WADA Ko-hei

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
WADA Ko-hei
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Economics
Job title
Professor
Research funding number
30286950

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 1999
中央大学経済学部助手
 
Apr 1999
 - 
Mar 2006
中央大学経済学部助教授
 
Apr 2006
   
 
中央大学経済学部教授
 

Education

 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
経済学専攻, Graduate School, Division of Economics, Chuo University
 

Awards & Honors

 
Mar 2009
第11回日本人口学会賞普及奨励賞受賞により, 中央大学学術研究奨励賞, 中央大学
 
Jun 2008
『Excelで学ぶ人口統計学』(オーム社、2006年9月), 第11回日本人口学会賞普及奨励賞, 日本人口学会
 

Misc

 
出生率の測り方と読み取り方
和田光平
月刊誌「統計」   (平成29年3月号)    Mar 2017
灰色理論による外国人の国際人口移動の将来予測
経済学論纂   53(5・6) 539-550   Mar 2013
Market Size Projections based on the Age Structural Changes of Households in Japan
Kohei Wada
The Annual of the Insititute of Economic Research   (41)    Oct 2010
Demographic Structural Changes and |rn|the Impact on the Consumption Market in Japan
Kohei Wada
経済学論纂   第50巻(第5・6合併号) 23-39   Mar 2010
書評「R.Clark, N. Ogawa, and A. Mason (eds.) Population Aging, Intergenerational Transfers and the Macroeconomy
『人口学研究』   (43) 71-74   Nov 2008

Books etc

 
高校生からの経済入門
中央大学経済学部 (編集) (Part:Joint Work)
中央大学出版部   Aug 2017   
2025年の日本 破綻か復活か
駒村 康平 (Part:Joint Work, 第1章「避けられない日本の人口減少と高齢化-出生、死亡、移動の動向から-」)
勁草書房   Sep 2016   
ポスト人口転換期の日本
佐藤龍三郎・金子隆一 (Part:Joint Work, 第6章「経済システムの変容」)
原書房   Jul 2016   
人口統計学の理論と推計への応用
オーム社   Mar 2015   
Excelで学ぶ人口統計学
オーム社    Sep 2006   

Conference Activities & Talks

 
将来の家族と働き方、そして将来人口のシミュレーション
和田光平
人口学研究会 定例研究会   16 Mar 2019   人口学研究会
災害被害想定の人口学的再検証 -南海トラフ地震を事例に-
災害適応科学プラットフォーム 国際シンポジウム   Mar 2018   
人口学の予測する未来とマーケティング
電通総研   Mar 2018   
人口推計と災害予測
人口学研究会 定例研究会   Feb 2018   
Japanese Financial Market Size Projections Based on the Demographic Segmentation
Kenta Iizuka
Population Association of America   May 2015   

Research Grants & Projects

 
高年齢期平均余命の伸長に伴う長生きのリスクヘッジに関する実証研究
一般財団法人 全国勤労者福祉・共済振興協会: 受託研究費
Project Year: Jan 2017 - Dec 2017    Investigator(s): 和田光平
 平均寿命伸長の要因が、青壮年期までの死亡率低下から近年では主に高年齢期のそれへと移行しており、自分の死期をより早期と推定する長生きのリスクによる老後破産を予防するため、人口統計学による生存関数の将来推計結果を、貯蓄に関する経済モデルに組み合わせ、勤労者のライフコースに沿った共済や保険等の年金型金融商品の利用や多様な働き方に基づく生活資金のポートフォリオによる最適なリスクヘッジングを実証的に探究する。
生存関数が矩形化する高齢人口の貯蓄行動と生命保険利用による長生きのリスクヘッジと世代間所得移転の研究
公益財団法人かんぽ財団: 民間助成金
Project Year: Jul 2014 - Jun 2015    Investigator(s): 和田光平
生存関数が矩形化する高齢人口の貯蓄行動と証券化商品の利用による長生きのリスクヘッジと世代間所得移転の研究
公益財団法人石井記念証券研究振興財団: 民間助成金
Project Year: Apr 2014 - Mar 2016    Investigator(s): 和田光平
人口動態を踏まえた日本の国と社会のかたち
学術振興会: 受託研究費
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 阿部正浩
被災地における実態調査と地理情報システムに基づいた被災高齢者のための商業・公共施設の最適立地分析と政策研究
公益財団法人大林財団: 民間助成金
Project Year: Apr 2012 - Mar 2013