魚野翔太

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/30 16:23
 
アバター
研究者氏名
魚野翔太
ハンドル
s_uono
URL
http://uono.dousetsu.com/
所属
京都大学
職名
特定准教授
学位
博士(教育学)(京都大学)
科研費研究者番号
10766398

プロフィール

自閉症スペクトラム障害を持つ人たちが示す対人相互作用障害の原因について調べています。これまで実験心理学的な手法を用いて自閉症スペクトラム障害における他者の視線や表情の自動的な処理の障害の性質を明らかにするための研究を行ってきました。現在は、これらの障害の神経メカニズム、より高次な社会的機能の発達不全に果たす役割、自閉症スペクトラム障害の他の特徴との共通点、に興味を持っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
2017年10月
京都大学 医学研究科 人間健康科学系専攻 発達障害支援医学講座 特定助教
 
2014年5月
 - 
2014年9月
京都大学霊長類研究所 教務補佐員
 
2014年4月
 - 
2014年9月
特定非営利活動法人 発達障害研究推進機構 非常勤研究員
 
2012年8月
 - 
2012年10月
Human Information Processing Laboratory, University of Tampere, Finland Visiting Researcher
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会(京都大学大学院医学研究科) 特別研究員PD
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2011年3月
京都大学大学院 教育学研究科 教育認知心理学講座
 
2002年4月
 - 
2006年3月
上智大学 文学部 心理学科
 

受賞

 
2018年1月
日本心理学会 学術大会優秀発表賞 (2017年)
 
2011年5月
International Society for Autism Research International Meeting for Autism Research Student Award
 

論文

 
Corticostrial-limbic correlates of sub-clinical obsessive-complusive traits
Kubota, Y., Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Yoshimura, S., Sawada, R., & Toichi, M.
Psychiatry Research: Neuroimaging      2019年   [査読有り]
A functional but atypical self: Influence of self-relevant processing on the gaze cueing effect in autism spectrum disorder
Zhao, S., Uono, S., Yoshimura, S., & Toichi, M.
Autism Research   11(11) 1522-1531   2018年11月   [査読有り]
Everything has its time: Narrow temporal windows are associated with high levels of autistic traits via weaknesses in multisensory integration
Kawakami, S., Uono, S., Otsuka, S., Zhao, S., & Toichi, M.
Journal of Autism and Developmental Disorders      2018年10月   [査読有り]
The influence of self-referential processing on attentional orienting in frontoparietal networks
Zhao, S., Uono, S., Li, C., Yoshimura, S., & Toichi, M.
Frontiers in Human Neuroscience   12 199   2018年5月   [査読有り]
Spatiotemporal commonalities of fronto-parietal activation in attentional orienting triggered by supraliminal and subliminal gaze cues: An event-related potential study.
Uono, S., Sato, W., Sawada, R., Kochiyama, T., & Toichi, M.
Biological Psychology   136 29-38   2018年5月   [査読有り]
Analyzing neural activity and connectivity using intracranial EEG data with the SPM software
Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Usui, N., Kondo, A., Matsuda, K., Usui, K., Inoue, Y., & Toichi, M.
Journal of Visualized Experiments   140 e58187   2018年11月   [査読有り]
Yoshimura, S., Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Sawada, R., Kubota, Y., & Toichi, M.
Human Brain Mapping      2017年11月   [査読有り]
Putamen volume negatively correlates with the ability to recognize fearful facial expressions
Uono, S., Sato, W., Kochiyama, T., Kubota, Y., Sawada, R., Yoshimura, S., & Toichi, M.
Brain Topography   30(6) 774-784   2017年11月   [査読有り]
Impaired detection of happy facial expressions in autism
Sato, W., Sawada, R., Uono, S., Yoshimura, S., Kochiyama, T., Kubota, Y., Sakihama, M., & Toichi, M.
Scientific Reports   7 13340   2017年10月   [査読有り]
Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Matsuda, K., Usui, K., Usui, N., Inoue, Y., & Toichi, M.
Human Brain Mapping   38(9) 4511-4524   2017年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生理心理学と精神生理学 第Ⅱ巻応用
佐藤弥・魚野翔太 (担当:共著, 範囲:第5章 感情と脳)
北大路書房   2017年9月   
イラストレクチャー 認知神経科学 -心理学と脳科学が解くこころの仕組み-. 村上郁也(編)
佐藤弥・魚野翔太・鈴木直人 (担当:共著, 範囲:第12章 情動.)
オーム社   2010年   
子どもへの発達支援のエッセンス2:情動的な人間関係の問題への対応.須田治(編).
佐藤弥・魚野翔太・十一元三 (担当:共著, 範囲:広汎性発達障害の神経基盤.)
金子書房   2009年   

講演・口頭発表等

 
自閉スペクトラム症における表情の認識と表出(公募シンポジウム「表情の起源と機能の拡がり」)
魚野翔太
日本心理学会第82回大会   2018年9月   
統合失調型パーソナリティにおける表情の検出と認識
魚野翔太・佐藤弥・澤田玲子・川上澄香・義村さや香・十一元三
第37回日本社会精神医学会   2018年3月   
言語能力に依拠した感情認知障害の代償が自閉スペクトラム症成人の社会適応に寄与する
大塚貞男・魚野翔太・義村さや香・趙朔・十一元三
第37回日本社会精神医学会   2018年3月   
自閉症スペクトラム特性と視聴覚統合および時間窓との関係性
川上澄香・魚野翔太・大塚貞男・趙朔・十一元三
第58回日本児童青年精神医学会総会   2017年10月   
自閉スペクトラム症における注意の自己関連付けの影響についてーfMRIデータを含む検討ー
趙朔・魚野翔太・義村さや香・十一元三
第58回日本児童青年精神医学会総会   2017年10月   
高機能自閉スペクトラム症成人の機能的転帰を予測する認知機能とその関係性
大塚貞男・魚野翔太・義村さや香・趙朔・十一元三
第58回日本児童青年精神医学会総会   2017年10月   
自閉スペクトラム症の社会認知機能 [招待有り]
魚野翔太
第3回発達認知神経科学セミナー   2017年5月   
自閉症スペクトラム障害における共同注意の障害について
趙朔・魚野翔太・義村さや香・十一元三
第57回日本児童青年精神医学会総会   2016年10月   
自閉スペクトラム症における対人認知の代償能力と機能的転帰との関連性
大塚貞男・魚野翔太・義村さや香・趙朔・十一元三
第57回日本児童青年精神医学会総会   2016年10月   
対人認知の心理学と発達症
魚野翔太
第28回健康科学市民公開講座―発達症(発達障害)とこれからの社会・医療―   2015年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
統合失調スペクトラムにおける社会認知機能障害の性質について(16K17360)
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 魚野翔太
広汎性発達障害における自動的な共同注意機能障害の心理・神経メカニズムの解明(11J05000)
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 魚野翔太
臨床研究に貢献できる基礎研究者と、研究マインドをもった臨床医とを養成する留学制度(京都大学医学研究科)
日本学術振興会: 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
研究期間: 2012年4月 - 2012年12月    代表者: 魚野翔太
身体化(embodiment)された認知の統合的理解を目指して―Towards a Unified Model of Embodied Cognition―
京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」: 研究開発コロキアム
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 魚野翔太
自閉症における対人相互作用障害と皮質*扁桃体の機能的結合との関係の解明(08J07939)
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 魚野翔太