YAMASHITA Yoshimichi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 26, 2017 at 10:26
 
Avatar
Name
YAMASHITA Yoshimichi
E-mail
yamashitay351affrc.go.jp
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Tohoku Agricultural Research Center, NARO, Agricultural Radiation Research Center, Agricultural Resumption Group

Published Papers

 
小野 洋, 野中 章久, 金井 源太, 山下 善道, 泉谷 眞実
食品経済研究 = Bulletin of the Department of Food Business, Nihon University   (45) 21-31   Mar 2017
山下 善道, 福原 資雄, 岩田 晃一郎
農業施設 = Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan   45(1) 8-13   Mar 2014

Conference Activities & Talks

 
Yamashita Yoshimichi, Sato Tatsuo, Araki Hajime, Shimizu Naoto, Iwabuchi Kazunori
Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management   2013   
液状の乳牛ふん尿を市販の灌水用チューブを利用することによって圃場への灌水と施肥の両方を同時に可能とする方法を考案した。一般に家畜ふん尿には粒径の大きな固形物が混入しており、これが点滴灌水孔の目詰まりを引き起こすため、灌水チューブ利用による圃場還元はこれまで困難であった。考案した方法は乳牛ふん尿を固液分離し、その搾汁液に対して空気を曝気する好気性発酵処理の2つを行う。これにより固形物の機械的分離と微生物分解による固形物の微細化が行われ、粗大な固形物および粘度は著しく減少し、点滴灌水孔の目詰ま...
Kubo Yuzuru, Yamashita Yoshimichi, Iwata Koichirou, Araki Hajime, Fujii Masahiko
Abstracts for ILCAJ meeting   2011   
大学内で発生する有機性廃棄物を学内処理することが学内での環境負荷低減につながるという先行研究を受けて,北海道大学内に存在している有機性廃棄物の学内処理の方法として,堆肥化による処理に着目した。今回は堆肥化に供する資材として,学内畜産施設から発生する牛ふんと,学内食堂より発生する生ごみを主な資材として選択し堆肥化システムの確立から,処理工程における環境負荷を見積もった。