KATO Masatsune

J-GLOBAL         Last updated: Oct 16, 2018 at 15:21
 
Avatar
Name
KATO Masatsune
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fdfd37f70693fc1a633df67e4bc583d2.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Applied Physics Applied Material Science Low Temperature Physics and Superconductivity Physics
Job title
Associate Professor
Degree
理学博士(Hiroshima University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1991
物理学, Graduate School, Division of Natural Science, Hiroshima University
 
 
 - 
Mar 1985
物理学, Faculty of Science, Nagoya University
 

Committee Memberships

 
Feb 2001
 - 
Jan 2005
応用物理学会  代議員
 
Apr 2005
 - 
Mar 2010
応用物理学会超伝導分科会  幹事
 
Jan 2006
 - 
Dec 2007
応用物理学会東北支部  庶務幹事
 
Apr 2013
 - 
Today
低温工学・超電導学会 東北・北海道支部  役員
 
Aug 2012
 - 
Today
応用物理学会東北支部  企画委員
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
応用物理学会  代議員選考委員
 
Jan 2002
 - 
Dec 2003
応用物理学会東北支部  会計監査
 
Jan 2000
 - 
Dec 2001
応用物理学会東北支部  会計幹事
 

Awards & Honors

 
Sep 1997
IUMRS-ICA-97 Young Researcher Award, International Union of Materials Research Societies
 
Feb 1993
第9回井上研究奨励賞, 井上科学振興財団
 
Dec 1997
第9回日本MRS学術シンポジウム講演奨励賞, 日本MRS
 
Aug 2016
特別研究員事業及び国際交流事業に係る書面審査において、有意義な審査意見を付した専門委員に対する表彰, 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰, 日本学術振興会
 
Jun 2013
JPSJ Papers od Editors' Choice, Journal of the Physical Society of Japan
Winner: T. Adachi, Y. Mori, A. Takahashi, M. Kato, T. Nishizaki, T. Sasaki, N. Kobayashi, Y. Koike
 

Published Papers

 
New Intercalation Superconductors Ax(C2H8N2)yMoSe2 (A = Ca, Sr, Ba) Synthesized by Solvothermal Method
Kazuki Sato, Takashi Noji, Shota Ueno, Takayuki Kawamata, Masatsune Kato, and Yoji Koike
Journal of the Physical Society of Japan   87(11) 113702-1-113702-4   Nov 2018   [Refereed]
New Lithium- and Diamine-Intercalated Superconductors Lix(CnH2n+4N2)yMoSe2 (n = 2, 6)
K. Sato, T. Noji, T. Hatakeda, T. Kawamata, M. Kato and Y. Koike
Journal of the Physical Society of Japan   87 054704-1-054704-8   May 2018   [Refereed]
Impurity Effects on the Electronic State in the Undoped (Ce-free) Superconductor T’-La1.8Eu0.2CuO4 Studied by Muon Spin Relaxation
T. Kawamata, K. Ohashi, T. Takamatsu, T. Adachi, M. Kato, I. Watanabe, and Y. Koike
Journal of the Physical Society of Japan   87(9) 094717-1-094717-5   Sep 2018   [Refereed]
Dependence of T c on the RE-ion size in (RE,Ca)Ba2Cu3O6
K. Nakagawa, Y. Sumino, H. Chiba, K. Kim, T. Noji, M. Kato and Y. Koike
Journal of Physics: Conference Series   1054 012011-1-012011-5   2018   [Refereed]
Superconductivity above 100 K in the Bi-2212 phase of (Bi,Pb)2Sr2CaCu2O8
K. Sugawara, C. Sugimoto, T. Luo, T. Kawamata, T. Noji, M. Kato and Y. Koike
Journal of Physics: Conference Series   1054 012008-1-012008-4   2018   [Refereed]

Misc

 
新しい電子ドープ型銅酸化物高温超伝導体LixSr2CuO2Br2
加藤雅恒,梶田徹也,小池洋二
未踏科学技術協会超伝導科学技術研究会会報「FSST NEWS」   105 1-3   2005
アルカリ金属水酸化物溶融塩を用いた酸化物超伝導体の低温合成
今井良宗,加藤雅恒,小池洋二
固体物理   43 507-517   2008
加藤雅恒,阿部祐二,小池洋二
粉体および粉末冶金   47 1128-1132   2000
電子レンジを用いた高温超伝導体の合成
加藤雅恒,榊原健二,小池洋二
固体物理   33 923-928   1998
複合金属水酸化物前駆体法による低温合成
長井一郎,加藤雅恒,小池洋二
固体物理   36 777-784   2001

Books etc

 
第5版 実験化学講座 23 無機化合物
加藤雅恒、山根久典 (Part:Joint Work, 6章 6.3.2項 層状ペロブスカイト型 418頁~438頁)
丸善   Mar 2005   
超伝導ハンドブック
加藤雅恒、三宅和正 (Part:Joint Work, 2.6 「BKBO, (Nb,Ta)Se3, (Pb,Tl)Te」 pp.101-112)
朝倉書店   Dec 2009   
超伝導現象と高温超伝導体
加藤雅恒 (Part:Joint Work, 第3編 第1章 第5節 新しいT’構造銅酸化物超伝導物質 435頁~441頁)
エヌ・ティー・エス   Mar 2013   ISBN:978-4-86469-057-7
技術予測レポート2023
加藤雅恒 (Part:Joint Work, 下巻 pp.189-201 新しい高温超伝導物質の探索と展望)
(株)日本能率協会総合研究所   2013   

Conference Activities & Talks

 
銅酸化物高温超伝導体のソフト化学合成 [Invited]
加藤雅恒
第10回固体イオニクスセミナー   31 Aug 2014   
水素吸蔵型YBa2Cu3O7-dHxの超伝導
柳生穂高、野地尚、小池洋二
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   4 Sep 2013   
酸素欠損型(RE,Ca)Ba2Cu3O6の超伝導
金鍵、加藤雅恒、野地尚、小池洋二
日本セラミックス協会 2013年年会   17 Mar 2013   
Nd2CuO4構造を有するLa2CuO4系超伝導体の低温合成
高松智寿、野地尚、小池洋二
第51回セラミックス基礎科学討論会   9 Jan 2013   
元素置換によるY-123系銅酸化物超伝導転移温度の向上の試み
金鍵、野地尚、小池洋二
第51回セラミックス基礎科学討論会   9 Jan 2013   

Research Grants & Projects

 
Synthesis of New High-Tc Superconductors
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1987 - Today

Social Contribution

 
高温超電導の新物質を合成
[Informant]  読売新聞  23 Nov 2004
ストロンチウム銅オキシブロマイドに対して、電気化学的にリチウムを挿入することにより超伝導化に成功した。第三の電子注入型で、かつ、ホール注入型と同じ結晶構造を有するため、高温超伝導の発現メカニズムの解明に有力な情報を与えることが期待される。
「レンジでチン!」で超伝導セラミックス
[Informant]  朝日新聞  23 Jun 1997
家庭用電子レンジで加熱するだけで高温超伝導セラミックスを簡単に合成する方法を開発した。
ランタン系銅酸化物に超電導物質 電子取り除き発現 東北大
[Informant]  日刊工業新聞  29 Jun 2012
夏休み子ども科学キャンパス
[Others]  27 Jul 2016
夏休み子ども科学キャンパス(主催:東北大学,仙台市教育委員会)として、2日間にわたり、午前午後の各2時間、1グループ15名の仙台市の小学六年生に対して、「超低温の不思議 ~マイナス200℃の世界を体験しよう~」というタイトルで、講義とデモンストレーションを行った。
秋休み子ども科学キャンパス
[Others]  13 Oct 2015 - 14 Oct 2015
東北大学,仙台市教育委員会が主催する仙台市内の小学6年生を対象とした科学実験の体験

Others

 
Jul 2011   水素化合物の革新的合成法の開発と新高温超伝導物質の創製
 最も軽い元素である水素を含む化合物では、極めて高い振動数で水素原子が振動するため、銅酸化物高温超伝導物質を超える超伝導転移温度を有する最も有力な候補物質です。本研究では、まず、危険な水素ガスボンベの代わりに還元剤を用いて、簡便で安全な水素化合物合成法を新しく開発します。そして、この手法を用いて種々の水素化合物を合成し、その基礎物性を調べ、水素化合物における高温超伝導物質創製の指針を構築します。
Jun 2009   ソフト化学法を用いた新奇な超伝導物質の探索
リチウム、マグネシウムなどを電気化学的にインターカレーションしたり、低温合成により新奇な超伝導物質を創製する。
Jun 2009   アルカリ金属水酸化物溶融塩を用いた機能性酸化物の低温合成
アルカリ金属水酸化物溶融塩を用いて、数百℃という低温で、超伝導物質や電池電極材料等の機能性酸化物を合成する。
Dec 2003   電荷秩序を抑制した量子臨界点近傍における新超伝導物質の創製
アルカリ金属水酸化物を溶融塩として用いて低温でBaBiO3系超伝導体を合成した。
Apr 1999   マイクロ波低温水熱合成による新高温超伝導物質の開発
家庭用電子レンジを用いた水熱合成によるBi系酸化物超伝導体の合成