大矢 銀一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 23:41
 
アバター
研究者氏名
大矢 銀一郎
 
オオヤ ギンイチロウ
eメール
g_ioyacc.utsunomiya-u.ac.jp
所属
宇都宮大学
職名
名誉教授
学位
工学博士(東北大学), 工学修士(東北大学)

プロフィール

超伝導エレクトロニクス分野において、超伝導材料・素子開発に従事して下記の研究成果を得た.
1969-1984: 化合物超伝導体 NbNx、Nb3Ge, V3Si の薄膜化技術の開発.
1983-1985: 超伝導量子干渉素子 SQUID のディジタル素子応用への基礎特性の解明.
1985-1989: エレクトロニクス応用への高品質 Nb 単結晶薄膜の開発.
1987-1990: 電子素子用絶縁体 Al2O3 単結晶超薄膜の分子層エピタキシー技術の開発.
1988-1995: 高温超伝導体 YBa2Cu3Oy 単結晶薄膜およびYBa2Cu3Oy/SrTiOz 多層膜の反応性スパッタリング法による成長、およびNb-YBa2Cu3Oy点接触ジョセフソン接合の開発.
1991-2012: 高温超伝導体 (Bi,Pb)2Sr2CaCu2Od 単結晶から発現する固有ジョセフソン効果の発見、その実験・理論両面からの特性解明、そして同効果素子による dcSQUID, THz波発振器・検出器等の開発.

研究分野

 
 

経歴

 
1974年4月
 - 
1982年9月
 東北大学 電気通信研究所 助手
 
1976年10月
 - 
1977年12月
 ドイツ ギーセン大学 応用物理学研究所 アレクサンダー・フォン・フムボルト財団奨学研究員
 
1982年10月
 - 
1990年3月
 東北大学 電気通信研究所 助教授
 
1990年4月
 - 
2012年3月
 宇都宮大学 工学部/工学研究部 教授
 
2012年4月
 - 
現在
宇都宮大学 名誉教授
 

学歴

 
1965年4月
 - 
1969年3月
東北大学 工学部 電気工学科
 
1969年4月
 - 
1974年3月
東北大学 大学院工学研究科 電気及び通信工学専攻
 

委員歴

 
1985年1月
 - 
1987年12月
電気学会  ジョセフソン・デバイス調査専門委員会 委員
 
1988年4月
 - 
1990年3月
電気学会  超電導デバイス調査専門委員会 委員
 
1990年6月
 - 
1993年5月
電気学会  超電導エレクトロニクス調査専門委員会委員
 
1993年6月
 - 
1996年5月
電気学会  低温エレクトロニクス調査専門委員会 委員
 
1996年7月
 - 
1999年6月
電気学会  低温電子工学調査専門委員会 委員
 
1999年10月
 - 
2002年9月
電気学会  超電導材料と電子デバイス調査専門委員会 委員
 
1991年6月
 - 
1998年1月
電気学会  電気物理技術委員会 1号委員
 
1995年6月
 - 
1999年3月
電気学会  東京支部協議員(栃木支所長)
 
1989年5月
 - 
2014年3月
電子情報通信学会  超伝導エレクトロ二クス研究専門委員会 専門委員
 
1987年10月
 - 
2012年9月
日本学術振興会 超伝導エレクトロニクス第146委員会  本委員会委員
 

受賞

 
1986年
財団法人金属研究助成会 研究奨励賞
 
2011年
宇都宮大学 工学研究科長賞
 

論文

 
G. Oya, T. Miyasaka, M. Kitamura, A. Irie
Physics Procedia   36 343-348   2012年   [査読有り]
A. Irie, D. Oikawa, G. Oya
Physics Procedia   36 199-204   2012年   [査読有り]
Terahertz Electromagnetic Radiation from Bi2Sr2CaCu2Oy Intrinsic Josephson Junction Stack
D. Oikawa, A. Irie, K. Yamaki, G. Oya
Physics Procedia   27 312-315   2012年   [査読有り]
A. Irie, N. Arakawa, M. Kitamura, H. Sakuma, G. Oya
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   21(3) 741-744   2011年   [査読有り]
N.B. Othman, G. Oya, M. Kitamura, A. Irie
IEEE Transactions on Applied Superconductivity (EUROPEAN SUPERCONDUCTIVITY NEWS FORUM 15)   21(3) 176-179   2011年   [査読有り]

Misc

 
THz Emission and Response of Intrinsic Josephson Junctions
A. Irie, D. Oikawa, K. Tamura, K. Yamaki, G. Oya
The 8th International Symposium on Intrinsic Josephson Effects and Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors (PLASMA 2012)   65   2012年6月
Spin Depended Transport Properties in Intrinsic Josephson Junctions
A. Irie, M. Konishi, N. Arakawa, G. Oya
12th International Superconductive Electronics Conference   TD-P30   2009年6月
Intrinsic Josephson Junction SQUIDs
A. Irie, S. Takayashiki, G. Oya
Joint Meeting of CTC-NES and PLASMA 2004   I1   2004年11月
The Influence of Magnetic Field on the Subgap Structures in (Bi1-xPbx)2Sr2CaCu2Oy Intrinsic Josephson Junctions
H. Kaneoya, A. Irie, G. Oya
Joint Meeting of CTC-NES and PLASMA 2004   P29   2004年11月
Phenomenological Calculations for the Gap and Free Energy of a Superconducting Layer in BSCCO
M. Kitamura, A. Irie, G. Oya
Joint Meeting of CTC-NES and PLASMA 2004   P32   2004年11月

書籍等出版物

 
薄膜ハンドブック
日本学術振興会薄膜第131委員会編 (担当:分担執筆, 範囲:超電導薄膜デバイスの製作法 〔1〕 超電導薄膜)
オーム社   1983年   
光コンピュータ
稲場文男編 (担当:分担執筆, 範囲:量子状態の制御によるコンピュータデバイス)
オーム社   1985年   
極微溝造エレクトロニクス
難波進編著 (担当:分担執筆, 範囲:超伝導体における量子状態間遷移)
オーム社   1986年   
トンネル現象の物理と応用
武内義尚・御子柴宣夫共編 (担当:分担執筆, 範囲:ジョセフソン接合材料の課題)
培風館   1987年   
High Temperature Superconducting Electronics ―Basis for Materials and Device Structures―
Ko Hara, Editor (担当:分担執筆, 範囲:Intrinsic Josephson Tunneling in Single Crystal of (Bi, Pb)2Sr2CaCu2Oy)
Ohmsha, IOS Press   1993年   

講演・口頭発表等

 
Resonant States in Vortex Flow in Stacked Intrinsic Josephson Junctions of (Bi1-xPbx)2Sr2CaCu2Oy [招待有り]
Gin-ichiro OYA
The 6th International Symposium on Intrinsic Josephson Effect and Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors   2008年7月17日   
Josephson-Vortex Flow in Stacked Intrinsic Josephson Junctions in Bi2Sr2CaCu2Oy [招待有り]
Gin-ichiro OYA
Joint Meeting of FIMS/ITS-NS/CTC/PLASMA-2004   2004年11月26日   
Approach to rf Devices of Bi2Sr2CaCu2Oy Intrinsic Josephson Junctions [招待有り]
Gin-ichiro OYA
EuroConference on the Physics and Applications of the Intrinsic Josephson Effect -Future Perspectives of Superconducting Josephson Devices-   2002年6月29日   
New Features of Subgap Structures in Intrinsic Josephson Junctions of (Bi1-xPbx)2Sr2CaCu2Oy [招待有り]
Gin-ichiro OYA
2nd International Symposium Intrinsic Josephson Effects and Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors   2000年8月22日   
Current-Vortage Characteristics of Mesa-Shaped (Bi1-xPbx)2Sr2CaCu2Oy Single Crystals [招待有り]
Gin-ichiro OYA
(社)未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会 Workshop on the Intrinsic Josephson Phenomena   1998年12月4日   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

Works

 
銅酸化物超伝導体固有ジョセフソン接合超格子の特性解析プログラムの開発
北村通英,入江晃亙,大矢銀一郎   コンピュータソフト   2002年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
超伝導超格子のテラヘルツ波ー磁束量子ー電子対相互作用制御とデバイス化への基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 大矢 銀一郎
超伝導超格子結晶を用いた定電圧発生装置
科学技術振興事業団: 受託研究
研究期間: 2002年       代表者: 大矢 銀一郎
微小ジョセフソン超格子におけるメゾスコピック現象発現制御とデバイス化への基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 大矢 銀一郎
極限環境状態における現象
科学技術振興事業団: 戦略的基礎研究推進事業
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 山下 努
テラヘルツ帯チューナブル高温ジョセフソン超格子発振素子の試作
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 大矢 銀一郎

特許

 
特許第4129522号 : 定電圧発生装置及び定電圧発生装置の製造方法
入江晃亘,大矢銀一郎
特許第2674680号 : 超伝導超格子結晶デバイス
大矢銀一郎,入江晃亘
特許第2674680号
特許第1278380号 : 平面型ジョセフソン接合素子およびその製法
大矢銀一郎,中島康治

社会貢献活動

 
超伝導の話
【講師】  宇都宮大学,  宇都宮女子高等学校出張講義  2005年8月22日
超伝導デバイス開発に向けて進む材料研究
【取材協力】  日本半導体製造装置協会  SEAJ Journal  1995年5月31日
プラズマ応用に関する研究
【報告書執筆】  栃木県産業技術振興協会,  テクノポリス  1994年10月20日
ハイテクの散歩道(とちぎの研究室から)ー超伝導ー
【寄稿】  宇都宮大学,  下野新聞  1994年10月4日
工業用サファイア単結晶薄膜作り、初の成功-新素材の開発に道開くー
【取材協力】  東北大学電気通信研究所,  毎日新聞  1985年9月30日