後藤 哲雄

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/03 02:54
 
アバター
研究者氏名
後藤 哲雄
 
ゴトウ テツオ
URL
http://www.nhm.ac.uk/hosted_sites/acarology/saas/member/Gotoht.htm
所属
茨城大学
部署
農学部 生物生産科学科
職名
教授,農学部生物生産科学科長,農学野生物生産科学領域長,農学研究科修士課程生物生産科学専攻長,農学部生物生産科学科長,農学野生物生産科学領域長,農学研究科修士課程生物生産科学専攻長
学位
農学修士(千葉大学), 農学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1985年
:日本学術振興会奨励研究員
 
1985年
 - 
1994年
:茨城大学助手農学部
 
1990年
 - 
1991年
:文部省在外研究員(若手)、オランダ・アムステルダム大学
 
1994年
 - 
2001年
:茨城大学助教授農学部
 
2001年
   
 
-:茨城大学教授農学部
 

委員歴

 
 
   
 
日本応用動物昆虫学会:英文誌編集責任者、常任評議員、評議員、編集委員、「農林有害動物・昆虫名鑑」編集委員、「賞および奨励金等候補者選考委員会」委員、編集委員長
 
2010年
 - 
2012年
日本ダニ学会:会長(2010-2012)、評議員、編集委員長、編集幹事、会計幹事
 
2008年
 - 
2009年
農林害虫防除研究会:常任幹事、会長(2008-2009)
 
 
   
 
独)科学技術振興機構・科学技術振興調整費「生物・生態研究評価WG」委員
 
 
   
 
独)日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
 

受賞

 
2003年
日本応用動物昆虫学会賞
 

Misc

 
Development and reproduction of five Tetranychus species (Acari: Tetranychidae): Do they all have the potential to become major pests?
Gotoh, T., D. Moriya and G. Nachman
Exp. Appl. Acarol.   66(4) 453-479   2015年
Nachman, G. and T. Gotoh (2015) Modeling the effects of constant and variable temperatures on the vital rates of an age-, stage- and sex-structured population by means of the SANDY approach
Nachman, G. and T. Gotoh
Environ. Entomol.   44(3) 821-834   2015年
Deoxidant-induced anoxia as a physical measure for controlling spider mites (Acari: Tetranychidae)
Suzuki, T., C.-H. Wang, T. Gotoh, H. Amano and K. Ohyama
Exp. Appl. Acarol.   65(3) 293-305   2015年
Effects of constant and variable temperatures on development and reproduction of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae). 46 (4): 465-478.
Gotoh, T., M. Saito, A. Suzuki and G. Nachman
Exp. Appl. Acarol.   64(4) 465-478   2014年
Life history parameters of three phytophagous spider mites, Tetranychus piercei, T. truncatus and T. bambusae (Acari: Tetranychidae)
Ullah, M. S., T. Gotoh and U. T. Lim
J. Asia-Pacific Entomol   17(4) 767-773   2014年

書籍等出版物

 
ダニのはなし
朝倉書店   2016年   ISBN:978-4-254-64043-4
原色図鑑 外来害虫と移入天敵
全国農村教育協会   2012年   ISBN:978-4-88137-164-0
原色植物ダニ検索図鑑
全国農村教育協会   2009年   
ポケット版 改訂植物ダニ図鑑
日産化学工業(株)   2008年   
Comparison between Taiwanese and Japanese populations of Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) in diapause characteristics and DNA sequences. In: Acarology XI (Morales-Malacara, J.B., V. Behan-Pelletier, E. Ueckermann,T.M. Perez, E.G. Est・・・
Universidad Nacional Autonoma de Mexico, Mexico   2007年   
Comparison between Taiwanese and Japanese populations of Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) in diapause characteristics and DNA sequences. In: Acarology XI (Morales-Malacara, J.B., V. Behan-Pelletier, E. Ueckermann,T.M. Perez, E.G...

講演・口頭発表等

 
カンザワハダニ系統の寄主適応および農薬抵抗性の分子機構
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会   2016年   
UV-B sensitivity and photoreactivation in eggs of spider mites and predatory mites (Acari: Tetranychidae, Phytoseiidae)
The 3rd Asia-Pacific Conference on Life Science and Engineering   2015年   
Effect of thermoperiod on diapause induction in Eotetranychus smithi (Acari: Tetranychidae)
The 3rd Asia-Pacific Conference on Life Science and Engineering   2015年   
Effects of light quality and intensity of night interruption on diapause induction of Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae)
The 3rd Asia-Pacific Conference on Life Science and Engineering   2015年   
Comparison of the efficacy of multiple small light traps and a single large light trap deployed in a darkroom for controlling the cigarette beetle, Lasioderma serricorne (Coleoptera: Anobiidae)
The 3rd Asia-Pacific Conference on Life Science and Engineering   2015年   

Works

 
新農薬による各種害虫の生態と防除に関する研究VII
2015年 - 2016年
新農薬による各種害虫の生態と防除に関する研究VI
2014年 - 2015年
新農薬による各種害虫の生態と防除に関する研究V
2013年 - 2014年
新農薬による各種害虫の生態と防除に関する研究Ⅳ
2012年 - 2013年
新農薬による各種害虫の生態と防除に関する研究
2010年4月 - 2011年12月

競争的資金等の研究課題

 
ハダニ類の生態と遺伝に関する研究
研究期間: 1978年   
ハダニ類の分類に関する研究
研究期間: 1988年   
DNA塩基配列に基づくハダニ類の系統解析
研究期間: 1995年