論文

2005年3月1日

「社会学の終わりとジンメル的エートス-ディシプリン的知識空間をめぐって」

『高野山カンファレンス2004デュルケーム=ジンメル合同研究会報告書』

開始ページ
16
終了ページ
23
出版者・発行元
ジンメル研究会・デュルケーム/デュルケーム学派研究会

高野山カンファレンスでの報告。社会学のディシプリンとしての危機的状況を指摘し、ジンメル的エートスによる克服の可能性を論じた。1.はじめに 2.ディシプリン的知識空間 3.残余概念の逆襲 4.学際的問題領域研究 5.一世紀後の「社会学の領域」問題 6.ネーデルマンの試み 7.応答