吉岡 有文

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/10 17:57
 
アバター
研究者氏名
吉岡 有文
 
ヨシオカ アリフミ
eメール
ayoshiokaris.ac.jp
所属
立正大学
部署
社会福祉学部 子ども教育福祉学科
職名
特任准教授
学位
理学士(青山学院大学), 教育学修士(千葉大学), 教育学修士(青山学院大学), 博士(学術)(青山学院大学)

プロフィール

 科学・物理・情報・メディア教育のあり様、あり方、科学・科学技術実践現場における学習に関心があり、フィールドワークと考察を続けきました。現在は、国語教育における説明文の学習は科学教育であるとし、自分の科学教育研究の範囲を広げています。そして、これから学校教育に本格的に導入されるであろうデジタル教科書を視野に入れつつ、メディアとしての国語の教科書、学校放送、科学教育映画等のメディアとコミュニケーション、それぞれのコミュニティについての学習論的、歴史的研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
立正大学 社会福祉学部 子ども教育福祉学科 特任准教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
立教大学 文学部 教育学科 特任准教授
 

学歴

 
1950年1月
 - 
1974年3月
青山学院大学 理工学部 物理学科
 
 
 - 
1985年3月
東京理科大学 理学専攻科物理学専攻 
 
 
 - 
1990年3月
千葉大学 教育学研究科 理科教育専攻
 
 
 - 
2003年3月
青山学院大学 文学研究科 教育学専攻
 
 
 - 
2008年3月
青山学院大学 文学研究科 教育学専攻
 

受賞

 
2010年9月
日本科学教育学会 科学教育実践賞
 
2001年6月
日本認知科学会(「教育環境のデザイン」研究分科会) 日本認知科学会研究分科会発表賞
 
1995年1月
財団法人日動火災教育振興基金 教育実践研究の個人研究の部で表彰状と研究助成金を贈呈される。
 

論文

 
博士学位論文 科学実践としての理科教育
吉岡 有文
青山学院大学      2011年3月   [査読有り]
足立 久男, 吉岡 有文
地学教育と科学運動   (63) 42-51   2010年3月   [査読有り]
吉岡 有文
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   16(3) 415-432   2009年9月   [査読有り]
In this paper, I focused on examining how innovation of school education should be from the viewpoint of situated theory, and focused on how cognitive science should be in the future. Concretely, in one case, I critically examined how Tokyo Metrop...
修士学位論文 ビッグプロジェクトへの参加としての加速器研究者の学習:高エネルギー加速器研究機構におけるフィールドワーク
吉岡 有文
青山学院大学      2003年3月   [査読有り]

Misc

 
日本の科学教育における映像メディアの学習論的・歴史的検討
吉岡 有文
立教大学教育学科研究年報   (58) 111-139   2015年3月
学習論からみた日本の「教育の情報化」における問題の提起とその解決の検討
吉岡 有文
立教大学教育学科研究年報   (56) 37-66   2013年3月

書籍等出版物

 
状況と活動の心理学:コンセプト・方法・実践
吉岡 有文 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ章 実践のドメイン、Ⅲ-5 実験室つくられたものとしての科学)
新曜社   2012年5月   
科学技術実践のフィールドワーク:ハイブリッドのデザイン
吉岡 有文 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ 10 ビッグプロジェクトにおける加速器研究者の学習:KEKBフィールドワーク)
せりか書房   2006年12月   

担当経験のある科目