紀之
広島県臨床細胞学会誌   37 87-93   Dec 2016
50代、女性。左乳房皮膚の陥凹を自覚した。細胞診では異型上皮細胞よりなる集塊と束状の異型紡錘形細胞を認めた。核は類円形あるいは棍棒状で、大小不同を示した。組織学的には大小の胞巣状ないし束状を示して浸潤する腫瘍組織で、上皮様及び紡錘形腫瘍細胞よりなり、後者に連続する扁平上皮化生を認めた。免疫組織化学的に上皮性および紡錘形腫瘍細胞は、共に平滑筋アクチン、CD10などの筋上皮細胞マーカーが陽性であり、Ki-67陽性率は64%で高い増殖能を示し筋上皮癌と診断された。(著者抄録)
マンモグラフィにおける石灰化病変に対する超音波検査による良悪の鑑別評価について
豊田 祐佳吏, 舛本 法生, 加納 昭子, 福井 佳与, 網岡 愛, 笹田 伸介, 惠美 純子, 角舎 学行, 岡田 守人, 有廣 光司, 横崎 典哉
乳腺甲状腺超音波医学   5(4) 136-136   Oct 2016
腫瘍浸潤性リンパ球tumor-infiltrating lymphocytes(TILs)を示す乳がんの超音波画像と病理組織像の対比
福井 佳与, 有廣 光司, 豊田 祐佳吏, 加納 昭子, 郷田 紀子, 笹田 伸介, 惠美 純子, 舛本 法生, 角舎 学行, 岡田 守人, 横崎 典哉
乳腺甲状腺超音波医学   5(4) 137-137   Oct 2016
Docetaxel followed by FEC療法による術前化学療法を行い病理学的完全奏効が得られた乳腺原発小細胞癌の1例
恵美 純子, 角舎 学行, 木村 優里, 郷田 紀子, 梶谷 佳子, 重松 英朗, 舛本 法生, 春田 るみ, 片岡 健, 有廣 光司, 香川 直樹, 岡田 守人
乳癌の臨床   31(5) 423-430   Oct 2016
症例は48歳、女性。左乳房腫瘤を主訴に近医を受診し、4cm大の腫瘤を認めた。針生検にて小細胞癌の所見を認め、PET-CTにて他臓器に原発巣を認めず、乳腺原発の小細胞癌と診断された。Docetaxel followed by FEC100療法によるNACを施行後に、乳房部分切除術およびセンチネルリンパ節生検術を施行した。手術病理結果では遺残腫瘍を認めず、病理学的完全奏効(pathological complete response:pCR)と診断した。術後に温存乳房への放射線治療が施行され、...
水痘-帯状疱疹ウイルス髄膜炎の髄液中にMollaret細胞様の大型細胞を認めた一例
同道 頼子, 上野 弘貴, 高橋 哲也, 美山 貴彦, 有廣 光司, 丸山 博文, 松本 昌泰
臨床神経学   56(10) 713-713   Oct 2016
片側大脳半球の萎縮を伴う白質病変を呈した胚細胞腫瘍の一例
原 直之, 上野 弘貴, 碓井 智, 木下 康之, 山崎 文之, 丸山 博文, 有廣 光司, 栗栖 薫, 松本 昌泰
臨床神経学   56(10) 720-720   Oct 2016
乳腺の境界悪性病変 細胞診どこまで迫れるか? 本学における乳管内病変の細胞学的検討
尾田 三世, 有廣 光司, 内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 智恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 435-435   Oct 2016
原発性硬化性胆管炎の経過中、細胞診の過少評価で治療の決定が遅れ死亡した痛恨の1例
小川 勝成, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 田岡 知恵, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 468-468   Oct 2016
Cellprepを用いた婦人科腫瘍擦過細胞の固定時間とアルコール濃度の至適条件
金子 佳恵, 内畠 由加里, 石田 真悠, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之, 有廣 光司
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 493-493   Oct 2016
甲状腺における液状化細胞診(LBC)の固定条件による検討
丸橋 由加里, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 真琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 511-511   Oct 2016
胆管病変の細胞診におけるCellprep固定液の最適エタノール濃度および固定時間の検討
内畠 由加里, 田岡 知恵, 有廣 光司, 石田 真悠, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 丸橋 由加里, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 550-550   Oct 2016
膵腫瘍細胞を対象とする液状化検体細胞診における至適条件の検討
石田 真悠, 有廣 光司, 内畠 由加里, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 田岡 知恵, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 550-550   Oct 2016
病理業務の精度管理を目的とするISO15189認定取得の意義
清水 智美, 石田 真悠, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 丸橋 由加里, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之, 有廣 光司
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 565-565   Oct 2016
癌抑制遺伝子産物を指標にしたCellprep胆汁細胞の異型度の評価の試み
石田 克成, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由香里, 田岡 知恵, 田中 祐菜, 金子 佳恵, 清水 智美, 丸橋 由香里, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 609-609   Oct 2016
Cellprepを用いた乳腺液状化検体細胞診の至適条件の検討
高井 チカ子, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 田岡 知恵, 丸橋 由加里, 田中 祐菜, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 尾田 三世, 小川 勝成, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 640-640   Oct 2016
Cellprep浮遊細胞を用いたfluolescence in situ hybridization(FISH)法プロトコルの確立
田中 祐菜, 有廣 光司, 石田 真悠, 内畠 由加里, 丸橋 由加里, 清水 智美, 金子 佳恵, 石田 克成, 高井 チカ子, 尾田 三世, 小川 勝成, 田岡 知恵, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 648-648   Oct 2016
【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 脳腫瘍の検査・診断 脳腫瘍の病理検査・診断 術中迅速病理診断
有廣 光司, 城間 紀之, 木村 修士, 田中 祐菜, 田岡 知恵
日本臨床   74(増刊7 脳腫瘍学) 486-490   Sep 2016
診断に苦慮した肝内胆管狭窄の一例
山下 由美子, 齋 宏, 後藤 久美子, 井上 基樹, 古川 善也, 村上 義昭, 有廣 光司
胆道   30(3) 586-586   Aug 2016
免疫組織化学的染色で上皮間葉転換を示した乳腺紡錘細胞癌の1例
小林 美恵, 有廣 光司, 重松 英朗, 甲斐 佑一郎, 郷田 紀子, 梶谷 佳子, 恵美 純子, 舛本 法生, 角舎 学行, 岡田 守人
乳癌の臨床   31(4) 323-330   Aug 2016
症例は70歳代、女性。右乳房腫瘤を主訴に当院に紹介受診し、触診で右乳房C領域に22mm大の腫瘤を触知した。針生検で紡錘形細胞を伴う充実腺管癌と診断された。内視鏡補助下乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。病理組織検査で大型胞巣状を示す癌腫成分と肉腫様紡錘形異型細胞成分を認め、両成分間に移行像を認めた。癌腫成分は上皮マーカー陽性、間葉系マーカーが部分的に陽性であり、肉腫様成分には間葉系マーカー陽性であった。WHO分類に従い紡錘細胞癌と診断した。癌腫成分にも一部に間葉系マーカーが陽...
乳癌におけるWntシグナル経路の意義 Wnt5a陽性乳癌の予後解析と新規バイオマーカーとしての可能性
小林 美恵, 角舎 学行, 網岡 愛, 郷田 紀子, 菅野 恵美子, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 重松 英朗, 舛本 法生, 春田 るみ, 片岡 健, 有廣 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 323-323   Jun 2016
進行乳癌に対する術前化学療法の効果における末梢血NK細胞活性の意義
金 隆史, 河井 亜美, 脇坂 恵, 賀楽 ひとみ, 中島 三保, 舩岡 友里, 保田 奈帆美, 友森 麻紀, 西角 恵子, 大谷 彰一郎, 伊藤 充矢, 有廣 光司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 373-373   Jun 2016
乳癌術前化学療法症例における化学療法レジメンによるTILと術前化学療法感受性相違についての検討
重松 英朗, 城間 紀之, 網岡 愛, 菅野 恵美子, 郷田 紀子, 小林 美恵, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 舛本 法生, 角舎 学行, 春田 るみ, 片岡 健, 有廣 光司, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 543-543   Jun 2016
乳癌におけるELF3発現の意義
城間 紀之, 尾田 三世, 石田 克成, 有廣 光司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 547-547   Jun 2016
術中SN転移陽性症例における迅速病理診断によるmicro-meta診断能の検討
郷田 紀子, 重松 英朗, 網岡 愛, 菅野 恵美子, 小林 美恵, 梶谷 桂子, 恵美 純子, 春田 るみ, 片岡 健, 舛本 法生, 有廣 光司, 角舎 学行, 岡田 守人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 559-559   Jun 2016
乳癌におけるHER2増幅細胞およびCEP17 polysomy細胞の不均一性の臨床病理学的意義
尾田 三世, 有廣 光司, 城間 紀之, 木村 修二, 田中 祐菜, 重松 英朗, 角舎 学行
日本病理学会会誌   105(1) 328-328   Apr 2016
様々な組織像と細胞像を呈する甲状腺腫瘍の5例
織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之, 有廣 光司
日本病理学会会誌   105(1) 427-427   Apr 2016
肝外胆管癌におけるKRAS遺伝子増幅と点変異の関係
城間 紀之, 尾田 三世, 木村 修士, 織田 麻琴, 有廣 光司
日本病理学会会誌   105(1) 447-447   Apr 2016
肺癌におけるFISH法を用いたHER2遺伝子増幅の検討
田中 祐菜, 有廣 光司, 尾田 三世, 織田 麻琴, 木村 修士, 城間 紀之
日本病理学会会誌   105(1) 456-456   Apr 2016
ムコ多糖症II型(Hunter disease)に対する臍帯血移植後に発症した悪性リンパ腫の1剖検例
木村 修士, 城間 紀之, 有廣 光司
日本病理学会会誌   105(1) 549-550   Apr 2016

Research Grants & Projects

 
Interaction between tumor cells and lymphocytes infiltrating into human tumor tissue
New Program for the Promotion of Basic Reseach by Public Corporation
Project Year: 2000