清水 邦義

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/01 15:22
 
アバター
研究者氏名
清水 邦義
 
シミズ クニヨシ
URL
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/sffps/
所属
九州大学
部署
大学院農学研究院 森林資源科学部門 森林圏環境資源科学講座
職名
准教授
学位
農学(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
九州大学 准教授
 
2007年4月
 - 
2014年
九州大学 助教
 
2000年
 - 
2002年
九州大学工学研究院ベンチャービジネスラボラトリー・
 
 
   
 
      非常勤講師
 
2002年
   
 
    九州大学農学研究院・助手
 

学歴

 
 
 - 
2000年
九州大学 農学研究科 林産学
 
 
 - 
2000年
九州大学 農学部 林産学
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本きのこ学会  評議員
 
2014年6月
 - 
現在
KFT農法研究会  委員
 
2013年3月
 - 
2015年3月
日本きのこ学会  日本きのこ学会将来構想委員会委員
 
2013年9月
 - 
2014年6月
第十回西日本機能性食品開発研究会実行委員会  第十回西日本機能性食品開発研究会実行委員会委員
 
2013年11月
 - 
2014年3月
一般社団法人 木を活かす建築推進協議会  木造住宅に関する技術的調査・検討事業に係る委員
 

受賞

 
2014年2月
日本木材学会 日本木材学会賞
 
2010年3月
九州大学農学研究院 NH創造性開発賞
 
2006年2月
日本木材学会 日本木材学会奨励賞
 
1999年11月
日本木材学会九州支部 黎明研究者賞
 

論文

 
H. Tan, A. Ashour, Y. Katakura, K. Shimizu
Phytomedicine   22(4) 498-503   2015年   [査読有り]
Q. Zhu, T. Nakagawa, A. Kishikawa, K. Ohnuki, K. Shimizu
Journal of Functional Foods   13 38-49   2015年   [査読有り]
E.T. Arung, W. Suwinarti, M. Hendra, Supomo, I. W. Kusuma, D. C. N. Puteri, H. A. Eroglu, Y-U, Kim, K. Shimizu, H. Ishikawa
Tropical Journal of Pharmaceutical Research   14(1) 41-46   2015年   [査読有り]
清水 邦義
International Biodeterioration and Biodegradation   88 62-68   2014年3月   [査読有り]
Ashour A, El-Sharkawy S, Amer M, Abdel Bar F, Katakura Y, Miyamoto T, Toyota N, Bang TH, Kondo R, Shimizu K
Bioorganic & medicinal chemistry   22(1) 211-220   2014年1月   [査読有り]
Tan H, Furuta S, Nagata T, Ohnuki K, Akasaka T, Shirouchi B, Sato M, Kondo R, Shimizu K
Journal of agricultural and food chemistry      2014年1月   [査読有り]
S. Fatmawati, H. Yu, C. Zhang, F. Jin, K. Shimizu
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   24(18) 4407-4409   2014年   [査読有り]
T. H. Bang, K. Shimizu
Journal of Molecular Graphics and Modeling   53 206-211   2014年   [査読有り]
L. D. Khuong, R. Kondo, R. D. Leon, T. K. Anh, K. Shimizu, I. Kamei
Bioresource Technology   167 33-40   2014年   [査読有り]
A.S. Purnomo, E. M. M. Putri, R. Nawfa, S. R. Putra, K. Shimizu, R. Kondo
Environmental Science and Pollution Research   21(19) 11305-11312   2014年   [査読有り]
Production of citric acid from corncobs with its biological evaluation
A. Ashour, S. EI-Sharkawy, M. Amer, A. Marzouk, A. Kishikawa, M. Ohzono, R. Kondo, K. Shimizu
Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications   4 141-149   2014年   [査読有り]
T. J. Ha, K. Shimizu, I. Kubo
Food Chemistry   159 471-476   2014年   [査読有り]
T. H. Bang, A. Yamamoto, S. Matsumoto, H. Ito, K. Igami, T. Miyazaki, R. Kondo, K. Shimizu
Molecules   19(9) 13473-13485   2014年   [査読有り]
A. Tanaka, Q. Zhu, H. Tan, H. Horiba, K. Ohnuki, Y. Mori, R. Yamauchi, H. Ishikawa, A. Iwamoto, H. Kawahara, K. Shimizu
Molecules (Web)   19(6) 8238-8260   2014年   [査読有り]
Wild Mushrooms in Nepal: Some Potential Candidates as Antioxidant and ACE-Inhibition Sources
清水 邦義
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine      2014年   [査読有り]
Ashour A, Amer M, Marzouk A, Shimizu K, Kondo R, El-Sharkawy S
Molecules (Basel, Switzerland)   18(11) 13823-13830   2013年11月   [査読有り]
Fatmawati S, Kondo R, Shimizu K
Bioorganic & medicinal chemistry letters   23(21) 5900-5903   2013年9月   [査読有り]
Mira A, Tanaka A, Tateyama Y, Kondo R, Shimizu K
Journal of ethnopharmacology   148(3) 980-987   2013年7月   [査読有り]
A protocol for isolation of target proteins of natural compound. Protocol Exchange.
清水 邦義
Protocol Exchange      2013年5月   [査読有り]
清水 邦義
Open Bioactive Compounds Journal   4 1-3   2013年4月   [査読有り]
清水 邦義
Journal of Wood Science   59(2) 155-159   2013年4月   [査読有り]
Melanin Biosynthesis Inhibitory Activity of Compounds Isolated from unused parts of Ammi visinaga
A. Ashour, S. El-Sharkawy, M. Amer, F. A.l Bar, R. Kondo, K. Shimizu
Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications   3(3B) 40-43   2013年   [査読有り]
Osteoclastogenesis inhibitory effect of ergosterol peroxide isolated from Pleurotus eryngii.
Yokoyama S, Bang TH, Shimizu K, Kondo R
Natural product communications   7 1163-1164   2012年9月   [査読有り]
The inhibitory effects of representative chalcones contained in Angelica keiskei on melanin biosynthesis in B16 melanoma cells.
Arung ET, Furuta S, Sugamoto K, Shimizu K, Ishikawa H, Matsushita Y, Kondo R
Natural product communications   7 1007-1010   2012年8月   [査読有り]
Arung ET, Kuspradini H, Kusuma IW, Shimizu K, Kondo R
Journal of acupuncture and meridian studies   5(2) 87-92   2012年4月   [査読有り]
Liu J, Shimizu K, Tanaka A, Shinobu W, Ohnuki K, Nakamura T, Kondo R
Scientific reports   2    2012年   [査読有り]
Matsubara E, Shimizu K, Fukagawa M, Ishizi Y, Kakoi C, Hatayama T, Nagano J, Okamoto T, Ohnuki K, Kondo R
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(5) 299-308   2012年   [査読有り]
Fatmawati S, Shimizu K, Kondo R
Bioorganic & medicinal chemistry letters   21(24) 7295-7297   2011年12月   [査読有り]
Artocarpus plants as a potential source of skin whitening agents.
Arung ET, Shimizu K, Kondo R
Natural product communications   6 1397-1402   2011年9月   [査読有り]
Fatmawati S, Shimizu K, Kondo R
Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology   18(12) 1053-1055   2011年9月   [査読有り]
Melanin biosynthesis inhibitory and antioxidant activities of quercetin-3'-O-beta-D-glucoside isolated from Allium cepa.
Arung ET, Furuta S, Ishikawa H, Tanaka H, Shimizu K, Kondo R
Zeitschrift fur Naturforschung. C, Journal of biosciences   66 209-214   2011年5月   [査読有り]
Matsubara E, Fukagawa M, Okamoto T, Ohnuki K, Shimizu K, Kondo R
Biomedical research (Tokyo, Japan)   32(2) 151-157   2011年4月   [査読有り]
Arung Enos Tangke, Matsubara Eri, Kusuma Irawan Wijaya, Sukaton Edi, Shimizu Kuniyoshi, Kondo Ryuichiro, 清水 邦義
Fitoterapia   82(2) 198-202   2011年3月
Arung ET, Matsubara E, Kusuma IW, Sukaton E, Shimizu K, Kondo R
Fitoterapia   82(2) 198-202   2011年3月   [査読有り]
Matsubara E, Fukagawa M, Okamoto T, Fukuda A, Hayashi C, Ohnuki K, Shimizu K, Kondo R
Biomedical research (Tokyo, Japan)   32(1) 19-28   2011年2月   [査読有り]
Arung ET, Wijaya Kusuma I, Shimizu K, Kondo R
Natural product research   25(3) 256-263   2011年2月   [査読有り]
Liu Jie, Shimizu Kuniyoshi, Kondo Ryuichiro, 清水 邦義
Fitoterapia   81(8) 1067-1072   2010年12月
Fatmawati S, Shimizu K, Kondo R
Fitoterapia   81(8) 1033-1036   2010年12月   [査読有り]
Liu J, Shimizu K, Kondo R
Fitoterapia   81(8) 1067-1072   2010年12月   [査読有り]
Liu Jie Liua, Shimizu Kuniyoshi, Yu Hongshan, Zhang Chunzhi, Jin Fengxie, Kondo Ryuichiro, 清水 邦義
Fitoterapia   81(7) 902-905   2010年10月
Liu J, Shimizu K, Yu H, Zhang C, Jin F, Kondo R
Fitoterapia   81(7) 902-905   2010年10月   [査読有り]
Arung ET, Wicaksono BD, Handoko YA, Kusuma IW, Shimizu K, Yulia D, Sandra F
Journal of natural medicines   64(4) 423-429   2010年10月   [査読有り]
Fatmawati S, Shimizu K, Kondo R
Planta medica   76(15) 1691-1693   2010年10月   [査読有り]
Arung Enos Tangke, Shimizu Kuniyoshi, Tanaka Hiroyuki, Kondo Ryuichiro, 清水 邦義
Fitoterapia   81(6) 640-643   2010年9月
Arung ET, Shimizu K, Tanaka H, Kondo R
Fitoterapia   81(6) 640-643   2010年9月   [査読有り]
Nagano M, Shimizu K, Kondo R, Hayashi C, Sato D, Kitagawa K, Ohnuki K
Biomedical research (Tokyo, Japan)   31(4) 231-237   2010年8月   [査読有り]
Ha TJ, Shimizu K, Ogura T, Kubo I
Chemistry & biodiversity   7(8) 1893-1903   2010年8月   [査読有り]
Kusuma IW, Arung ET, Rosamah E, Purwatiningsih S, Kuspradini H, Syafrizal, Astuti J, Kim YU, Shimizu K
Journal of natural medicines   64(2) 223-226   2010年4月   [査読有り]
Arung ET, Yoshikawa K, Shimizu K, Kondo R
Fitoterapia   81(2) 120-123   2010年3月   [査読有り]
Liu J, Shiono J, Shimizu K, Kondo R
Planta medica   76(2) 137-139   2010年2月   [査読有り]
Lipoxygenase inhibitory activity of 6-pentadecanylsalicylic acid without prooxidant effect.
Kubo I, Ha TJ, Shimizu K
Natural product communications   5 85-90   2010年1月   [査読有り]
Arung ET, Kusuma IW, Purwatiningsih S, Roh SS, Yang CH, Jeon S, Kim YU, Sukaton E, Susilo J, Astuti Y, Wicaksono BD, Sandra F, Shimizu K, Kondo R
Journal of acupuncture and meridian studies   2(4) 306-308   2009年12月   [査読有り]
Arung ET, Kusuma IW, Christy EO, Shimizu K, Kondo R
Journal of natural medicines   63(4) 473-480   2009年10月   [査読有り]
Liu J, Shiono J, Shimizu K, Yu H, Zhang C, Jin F, Kondo R
Bioorganic & medicinal chemistry letters   19(12) 3320-3323   2009年6月   [査読有り]
Liu J, Shimizu K, Kondo R
Chemistry & biodiversity   6(4) 503-512   2009年4月   [査読有り]
Liu J, Shiono J, Shimizu K, Kukita A, Kukita T, Kondo R
Bioorganic & medicinal chemistry letters   19(8) 2154-2157   2009年4月   [査読有り]
Liu J, Tamura S, Kurashiki K, Shimizu K, Noda K, Konishi F, Kumamoto S, Kondo R
Chemistry & biodiversity   6(2) 231-243   2009年2月   [査読有り]
Fatmawati S, Kurashiki K, Takeno S, Kim YU, Shimizu K, Sato M, Imaizumi K, Takahashi K, Kamiya S, Kaneko S, Kondo R
Phytotherapy research : PTR   23(1) 28-32   2009年1月   [査読有り]
Miyamoto I, Liu J, Shimizu K, Sato M, Kukita A, Kukita T, Kondo R
European journal of pharmacology   602(1) 1-7   2009年1月   [査読有り]
Noguchi M, Kakuma T, Tomiyasu K, Yamada A, Itoh K, Konishi F, Kumamoto S, Shimizu K, Kondo R, Matsuoka K
Asian journal of andrology   10(5) 777-785   2008年9月   [査読有り]
Shimizu K, Gyokusen M, Kitamura S, Kawabe T, Kozaki T, Ishibashi K, Izumi R, Mizunoya W, Ohnuki K, Kondo R
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   72(7) 1944-1947   2008年7月   [査読有り]
Noguchi M, Kakuma T, Tomiyasu K, Kurita Y, Kukihara H, Konishi F, Kumamoto S, Shimizu K, Kondo R, Matsuoka K
Asian journal of andrology   10(4) 651-658   2008年7月   [査読有り]
Arung ET, Shimizu K, Kondo R
Chemistry & biodiversity   4(9) 2166-2171   2007年9月   [査読有り]
Liu J, Shimizu K, Konishi F, Kumamoto S, Kondo R
Bioorganic & medicinal chemistry   15(14) 4966-4972   2007年7月   [査読有り]
Kim YU, Han J, Lee SS, Shimizu K, Tsutsumi Y, Kondo R
Archiv der Pharmazie   340(4) 209-214   2007年4月   [査読有り]
Liu J, Kurashiki K, Shimizu K, Kondo R
Bioorganic & medicinal chemistry   14(24) 8654-8660   2006年12月   [査読有り]
Arung ET, Shimizu K, Kondo R
Biological & pharmaceutical bulletin   29(9) 1966-1969   2006年9月   [査読有り]
Shimizu K, Yamanaka M, Gyokusen M, Kaneko S, Tsutsui M, Sato J, Sato I, Sato M, Kondo R
Phytotherapy research : PTR   20(8) 659-664   2006年8月   [査読有り]
Arung ET, Shimizu K, Kondo R
Planta medica   72(9) 847-850   2006年7月   [査読有り]
5alpha-reductase inhibitory effect of triterpenoids isolated from Ganoderma lucidum.
Liu J, Kurashiki K, Shimizu K, Kondo R
Biological & pharmaceutical bulletin   29 392-395   2006年2月   [査読有り]
Fujita R, Liu J, Shimizu K, Konishi F, Noda K, Kumamoto S, Ueda C, Tajiri H, Kaneko S, Suimi Y, Kondo R
Journal of ethnopharmacology   102(1) 107-112   2005年10月   [査読有り]
ARUNG Enos Tangke, KUSUMA Irawan Wijaya, ISKANDAR Yetti Mulyati, YASUTAKE Seiji, SHIMIZU Kuniyoshi, KONDO Ryuichiro
J. Wood Sci.   51(5) 520-525   2005年
LIU Jie, FUJITA Rumi, SATO Michiko, KONISHI Fumiko, NODA Kiyoshi, UEDA Chie, TAJIRI Hisatoshi, KANEKO Shuhei, SUIMI Yoshitaro
J. Wood Sci.   51(2) 189-192   2005年
Kubo I, Nihei K, Shimizu K
Bioorganic & medicinal chemistry   12(20) 5343-5347   2004年10月   [査読有り]
Fukuhara K, Shimizu K, Kubo I
Phytochemistry   65(9) 1283-1286   2004年5月   [査読有り]
Noji Y, Shimizu M, Ino H, Higashikata T, Yamaguchi M, Nohara A, Horita T, Shimizu K, Ito Y, Matsuda T, Namura M, Mabuchi H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(4) 355-360   2004年4月   [査読有り]
Kubo I, Xu Y, Shimizu K
Phytotherapy research : PTR   18(2) 180-183   2004年2月   [査読有り]
Resveratrol oligomers from the stem bark of Hopea bancana (Dipterocarpaceae)
Bull. Soc. Nat. Prod. Chem. (Indonesia)   4:17-22    2004年
Kubo I., Shimizu K., Nihei K.-I.
Bioorg. Med. Chem.   12(20) 5343-5347   2004年
Shimizu K, Yasutake S, Kondo R
Chemical & pharmaceutical bulletin   51(3) 318-319   2003年3月   [査読有り]
Kubo I., Xu Y.L., Shimizu K.
Fitoterapia   74(7-8) 643-649   2003年
SHIMIZU K, GENG X, HASHIGUCHI M, SUHARA H, FUKUNAGA S, YASUTAKE S, KONDO R, TSUTSUI M, SATO I
J. Wood Sci.   49(4) 349-354   2003年
SHIMIZU K, FUJITA R, KONDO R, SAKAI K, KANEKO S
J. Wood. Sci.   49(2) 193-196   2003年
Towatari K, Yoshida K, Mori N, Shimizu K, Kondo R, Sakai K
Planta medica   68(11) 995-998   2002年11月   [査読有り]
Shimizu K, Kondo R, Sakai K, Takeda N, Nagahata T
Planta medica   68(1) 79-81   2002年1月   [査読有り]
TOWATARI K, YOSHIDA K, MORI N, SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K
Planta Med.   68(11) 995-998   2002年
SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K
 J. Wood. Sci.   48(5) 446-450   2002年
SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K, TAKEDA N, NAGAHATA T
 Planta Med.   68(1) 79-81   2002年
SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K, BUABARN S, DILOKKUNANANT U
 J. Wood. Sci.   46(5) 385-389   2000年
SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K, SHOYAMA Y, SATO H, UENO T
 Biosci. Biotechnol. Biochem.   64(4) 875-877   2000年
SHIMIZU K, FUKUDA M, KONDO R, SAKAI K
Planta Medica   66(1) 16-19   2000年
SHIMIZU K, KONDO R, SAKAI K, LEE S‐H, SATO H
Planta Medica   64(5) 408-412   1998年
S. Fatmawati, T. Ersama, K. Shimizu
Phytomedicine (in press)   22(1) 49-51   2015年   [査読有り]
A. Kishikawa, A. Ashour, Q. Zhu, M. Yasuda, H. Ishikawa, K. Shimizu
Phytotherapy Research ( inpress)   29(6) 877-886   2015年   [査読有り]
T. H. Bang, K. Shimizu
Phytochemistry Letters (in press)   12 243-247   2015年   [査読有り]
C. Inoue,T. Kozaki,Y. Morita,B. Shirouchi, K. Fukami, K.Shimizu, M. Sato,Y. Katakura
Cytotechnology( in press)   67(4) 721-725   2015年   [査読有り]
O. Matsuda, M. Hara, H. Tobita, K. Yazaki, T. Nakagawa, K. Shimizu, A. Uemura, H. Utsugi
Plos One(in press)   10(6)    2015年   [査読有り]

Misc

 
室井由起子, 宮崎明日香, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義
九州栄養福祉大学研究紀要   (10) 369-374   2013年12月
宮崎明日香, 室井由起子, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義
九州栄養福祉大学研究紀要   (10) 389-392   2013年12月
栫ちか子, 長野真弓, 清水邦義, 大貫宏一郎
体力科学   62(6) 488   2013年12月
清水邦義, 深川未央, 松原恵理, 松本清, 山本篤, 石川洋哉, 北村真吾, 栫ちか子, 畑山知子, 永野純, 岡本剛, 大貫宏一郎
Aroma Res   14(4) 366-375   2013年11月

書籍等出版物

 
「キノコの化学成分」 キノコ学への誘い
海青社)   2004年   

講演・口頭発表等

 
天然素材の言い伝え・噂・スクリーニングを元とした実用化研究アプローチ ~香りからポリフェノールまでを例として~ グリーンケミカル・イノベーション~自然環境矯正共生型社会をめざす香りの研究開発を巡って~
清水 邦義
第14回アロマ・サイエンス・フォーラム2013   2013年10月18日   
緑の付加価値の高い新しい利活用法開発のヒント~人に及ぼす影響に着目して~
清水 邦義
第24回福岡県の緑を考える会   2013年9月26日   
ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)の行動リズムに与える影響
平木絵理, 古田祥子, 佐藤大吾, 安尾しのぶ, 大貫宏一郎, 近藤隆一郎, 清水邦義
日本きのこ学会 第17回大会   2013年9月11日   
科研費獲得の方法とコツ
清水 邦義
科研費セミナー   2013年9月10日   
天然・低温乾燥材と新建材の調温・調湿機能比較 ―寝室環境の経時的変化から―
山本篤, 松本清, 山邊結子, 福田竜大, 藤田弘毅, 川﨑章惠, 佐藤宣子, 清水邦義, 藤本登留, 岡本剛, 山田祐樹, 永野純, 光藤崇子, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 中島大輔, 安成信次, 嶋津久憲, 渡邉雄一郎
第20回日本木材学会九州支部大会   2013年9月2日   

Works

 
高齢化社会に対応した男性ホルモン調節機能を有するキノコ(霊芝)の開発
2002年
樹木タンニン類の多機能性生理活性発現機構の解明
2003年
マンネンタケからのアルドースレダクターゼ阻害成分の探索
2003年
エリンギの骨粗鬆症改善予防効果
2002年

競争的資金等の研究課題

 
樹木精油の香気成分による健康増進を切り口とする森林医薬アロマセラピーへの応用: 基盤研究(B)分担
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 清水 邦義
食品成分の脳神経機能性およびそのメカニズムの解明
基盤研究(C)分担
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 清水 邦義
霊芝トリテルペノイドの標的生体分子同定
挑戦的萌芽研究,代表
研究期間: 2014年 - 2015年
ネパール野生キノコのライブラリーと健康機能を含むデータベースの構築
基盤研究(B)代表
研究期間: 2014年 - 2015年
抗酸化成分の相互作用解析と食品機能活用への展開
基盤研究(C)分担
研究期間: 2013年 - 2015年
食料輸出の多様化にともなう取引条件、契約締結プロセス及びニーズの解明に向けた研究
基盤研究(A)分担
研究期間: 2013年 - 2015年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 清水 邦義
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 清水 邦義
研究成果の概要(和文):霊芝はマンネンタケ科のキノコで、一般的に万年茸(マンネンタケ)と呼ばれているO霊芝から特徴的な成分としてさまざまな多糖類やトリテルペノイドが単離されている。我々は、これまでに、高齢性疾患である前立腺肥大症、前立腺ガンおよび骨粗霧症の改善・予防に有効な天然素材をキノコに求め、霊芝に当該機能を有することを見いだした。霊芝に含有されるトリテルペノイド類のいくつかは、抗男性ホルモン活性ならびに破骨細胞分化抑制活性があることが明らかとなつた。特に活性成分の一つとして見いだされ...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 清水 邦義
前年度に引き続き、次世代型木材評価法の確立のためのビジランス(持続的注意力)低下抑制評価試験の改艮を行った。匂い物質提示装置を作成し、遠隔でビジランスプログラムを操作し、実験を遂行した。木材の揮発成分を定性・定量的に分析するために、SPME (Solid Phase Micro Extraction)法ならびに吸着管法を援用し、GC-MS (ガスクロマトグラフ質量分析装置)を検討し、両方法を組み合わせることによって、定性的・定量的な解析法を確立した。さらに、生理的な観点においては、脳波・心...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 光永 徹
本研究ではまずホワイトサイプレス精油成分の分画および分析を試みた。液-液分配から精油成分の多くは中性であることが明らかになった。水熱蒸留では精油成分中の揮発性に富んだ成分を分画することができ,分取カラムクロマトグラフィーを用いるとより細かな分画が可能であることが分かった。またホワイトサイプレス精油の主成分はモノテルペンの(-)-citronellic acidとセスキテルペンアルコールのguaiolであるが,時間が経過するとguaiolの他にα-,β-,γ-eudesmolの比率が増加した...

特許

 
瀬田 浩一, 加藤 暢浩, 大谷 大二郎, 兼子 謙一, 澤田 麻貴, 清水 邦義
瀬田 浩一, 加藤 暢浩, 大谷 大二郎, 兼子 謙一, 澤田 麻貴, 清水 邦義
清水 邦義, 近藤 隆一郎, 劉 潔
清水 邦義, 松原 恵理, 大貫 宏一郎, 近藤 隆一郎