お知らせ

                     連続講演会

                                                                                                          2018 年12月21日


東北大学数理科学連携センター・連続講演会と研究集会:
RACMaS Lectures「Applied Mathematics and PDEs, Part II」(2019年1月22日から1月23日)
のご案内です。

連続講演会(2回)の講師の Guido Schneider 教授は, multiscale analysis, pattern formation
に関する研究で知られる研究者です。

題目「The NLS approximation-Applications and mathematical theory」
講師:Guido Schneider (Universitat Stuttgart, Germany)
場所:東北大学大学院情報科学研究科 6階小講義室
日程: Guido.pdf

1月22日(火)10:30- 12:00 :
1) Maxwell equations in glass fibers
2) An example: The NLS approximation for the Klein-Gordon equation
3) The universality of the NLS equation

1月22日(火)13:30- 15:00:
Construction of modulating pulse solutions via center manifold reduction.

また、Schneider 氏の連続講演会に続いて1月23日には以下の要領で研究集会を予定しております。

日時:1月23日(水)10:00-17:20
場所: 東北大学大学院情報科学研究科 2階大講義室
プログラム:

10:00-11:00  Yasumasa Nishiura (WPI-AIMR, Tohoku University)
A mathematical model for multi-polymer nanoparticles
- From bilateral to trilateral -

11:10-12:10  Jun Masamune (Hokkaido University)
H-convergence on Riemannian manifolds

Lunch

13:30-14:00  Takanori Kuroda (Waseda University)
Complex Ginzburg-Landau equations as parabolic equations

14:10-14:40  Yuka Teramoto (Kyushu University)
Time periodic solutions of artificial compressible system

15:10-16:10  Yoshiyuki Kagei (Kyushu University)
Stability of spatio-temporal periodic solutions of the compressible
Navier-Stokes equations

16:20-17:20  Guido Schneider (Stuttgart University)
Validity and failure of amplitude equations: an overview and recent results

皆様のご参加をお待ちしております。

世話人
東北大学大学院情報科学研究科 純粋・応用数学研究センター
福泉麗佳: fukuizumi (at) math.is.tohoku.ac.jp
坂口茂 : sigersak (at) tohoku.ac.jp


過去の連続講演会

・RACMaS Lectures「Applied Mathematics and PDEs, Part I」(2018年10月29日から11月2日)