辻 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:00
 
アバター
研究者氏名
辻 一郎
 
ツジ イチロウ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/90e90a00c817c2b10f4043187cf90746.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科 公衆衛生学専攻 情報健康医学講座 公衆衛生学分野
職名
教授,公衆衛生学専攻長
学位
医学博士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
2002年
東北大学医学部公衆衛生学講座 助教授
 
1993年
 - 
1996年
東北大学医学部公衆衛生学講座 講師
 
1989年
 - 
1993年
東北大学医学部公衆衛生学講座 助手
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本乳癌検診学会  理事
 
2002年
   
 
日本公衆衛生学会  評議員
 
2002年
   
 
日本消化器がん検診学会  評議員
 
2001年
   
 
日本疫学会  理事
 

受賞

 
2008年
日本医師会医学研究助成費
 
2002年
東北大学医学部奨学金賞
 
2000年
第6回日本疫学会奨励賞
 
1998年
第12回吉村記念 厚生政策研究賞
 

Misc

 
Tomata, Yasutake Zhang, Shu Sugiyama, Kemmyo Kaiho, Yu Sugawara, Yumi Tsuji, Ichiro
Age Ageing   1-4   2017年
Zhang, Shu Tomata, Yasutake Sugiyama, Kemmyo Sugawara, Yumi Tsuji, Ichiro
Br J Nutr   117(8) 1174-1180   2017年
Nakaya, Naoki Nakamura, Tomohiro Tsuchiya, Naho Narita, Akira Tsuji, Ichiro Hozawa, Atsushi Tomita, Hiroaki
Disaster Med Public Health Prep   11(2) 179-182   2017年
Kaiho, Yu Sugawara, Yumi Sugiyama, Kemmyo Tomata, Yasutake Endo, Yasuhiro Toyama, Hiroaki Yamauchi, Masanori Tsuji, Ichiro
Anesthesiology   126(4) 688-696   2017年

書籍等出版物

 
災害時のメンタルヘルス
医学書院   2016年   
健康長寿社会を実現する
大修館書店   2015年   
健康長寿社会を創る
公益財団法人健康・体力づくり事業財団   2015年   
病気になりやすい「性格」
朝日新聞出版   2010年   
コーチングを活用した介護予防ケアマネジメント
中央法規出版   2009年   

講演・口頭発表等

 
社会で健康長寿を目指すための学校教育とのつながり、早期教育の重要性について
第81回全国学校歯科保健研究大会   2017年   
Association of coffee consumption with all-site cancer incidence, all-cause mortality, and cause-specific mortality: The Three-Prefecture Cohort in Japan
The 21st International Epidemiology Association World Congress of Epidemiology   2017年   
Partners' ongong treatment for chronic disease and the risk of psychological distress after the Great East Japan Earthquake
The 21st International Epidemiology Association World Congress of Epidemiology   2017年   
Risk factors of cervix cancer, endometrial cancer and ovarian cancer in three-prefecture cohort study of Japan
The 21st International Epidemiology Association World Congress of Epidemiology   2017年   
Partners' functional disability and psychological distress in elderly Japanese: The Ohsaki Cohort 2006 Study
The 21st International Epidemiology Association World Congress of Epidemiology   2017年   

Works

 
宮城県における東日本大震災被災者の健康状態等に関する調査
2012年
生涯にわたる循環器疾患の個人リスクおよび集団のリスク評価ツールの開発を目的とした大規模コホート統合研究
2017年 - 2020年
健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究
2016年 - 2019年
後期高齢者の保健事業のあり方に関する研究
2015年 - 2018年
要介護高齢者の生活機能向上に資する効果的な生活期リハビリテーション/リハビリテーションマネジメントの在り方に関する総合的研究
2015年 - 2018年