井原 泰雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/21 19:16
 
アバター
研究者氏名
井原 泰雄
 
イハラ ヤスオ
URL
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~shinkajin/
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科 生物科学専攻
職名
講師
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

論文

 
Kurokawa S, Ihara Y
Journal of Theoretical Biology   415 20-31   2017年2月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Evolution and Human Behavior   38 117-124   2017年1月   [査読有り]
Ihara Y, Collins DA, Oda R, Matsumoto-Oda A.
Behavioral Ecology and Sociobiology   70 1921-1930   2016年8月   [査読有り]
Ihara Y
International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences 2nd edition (J. D. Wright editor-in-chief)   11 335-339   2015年4月   [査読有り]
Tamura K, Kobayashi Y, Ihara Y
Journal of the Royal Society, Interface / the Royal Society   12(104) 20141285   2015年3月   [査読有り]
Kurokawa S, Ihara Y
Theoretical Population Biology   84 1-8   2013年3月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3(2) 25-29   2012年12月   [査読有り]
Nojo S, Tamura S, Ihara Y
Human Nature   23(3) 323-340   2012年9月   [査読有り]
Seki M, Ihara, Y
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3(2) 12-16   2012年8月   [査読有り]
Seki M, Ihara Y, Aoki K
Annals of Human Biology   39(1) 28-35   2012年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
文化進化の考古学(中尾央・松木武彦・三中信宏編)
井原 泰雄 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 現代的な文化進化の理論)
勁草書房   2017年8月   
行動生物学辞典(上田恵介ほか編)
井原 泰雄 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2013年11月   
ヒトはどのように進化してきたか(松本晶子・小田亮監訳)
Rボイド・JBシルク (担当:共訳, 範囲:第1・3章)
ミネルヴァ書房   2011年7月   

講演・口頭発表等

 
言語進化の生態学的側面
井原 泰雄
第47回ホミニゼーション研究会   2017年12月19日   
化石データから推定される古人類の出産間隔
中橋 渉、堀内 史朗、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第10回大会   2017年12月9日   
配偶者選択が表現型の集団間差異に与える効果
能城 沙織、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第10回大会   2017年12月9日   
Evolution of physical weakness by social selection through choice of collaborative partners
Ihara Y
Kyoto Conference on Evolinguistics   2017年11月11日   
腸内細菌叢における多様性傾向のシミュレーションによる要因研究
織原 健人、井原 泰雄
第71回日本人類学会大会   2017年11月4日   
古人類の出産間隔の推定
中橋 渉、堀内 史朗、井原 泰雄
第71回日本人類学会大会   2017年11月3日   
古人類はどのように生きていたか?
中橋 渉、堀内 史朗、井原 泰雄
第27回日本数理生物学会年会   2017年10月6日   
Quantifying cultural macro-evolution: A case study of the hinoeuma fertility drop
Tamura K, Ihara Y
Inaugural Cultural Evolution Society Conference   2017年9月13日   
An introduction to mathematical modeling in evolutionary archaeology
Ihara Y
Perspectives on Prehistoric Cultural Evolution: From Archaeology to Behavioral Experiment (organized by K. Tamura, Y. Ihara, and H. Nakao)   2017年8月7日   
文化進化がヒトの繁殖に及ぼす影響 [招待有り]
井原 泰雄
第21回進化経済学会年次大会   2017年3月26日   

経歴

 
2004年3月
 - 
現在
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 講師
 
2001年8月
 - 
2004年3月
Stanford University The Feldman Lab, Department of Biological Sciences Postdoctoral fellow
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 生態人類学研究室
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 理学部 生物学科
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学 教養学部 理科2類