小川 敦司

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/05 14:07
 
アバター
研究者氏名
小川 敦司
 
オガワ アツシ
URL
http://www.pros.ehime-u.ac.jp/ogawa/
所属
愛媛大学
部署
プロテオサイエンスセンター 生体分子工学部門
職名
准教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
愛媛大学 准教授(PI)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
愛媛大学 講師(PI)
 
2008年12月
 - 
2013年3月
愛媛大学 上級研究員(PI)
 
2008年12月
 - 
2010年3月
理化学研究所 客員研究員
 
2006年4月
 - 
2008年12月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 工学研究科 分子工学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
京都大学 工学部 工業化学科
 

受賞

 
2010年4月
日本化学会 日本化学会第90春季年会優秀講演賞(学術)
 

論文

 
Atsushi Ogawa, Hiroki Masuoka, Tsubasa Ota
ACS Synthetic Biology   6(9) 1656-1662   2017年9月   [査読有り]
We constructed novel artificial riboswitches that function in a eukaryotic translation system (wheat germ extract), by rationally implanting an in vitro-selected aptamer into the intergenic internal ribosome entry site (IRES) of Plautia stali inte...
Atsushi Ogawa, Yuta Murashige, Junichiro Tabuchi, Taiki Omatsu
Molecular BioSystems   13(2) 314-319   2017年2月   [査読有り]
We have rationally constructed a novel regulation-type of artificial riboswitch that ligand-dose dependently upregulates translation initiation mediated by a 3' cap-independent translation element (3' CITE) with no major hybridization switches in ...
Atsushi Ogawa, Junichiro Tabuchi, Yasunori Doi, Masashi Takamatsu
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   26(15) 3658-3661   2016年6月   [査読有り]
We have developed a novel type of biofunction-assisted, signal-turn-on sensor for simply and homogenously detecting DNA. This sensor system is composed of two types of in vitro-transcribed label-free RNAs (a 3’ premature amber suppressor tRNA prob...
Atsushi Ogawa, Yuki Namba, Mai Gakumasawa
Organic and Biomolecular Chemistry   14(9) 2678   2016年1月   [査読有り]
© 2016 The Royal Society of Chemistry. Amber suppression is a useful method of genetically incorporating a non-natural amino acid (NAA) into a protein during translation by utilizing an NAA-charged amber suppressor tRNA (sup-tRNA). A wheat germ ex...
Atsushi Ogawa, Junichiro Tabuchi
Organic and Biomolecular Chemistry   13(24) 6681-6685   2015年6月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry 2015. We have developed a novel type of biofunction-assisted aptasensor that harnesses ligand-dependent 3′ processing of a premature amber suppressor tRNA and the subsequent amber suppression of a reporter gene in ...

書籍等出版物

 
Applied RNA Bioscience
Atsushi Ogawa (担当:分担執筆, 範囲:Chapter6 "Rational Design of Artificial Riboswitches")
Springer   2018年5月   ISBN:978-981-10-8371-6
Methods in Molecular Biology: Artificial Riboswitches
Atsushi Ogawa (担当:編者)
Springer   2014年3月   ISBN:978-1-62703-755-6
金ナノテクノロジー -その基礎と応用-
小川 敦司、前田 瑞夫 (担当:分担執筆, 範囲:第23章「金ナノ粒子を用いるバイオセンシング」)
シーエムシー出版   2009年3月   ISBN:978-4-7813-0091-7

講演・口頭発表等

 
暗視野イメージング下での金ナノ粒子の散乱分光による標的分子の検出
矢野 湧暉、二艘木 優充、矢野 雄暉、中西 文香、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保
第78回分析化学討論会   2018年5月27日   
暗視野顕微鏡を利用したナノ粒子凝集体の観察による有色サンプル中での分子検出
矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保
第78回分析化学討論会   2018年5月26日   
人工リボスイッチを活用した葉緑体遺伝子発現誘導系の評価
山根 里佳、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆、中平 洋一
第40回日本分子生物学会年会   2017年12月7日   
Rational design of artificial riboswitches that function in a eukaryotic expression system [招待有り]
Atsushi Ogawa
Protein Island Matsuyama International Symposium 2017   2017年9月13日   
Ligand-responsive upregulation of 3' CITE-mediated translation in wheat germ extract
Yuta Murashige, Junichiro Tabuchi, Taiki Omatsu, Atsushi Ogawa
Protein Island Matsuyama International Symposium 2017   2017年9月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
先端ナノ・バイオ分析研究ユニット
愛媛大学: リサーチユニット
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 座古 保
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小川 敦司
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 小川 敦司
ナノ粒子の一分子計測を取り入れた高感度分子検出法の開発
愛媛大学: 理工学研究科共同研究支援経費
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 座古 保
RNA科学の拠点形成
愛媛大学: 研究活性化事業(拠点形成支援)
研究期間: 2013年7月 - 2016年3月    代表者: 堀 弘幸
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 小川 敦司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 戸澤 譲
無細胞生命システムを利用した新しいバイオテクノロジーの開発
文部科学省: 科学技術振興調整費
研究期間: 2008年12月 - 2013年3月    代表者: 小川 敦司
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 小川 敦司
新しい分子進化法の開発とタンパク質解析技術・機能制御技術への応用
理化学研究所: 基礎科学特別研究員研究費
研究期間: 2006年4月 - 2008年12月    代表者: 小川 敦司

社会貢献活動

 
オープンキャンパス(コース紹介)
【講師, その他】  2017年8月8日 - 2017年8月9日
高大連携授業(研究紹介)
【講師, その他】  2017年8月4日
高大連携授業(研究紹介)
【講師, その他】  2017年6月22日
高大連携授業(研究紹介)
【講師, その他】  2017年5月17日
高大連携授業(研究紹介)
【講師, その他】  2016年8月25日