基本情報

所属
静岡社会健康医学大学院大学 准教授
リハテックリンクス株式会社 社外取締役
京都大学大学院医学研究科 健康情報学分野 客員研究員
東京大学 大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 学術専門職員
学位
博士(社会健康医学)(2019年3月 京都大学)
修士(経営学)(2022年3月 法政大学)
修士(保健学)(2011年3月 弘前大学)

研究者番号
00865959
J-GLOBAL ID
201501018797047883
researchmap会員ID
B000249994

ヘルスケアにおける消費者行動・マーケティング(マーケティングリサーチ含む)・スタートアップ企業分析、健康情報学・ヘルスコミュニケーション、医療政策に関する研究をしています。
具体的には、下記の研究テーマになります。

【ヘルスケアにおける消費者行動・マーケティングリサーチ】

・ヘルスケアビジネス領域におけるマーケティングリサーチ
・ヘルスケアビジネス領域における知的財産マネジメント・産学連携による企業価値向上に関する研究
・ヘルスケアスタートアップにおける産学連携および知財活動の意義
・公的保険内外サービスの満足度・サービス品質・サービス受容に関連する要因分析
・研究シーズの社会実装フレームワークに関する研究

【健康情報学・ヘルスコミュニケーション】
・患者-医療者関係のコミュニケーション手法・技法の最適化
・リハビリテーション現場におけるShared decision makingの手法検討
・リハビリテーション職種におけるShared decision making技法の教育
・論文/ガイドライン/SNSなどの情報の質評価および情報コミュニケーション
・診療ガイドラインの活用法

【医療政策】
・ヘルスケア領域におけるインパクトロジックモデル分析
・リハビリテーション領域のEvidence practice gapが脳卒中・がん・骨折・認知症などの要介護状態および医療費・介護費に与える影響
・リハビリテーションの実施頻度・回数が脳卒中・がん・骨折・認知症などの重症化予防または術後合併症に与える影響

 

その他にも、ビジネス経験を活かして、公衆衛生学領域の研究とビジネスの橋渡しができるよう、活動しています。
研究に興味がある方は、静岡社会健康医学大学院大学の受験をご検討ください。


主要な所属学協会

  11

委員歴

  17

受賞

  2

論文

  63

MISC

  7

書籍等出版物

  17

講演・口頭発表等

  61

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

メディア報道

  6