向井 譲

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 02:53
 
アバター
研究者氏名
向井 譲
 
ムカイ ユズル
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 生物環境科学講座 生態環境学系 森林生態学研究室
職名
教授
学位
博士(農学)(筑波大学)
その他の所属
教育推進・学生支援機構連合農学研究科応用生物科学研究科

プロフィール

サクラの自家不和合性遺伝子の遺伝的変異に関する研究/DNA多型分析を利用してサクラの自家不和合性遺伝子(S-RNase)の遺伝的変異を解析し、自家不和合性遺伝子が遺伝子流動に及ぼす影響の解明を行うとともに、自家不和合性遺伝子座に作用する自然選択について解析する。/ブナ林の遺伝的構造と遺伝子流動に関する研究/DNA多型マーカーを利用してブナ天然林の空間的遺伝構造と遺伝子流動を調査するとともに、天然林内で人工交雑を実施し、自家不和合性や近交弱勢が遺伝子流動に及ぼす影響を調べる。/サクラ属野生種における種内の遺伝的多様性と種間関係の解明/連鎖地図にマッピングされた遺伝子座におけるサクラ属野生種の種内および種間の多様性を調べ、種分化や環境適応に関連する遺伝子座を探索する。/絶滅危惧種マメナシの保全に関する研究/絶滅危惧1Aに指定されているマメナシを対象として、繁殖能力や遺伝的多様性を調査し、保全に必要な情報整備を行う。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 助教授
 
1981年
 - 
1996年
森林総合研究所研究員
 
1996年
 - 
2001年
静岡大学農学部助教授
 
1981年4月
 - 
1996年7月
農林水産省森林総合研究所
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
岐阜大学 農学研究科 林学
 
1975年4月
 - 
1979年3月
岐阜大学  
 

委員歴

 
2000年
 - 
2001年
日本林学会  学会誌編集委員
 

受賞

 
1986年
林業科学技術振興賞
 
1998年
林木育種賞
 

論文

 
Allelic diversity of S-RNase at the self-incompatible locus in natural flowering cherrypopulations (Prunus lannesiana var. speciosa).
Kato Shuri(Shizuoka University),Mukai Yuzuru(Shizuoka University)
Heredity   92 249-256   2004年1月
Seasonal changes in the xanthophyll cycle and antioxidants in sun-exposed and shaded parts of the crown of Cryptomeria japonica in relation to rhodoxanthin accumulation duringcold acclimation.
Q. Han (Shizuoka University),Katahata S.(Shizuoka University),Kakubari Y.(Shizuoka University),Mukai Y.(Shizuoka University)
Tree Physiology   24 609-616   2004年3月
低温条件下で樹木が受ける光ストレスとその防御機能.
向井譲(静岡大学農学部)
日本林学会誌   86 48-53   2004年4月
Photosynthetic acclimation to dynamic change in environmental conditions associated with deciduous overstory phenology in Daphniphyllum humile, an evergreen understory shrub.
Katahata S(Shizuoka University),Naramoto M(Shizuoka University),Kakubari Y.(Shizuoka University),Mukai Y.(Shizuoka University)
Tree Physiology   25 437-445   2005年6月
Comparative analysis of expressed sequence tags of conifers and angiosperms reveals sequences specifically conservedin conifers.
Ujino-Ihara T(Forestry andForest Products Research Institute),Kanamori H., (orestry and Forest Products Research Institute),Yamane H(orestry and Forest Products Research Institute),Taguch Y(orestry and Forest Products Research Institute),Namiki N(orestry and ForestProducts ResearchInstitute),Mukai Y(Gifu University),YoshimuraK(orestry and Forest Products Research Institute),Tsumura Y(orestry and Forest Products Research Institute)
Plant Molecular Biology   59 895-907   2005年11月

Misc

 
Naoki Tani, Tomokazu Takahashi, Hiroyoshi Iwata, Hiroyoshi Iwata, Yuzuru Mukai, Tokuko Ujino-Ihara, Asako Matsumoto, Kensuke Yoshimura, Hiroshi Yoshimaru, Masafumi Murai, Kazutoshi Nagasaka, Yoshihiko Tsumura
Genetics   165 1551-1568
A consensus map for sugi (Cryptomeria japonica) was constructed by integrating linkage data from two unrelated third-generation pedigrees, one derived from a full-sib cross and the other by self-pollination of F 1 individuals. The progeny segregat...
Y. Mukai, Y. Suyama, Y. Tsumura, T. Kawahara, H. Yoshimaru, T. Kondo, N. Tomaru, N. Kuramoto, M. Murai
Theoretical and Applied Genetics   90 835-840
A linkage map for sugi was constructed on the basis of restriction fragment length polymorphism (RFLP), random amplified polymorphic DNA (RAPD), and isozyme loci using a three-generation pedigree prepared for genetic analysis of heartwood color. A...
Takeshi Mohri, Yuzuru Mukai, Yuzuru Mukai, Kenji Shinohara
Plant Science   127 53-60
Genetically transformed Japanese white birch (Betula platyphylla var. japonica) plants were regenerated after co-cultivation of leaf discs with Agrobacterium tumefaciens strain LBA4404 that harbored a binary vector (pBI121) which included genes fo...
S. Kato, Y. Mukai
Heredity   92 249-256   2004年3月
In the Rosaceae family, which includes Prunus, gametophytic self-incompatibility (GSI) is controlled by a single multi-allelic locus (S-locus), and the S-locus product expressed in the pistils is a glycoprotein with ribonuclease activity (S-RNase)...
Mitsue Fukui, Norihiro Futamura, Yuzuru Mukai, Yuzuru Mukai, Yunqiu Wang, Yunqiu Wang, Akinori Nagao, Kenji Shinohara
Plant and Cell Physiology   42 566-575
In flowering plants, flower organ identity is controlled by the ABC genes, including several MADS box genes. We present two MADS box genes of a conifer, Cryptomeria japonica D. Don. The genes, CjMADS1 and CjMADS2, were related to the angiosperm B ...

担当経験のある科目

 

Works

 
スギのゲノム解析とその高度利用に関する基礎的研究
1997年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 向井 讓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 向井 譲
コナラを用いて人工交雑(無受粉、自家受粉、他家受粉)をおこない、雌花・堅果の生存率と発育状況を観察した。交配様式にかかわらず受粉後 50-60 日の間に堅果内の 1 個の胚珠が成長しはじめ、残りの胚珠は成長停止した。他家受粉では胚珠の成長が続き、残りの胚珠は完全に退化した。交配様式による堅果サイズの違いは受粉後 90 日までは小さい。以降、他家受粉堅果が急成長し、無受粉や自家受粉堅果のほとんど全てが落果した。以上から、堅果の中絶は母樹が先導し、選択された胚珠が他家授精し、健全胚を形成するこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 向井 讓
絶滅危惧種マメナシの保全に必要な情報を得るため、マメナシ全個体の確認と生育状況の調査を行った結果、マメナシの個体数は465個体であり、愛知県と三重県にのみ分布していた。調査した全個体について核マイクロサテライトマーカー10座を用いて遺伝子型を決定し、個体群内の遺伝的多様性、個体群間の遺伝分化、少数、単木個体と近隣個体群との類縁関係を調査した。その結果、マメナシは種全体としての遺伝的多様性が維持されていたが、人為の加わった個体群を含めた場合には距離による分化が認められなかった。一方、自生の6...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 向井 讓
サクラ局所個体群におけるS対立遺伝子の保有状況:マメザクラ個体群(静岡県富士宮市人穴)内の開花個体及び特定の着果個体(母樹)から採取した自然交雑種子を対象として、SSRマーカーを用いて花粉親を同定した。次に、花粉親のサイズ(樹高、地上30cmの高さにおける幹断面積、樹冠面積)及び開花時期、母樹との距離が花粉親としての貢献度に及ぼす影響を調べた。花粉親のサイズや母樹との距離については、調べた母樹に共通する影響は確認できなかった。しかし、母樹周辺の開花個体密度が高い場合は、周辺個体の貢献度が高...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 向井 讓
局所個体群内で人工交雑を行い堅果の充実率を解析した結果、自家受粉での堅果の充実率は極めて低く(0〜16.2%)であり、ブナが不完全な自家不和合性を示すことが明らかになった。また、他家受粉による堅果の充実率は高かったが、花粉親によって異なった(41〜95%)。AFLPマーカー及びSSRマーカーを用いて人工交雑に用いた両親及び人工交雑により作成したF_1家系の分析を行い、母樹(140遺伝子座、12連鎖群、地図距離1037cM)及び花粉親(206遺伝子座、13連鎖群、地図距離1096cM)の連鎖...

社会貢献活動

 
「醍醐の花見」 しだれ桜ルーツ探る 岐阜大教授ら遺伝子解析
【】  京都新聞  京都新聞  2006年4月4日
社団法人 林木育種協会
【】  社団法人 林木育種協会  社団法人 林木育種協会  2008年4月1日 - 2009年3月31日
理事
「野生桜 遺伝子に乱れ」「移植ソメイヨシノと交雑」
【】  朝日新聞/朝日新聞朝刊  朝日新聞/朝日新聞朝刊  2009年1月29日
ソメイヨシノとの交雑で野生のサクラの遺伝的攪乱が生じる実態を明らかにした。
サクラの系統保全と活用に関する研究
【】  森林総合研究所  森林総合研究所  2009年2月3日
評価委員
重点課題イアa 評価会議
【】  森林総合研究所  森林総合研究所  2009年2月18日
評価委員

その他

 
2007年8月   高校生のための実験講座
森林内における光の減衰と樹木の葉の形態との関係、葉の形態と光合成能力、植物色素組成の関係についての講義と実験を担当した。/講師