藤井 陽介

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 18:32
 
アバター
研究者氏名
藤井 陽介
 
フジイ ヨウスケ

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
統計数理研究所 客員研究員
 
2012年4月
 - 
現在
気象研究所 海洋・地球化学研究部・第2研究室 主任研究官
 
2000年4月
 - 
2012年3月
気象研究所 海洋研究部第2研究室 研究官
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
GODAE OceanView  観測システム評価タスクチーム共同議長
 
2017年4月
 - 
現在
GODAE OceanView  運営委員会委員
 
2015年
 - 
現在
TPOS2020  モデル・データ同化タスクチーム メンバー
 
2016年
 - 
2018年
CLIVAR  全球観測統合パネル(GSOP) メンバー
 
2013年9月
 - 
2014年8月
IOC-GOOS  2020年の熱帯太平洋観測システムの構築に向けたワークショップ(TPOS2020)科学組織委員会
 

受賞

 
2016年2月
気象研究所 所長表彰 全球海洋データ同化システムの開発及び季節予報システムへの導入に貢献した功績
受賞者: 豊田隆寛、藤井陽介、中野英之、辻野博之、安田珠幾、高谷祐平、石川一路
 
2008年11月
GODAE GODAE Final Symposium ポスター賞
 
2008年
気象庁 長官表彰 新たな海洋解析及び予報システムを開発し、エルニーニョ監視・予測業務及び日本近海の海況監視・予報業務に貢献した業績
受賞者: 辻野博之、藤井陽介、碓氷典久、安田珠幾、石崎士郎、高谷祐平 
 
2004年9月
GODAE GODAE Summer School ポスター賞
 

論文

 
Low ocean-floor rises regulate subpolar sea surface temperature by forming baroclinic jets.
Mitsudera, H., T. Miyama, H. Nishigaki, T. Nakanowatari, H. Nishikawa, T. Nakamura, T. Wagawa, R. Furue, Y. Fujii, and S. Ito
Nature Communications   9 1190   2018年3月   [査読有り]
Japan Meteorological Agency/Meteorological Research Institute-Coupled Prediction System version 2 (JMA/MRI-CPS2): atmosphere–land–ocean–sea ice coupled prediction system for operational seasonal forecasting
Takaya, Y., S. Hirahara, T. Yasuda, S. Matsueda, T. Toyoda, Y. Fujii, H. Sugimoto, C. Matsukawa, I. Ishikawa, H. Mori, R. Nagasawa, Y. Kubo, N. Adachi, G. Yamanaka, T. Kuragano, A. Shimpo, S. Maeda, and T. Ose
Climate Dynamics   50(3-4) 751-765   2018年2月   [査読有り]
Low ocean-floor rises regulate subpolar sea surface temperature by forming baroclinic jets.
Mitsudera, H., T. Miyama, H. Nishigaki, T. Nakanowatari, H. Nishikawa, T. Nakamura, T. Wagawa, R. Furue, Y. Fujii, and S. Ito
Nature Communications   9 1190   2018年2月   [査読有り]
An assessment of air–sea heat fluxes from ocean and coupled reanalyses.
Maria Valdivieso, Keith Haines, Magdalena Balmaseda, You-Soon Chang, Marie Drevillon, Nicolas Ferry, Yosuke Fujii, Armin Köhl, Andrea Storto, Takahiro Toyoda, Xiaochun Wang, Jennifer Waters, Yan Xue, Yonghong Yin, Bernard Barnier, Fabrice Hernandez, Arun Kumar, Tong Lee, Simona Masina, K. Andrew Peterson
Clim. Dyn.   49 983-1008   2017年   [査読有り]
Ando, K., Y. Kuroda, Y. Fujii, T. Fukuda, T. Hasegawa, T. Horii, Y. Ishihara, Y. Kashino, Y. Masumoto, K. Mizuno, M. Nagura, and I. Ueki
Journal of Oceanography   73 403-426   2017年   [査読有り]

Misc

 
総説:海洋データ同化夏の学校第20回の記念開催に際して
藤井 陽介
号外海   59 6-10   2017年
亜寒帯・ベーリング海に流入する黒潮系水の移動経路の解析
藤井陽介, 三寺史夫, 中村知裕, 西垣肇, 美山透, 伊藤進一, 和川拓
月刊海洋   48 193-199   2016年
北太平洋冬季混合層深の経年から十年規模変動
豊田隆寛, 藤井陽介, 倉賀野連, 小杉如央, 笹野大輔, 蒲地政文, 石川洋一, 増田周平, 佐藤佳奈子, 淡路敏之
月刊海洋   48 177-185   2016年
A Real-time Multiple Ocean Reanalyses Intercomparison Project for Quantifying the Impacts of Tropical Pacific Observing Systems on Constraining Ocean Reanalyses and Enhancing our Capability in Monitoring and Predicting ENSO.
Y. Xue, C. Wen, A. Kumar, M. Balmaseda, Y. Fujii, G. Vecchi, G. Vernieres, O. Alves, M. Martin, F. Hernandez, T. Lee, D. Legler, and D. DeWitt
Science and Technology Infusion Climate Bullutin, 40th NOAA Climate Diagnstics and Prediction Workshop Special Issue, NOAA’s National Weather Service   Special Issue 111-118   2016年
Using models to design and evaluate ocean observing systems.
P. R. Oke, Y. Fujii, and T. Rykova
CLIVAR EXCHANGE   67(Vol19-No2) 46-49   2015年

書籍等出版物

 
データ同化. 観測・実験とモデルを融合するイノベーション
京都大学学術出版会   2009年   ISBN:978-4-87698-797-9

講演・口頭発表等

 
Coupled Prediction and data assimilation in JMA and a brief introduction of GODAE OceanView Observing System Evaluation Task Team (OSEval-TT)
Fujii, Y., Y. Takaya, T. Komorim Y. Adachi, C. Kobayashi, T. Ishibashi, and E. Remy
Bridging Sustained Observations & Data Assimilation for TPOS 2020   2018年5月   
Development of a global ocean data assimilation system based on a 4DVAR method
Fujii, Y., T. Toyoda, S. Urakawa, H. Sugimoto, and I. Ishikawa
JpGU meeting 2018   2018年5月   
Numerical Weather Prediction Experiments using a Coupled Atmosphere-Ocean Data Assimilation System in JMA/MRI (2)
Toshiyuki Ishibashi, Takeshi Iriguchi, Yosuke Fujii, Tamaki Yausda, Yuhei Takaya, Naoaki Saito, Kazutoshi Onogi
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
Impact of the spatial-temporal filtered increments for the high-resolution model
Hirose, N., N. Usui, K. Sakamoto, H. Tsujino, Y. Fujii, and G. Yamanaka
JpGU meeting 2018   2018年5月   
Precipitation-SST relationship in a reanalysis dataset by a coupled atmosphere-ocean data assimilation system of JMA/MRI
Chiaki Kobayashi, Yosuke Fujii
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
Interannual variation of ocean heat content in the Japan Sea revealed by a long-term ocean reanalysis
Hirose, N., N. Usui, T. Toyoda, Y. Fujii, and H. Tsujino
2018 Ocean Sciences Meeting   2018年2月   
Subseasonal prediction experiment using an atmosphere–ocean coupled data assimilation system
Takaya, Y., Y. Fujii, T. Ishibashi, C. Kobayashi
2018 Ocean Sciences Meeting   2018年2月   
Sensitivity analysis of sea ice using a global ocean-sea ice adjoint model
T. Toyoda, N. Hirose, L. S. Urakawa, N. Usui, Y. Fujii, H. Nakano, K. Sakamoto, H. Tsujino, G. Yamanaka, and Y. Tsutsumi
The 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans   2018年2月   
Ocean data assimilation systems in JMA and their representation of SST and sea ice fields
Fujii, Y., T. Toyoda, N. Usui, N. Hirose, Y. Takaya, C. Kobayashi, N. Saito, T. Ishibashi, T. Iriguchi, M. Nosaka, S. Hirahara, T. Komori ,and Y. Adachi
Workshop on observations and analysis of sea-surface temperature and sea ice for NWP and climate applications   2018年1月   
Observing System Evaluation Task Team. Current Status and Overview.
Fujii, Y., and Elisabeth Remy
8th Annual meeting of the GODAE Ocean View Science Team   2017年11月   

競争的資金等の研究課題

 
結合データ同化システム開発の方法と応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金による基盤研究A
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 上野 玄太
準結合同化システムのプリーディング法による海洋観測システム評価研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金による若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 藤井 陽介
気候変動に伴う水産資源・海況変動予測技術の革新と実利用化
文部科学省: 気候変動適応研究推進プログラム
研究期間: 2010年10月 - 2015年3月    代表者: 淡路 敏之
凸解析を用いた東アジア縁辺海での観測データとモデルの最適統合システムの研究開発
日本学術振興会: 国際研究協力
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 蒲地政文
凸解析の理論を応用して、効率的な海洋データ同化手法を研究する。
北太平洋長期淡水化の随伴逆探索による原因解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 蒲地政文
再解析データ、及び、海洋モデルアジョイントコードを用いて、海洋再解析データに見られた北太平洋中層水の低塩化の原因について解析する。