川口 勇作

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/23 19:13
 
アバター
研究者氏名
川口 勇作
 
カワグチ ユウサク
eメール
ykawadpc.agu.ac.jp
URL
http://site.y-kawaguchi.com
所属
愛知学院大学
部署
教養部
職名
講師
学位
修士(学術)(名古屋大学), 学士(教育学)(和歌山大学)
科研費研究者番号
10805378

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
愛知学院大学 教養部 講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
三重大学 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
岡崎女子大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
岡崎女子短期大学 非常勤講師
 
2014年10月
 - 
2015年3月
静岡文化芸術大学 非常勤講師
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院国際言語文化研究科 国際多元文化専攻 博士後期課程
 
2012年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 大学院国際言語文化研究科 国際多元文化専攻 博士前期課程
 
2008年4月
 - 
2012年3月
和歌山大学 教育学部 学校教育教員養成課程
 

論文

 
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Kurita, A., & Murota, D.
International Review of Applied Linguistics in Language Teaching   55    2017年5月   [査読有り]
川口勇作
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2015 年度報告論集   13-28   2016年6月
エッセイライティングにおける増加語数の時系列推移傾向とエッセイ評価の関係―モデルフィッティングを用いた検討
川口勇作・室田大介・後藤亜希・草薙邦広
Language Education & Technology   52 319-343   2016年5月   [査読有り]
日本人英語学習者を対象とした新しいコンピュータ支援語学学習態度尺度の作成
川口勇作・草薙邦広
Language Education & Technology   52 257-277   2016年5月   [査読有り]
学習者のライティングプロセスを記録・可視化・分析する多機能型ソフトウェアの開発:WritingMaetriX
草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作
外国語教育メディア学会中部支部研究紀要   26 23-34   2015年3月   [査読有り]
Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D.
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 77-92   2015年3月   [査読有り]
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Murota, D., & Kurita, A.
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 221-236   2015年3月   [査読有り]
草薙邦広・川口勇作
中部地区英語教育学会研究紀要   44 65-72   2015年1月   [査読有り]
川口勇作・草薙邦広
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2013年度報告論集   43-52   2014年7月
The effects of computer assisted vocabulary learning on Japanese EFL learners' writing
Kawaguchi, Y.
Unpublished Master's thesis, Nagoya University      2014年3月
反応時間データにおける語彙特性効果に着目した語彙の即時的運用能力:語長・頻度・親密度・心像性に焦点を当てて
川口勇作・草薙邦広
外国語教育メディア学会中部支部研究紀要   25 73-84   2014年3月   [査読有り]
川口勇作
中部地区英語教育学会紀要   43 9-14   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
川口勇作
英語教育 2018年1月号   66-67   2017年12月   [依頼有り]
川口勇作
英語教育 2017年10月増刊号   48   2017年9月   [依頼有り]
川口勇作
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集   61-63   2017年3月   [依頼有り]
Effects of syntactic priming on PP-attachment ambiguity: Perspective for syntactically-driven implicit algorithmic processing in second language acquisition
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Murota, D., & Kurita, A.
Proceedings of the 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   46-47   2014年8月   [査読有り]
Development of grammatical carefulness in English as a foreign language: A Comparison among university, high school, and junior high school students in Japan
Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D.
Proceedings of the 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   61-62   2014年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
英語ライティングプロセス・方略に関する考察:キー入力記録システムを用いて [招待有り]
川口勇作
愛知学院大学語学研究所 研究発表会   2017年11月24日   
エッセイライティングを中心としたライティング授業デザインの展望
川口勇作
外国語教育メディア学会中部支部 高等教育研究部会 第1回例会   2017年9月16日   
Google Classroomでの課題管理とSlackでのコミュニケーション活動入門
尾関修治・川口勇作・高瀬奈美
外国語教育メディア学会中部支部 ICT活用教育研究部会・高等教育研究部会共催 講習会   2017年9月2日   
学習者の英語ライティング方略使用傾向の操作化―ポーズの位置に着目した予備的検討―
川口勇作
第43回全国英語教育学会 島根研究大会   2017年8月25日   
L2ライティングにおける複雑性と流暢性の関係
西村嘉人・川口勇作・姚成陽・阿部大輔
外国語教育メディア学会 第57回全国研究大会   2017年8月6日   

担当経験のある科目