井原 泰雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/17 17:17
 
アバター
研究者氏名
井原 泰雄
 
イハラ ヤスオ
URL
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~shinkajin/
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科 生物科学専攻
職名
講師
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

論文

 
Nojo S, Ihara Y
Journal of Theoretical Biology   462 1-11   2019年2月   [査読有り]
Kurokawa S, Wakano JY, Ihara Y
Games   9(4) 100   2018年12月   [査読有り]
Nakahashi W, Horiuchi S, Ihara Y
Population Ecology   60 127-142   2018年4月   [査読有り]
Kurokawa S, Ihara Y
Journal of Theoretical Biology   415 20-31   2017年2月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Evolution and Human Behavior   38 117-124   2017年1月   [査読有り]
Ihara Y, Collins DA, Oda R, Matsumoto-Oda A.
Behavioral Ecology and Sociobiology   70 1921-1930   2016年8月   [査読有り]
Ihara Y
International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences 2nd edition (J. D. Wright editor-in-chief)   11 335-339   2015年4月   [査読有り]
Tamura K, Kobayashi Y, Ihara Y
Journal of the Royal Society, Interface / the Royal Society   12(104) 20141285   2015年3月   [査読有り]
Kurokawa S, Ihara Y
Theoretical Population Biology   84 1-8   2013年3月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3(2) 25-29   2012年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ムカシのミライ:プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話(阿子島香、溝口孝司監修)
井原 泰雄 (担当:分担執筆, 範囲:はじめに)
勁草書房   2018年10月   
進化心理学を学びたいあなたへ:パイオニアからのメッセージ(王・蘇編、平石ら監訳)
井原 泰雄 (担当:分担執筆, 範囲:ダーウィニズムの最後のピース)
東京大学出版会   2018年5月   
文化進化の考古学(中尾央・松木武彦・三中信宏編)
井原 泰雄 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 現代的な文化進化の理論)
勁草書房   2017年8月   
行動生物学辞典(上田恵介ほか編)
井原 泰雄 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2013年11月   
ヒトはどのように進化してきたか(松本晶子・小田亮監訳)
Rボイド・JBシルク (担当:共訳, 範囲:第1・3章)
ミネルヴァ書房   2011年7月   

講演・口頭発表等

 
文化中心から拡散する文化的形質に関する数理モデル
高橋 拓也、井原 泰雄
日本人間行動進化学科第11回大会   2018年12月1日   
声は向社会性のシグナルになるか
徳増 雄大、井原 泰雄
日本人間行動進化学科第11回大会   2018年12月1日   
(非)言語行動から言語進化に迫る:ウェブカメラの映像を用いた探索的観察
森田 理仁、井原 泰雄
日本人間行動進化学科第11回大会   2018年12月1日   
腸内細菌と文化の共進化
織原 健人、井原 泰雄
第72回日本人類学会大会   2018年10月19日   
文化の系統と拡散
井原 泰雄
新学術研究領域「共創言語進化」第2回領域全体会議   2018年8月7日   
非血縁個体間の教示行動の進化
高橋 拓也、井原 泰雄
新学術研究領域「共創言語進化」第2回領域全体会議   2018年8月7日   
言語に関わる諸側面の究極要因:歌、(非)言語行動・子育て
森田 理仁、井原 泰雄
新学術研究領域「共創言語進化」第2回領域全体会議   2018年8月7日   
Cultural phylogeny and diffusion [招待有り]
Ihara Y
The (co-)evolution of genes, languages, and music from data analyses to theoretical models   2018年7月17日   
腸内細菌の集団多様性を生みだす機構解明
織原 健人、井原 泰雄
第18回東京大学生命科学シンポジウム   2018年6月9日   
Dispersal to islands by the Pleistocene humans: evaluating alternative scenarios [招待有り]
Ihara Y, Kaifu Y
The 1st AsioEvo Conference   2018年4月18日   

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 生態人類学研究室
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 理学部 生物学科
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学 教養学部 理科2類
 

経歴

 
2004年3月
 - 
現在
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 講師
 
2001年8月
 - 
2004年3月
Stanford University The Feldman Lab, Department of Biological Sciences Postdoctoral fellow