Kato Yasuyuki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 28, 2019 at 10:30
 
Avatar
Name
Kato Yasuyuki
E-mail
katoyiuhw.ac.jp
Affiliation
National Center for Global Health and Medicine
Section
School of Medicine

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2018
 - 
Today
Professor of Infectious Diseases, School of Medicine, International University of Health and Welfare
 

Published Papers

 
Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3-4) 272-276   Apr 2015   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Sanjoba C, Matsumoto Y, Yanagihara S, Annoura T, Kato Y, Michinori S, Goto Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(9) e240-e241   Mar 2018   [Refereed]
Takaya S, Kutsuna S, Kato Y, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(16) 2425   Aug 2019   [Refereed]
Kutsuna S, Kato Y, Koizumi N, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3-4) 218-223   Mar 2015   [Refereed]
Imai K, Tarumoto N, Amo K, Takahashi M, Sakamoto N, Kosaka A, Kato Y, Mikita K, Sakai J, Murakami T, Suzuki Y, Maesaki S, Maeda T
Parasitology international   67(1) 34-37   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
これからの輸入感染症にどう取り組むか? 現状把握と今後の課題 オリンピック・パラリンピック開催に向けて取り組むべきこと
加藤 康幸
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 120-120   Mar 2019
本邦の救急外来部門における感染対策に関する調査報告
工藤 大介, 佐々木 淳一, 池田 弘人, 椎野 泰和, 志馬 伸朗, 望月 徹, 森田 正則, 添田 博, 大毛 宏喜, 李 宗子, 藤田 昌久, 宮入 烈, 加藤 康幸, 渡邉 学, 横田 裕行, 日本救急医学会救急外来部門における感染対策検討委員会および合同ワーキンググループ
日本救急医学会雑誌   30(2) 57-64   Feb 2019
【目的】救急外来部門における感染対策ガイドラインは確立されていない。本邦の救急外来部門における感染対策マニュアル保有率と内容の充足率および隔離個室保有率を把握することを目的とした。【対象】全国517の日本救急医学会救急科専門医指定施設を対象にして、救急外来部門における感染対策について書面でのアンケート調査を実施した。【結果】回答した303施設中51施設(16.8%)では救急外来部門に関する感染対策マニュアルを保有していなかった。感染症および疑い患者への対応について、感染対策マニュアル保有の...
ニューモシスチス肺炎に対するプリマキン/クリンダマイシン治療の有効性と安全性の評価
古賀 道子, 菅沼 明彦, 菊地 正, 加藤 康幸, 木村 幹男, 丸山 治彦
感染症学雑誌   93(1) 75-75   Jan 2019
"スペインかぜ"から101年:インフルエンザの歴史・疫学・病態 インフルエンザ 世界的な視点と疫学
加藤 康幸
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 194-194   Dec 2018
【便秘と下痢の最前線-診断と治療のパラダイムシフト-】下痢診療の最前線 感染性下痢症の国際動向とトピックス
加藤 康幸
診断と治療   106(7) 867-871   Jul 2018
<Headline>1 2015年の下痢症による死亡者は世界で131万人と推計されており、ロタウイルス、赤痢菌、サルモネラ菌、クリプトスポリジウムが主要な病原体である。2 国際的な診療ガイドラインでは、薬剤耐性菌の獲得に関する最近の知見を背景に、旅行者下痢症に対する抗菌薬の使用は重症例に限るなど抑制的な推奨となった。3 便からのmultiplex PCRによる網羅的な下痢原性微生物の検出が注目を集めているが、臨床的な意義と役割は明確となっていない。(著者抄録)