東 慶直

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 09:36
 
アバター
研究者氏名
東 慶直
 
アズマ ヨシナオ
eメール
azumawaka.kindai.ac.jp
URL
http://azuma99.wix.com/author-blog
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 食品安全工学科
職名
教授
学位
博士(理学)

プロフィール

研究室のホームページをご参照ください。
http://azuma99.wix.com/author-blog

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学 生物理工学部 食品安全工学科 分子生化学研究室 教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
近畿大学生物理工学部 食品安全工学科 分子生化学研究室 准教授
 
2005年6月
 - 
2010年3月
国立大学法人山口大学医学部 微生物学講座 講師
 
2001年4月
 - 
2005年5月
国立大学法人山口大学医学部 微生物学講座 助手
 
1997年5月
 - 
2001年3月
経済産業省・産業技術総合研究所 生命工学工業技術研究所 研究員
 
1994年4月
 - 
1997年4月
米国カリフォルニア大学アーバイン校 野村真康教授研究室 博士研究員
 
1991年4月
 - 
1994年3月
総合研究大学院大学生命科学研究科博士課程(国立遺伝学研究所・石浜明教授研究室) 大学院生(博士課程後期)
 
1990年4月
 - 
1991年3月
総合研究大学院大学生命科学科博士課程 (国立遺伝学研究所・石浜明教授研究室) 研究生
 
1989年4月
 - 
1990年3月
ブリストルマイヤーズスクイブ東京研究所 研究員
 
1995年4月
 - 
1989年3月
京都大学農学部農芸化学科 生物化学教室(駒野徹教授) 学部生
 

論文

 
Hiroki Nishiyama, Tomoyuki Nagai, Masatoshi Kudo, Yoshihisa Okazaki, Yoshinao Azuma, Tomohiro Watanabe, Susumu Goto, Hiroyuki Ogata*, Toshiharu Sakurai
Biochemical and Biophysical Research Communications,   495(1) 273-279   2018年1月   [査読有り]
Identification of Chlamydia pneumoniae candidate genes that interact with human apoptotic factor caspase-9.
Md. Abdul Aziz, Rie Ushirokita, and Yoshinao Azuma
Journal of General and Applied Microbiology      2018年   [査読有り]
梅加工工場排水処理施設の廃液からの新規ハロモナス菌の分離と性状解析
辻 彩花、木地 翼、半田 瞳、東 慶直
近畿大学生物理工学部紀要   40 11-24   2017年
Tohru Hayakawa, Akira Sakakibara, Sho Ueda, Yoshinao Azuma, Toru Ide, So Takebe
Insect Biochemistry and Molecular Biology   (87) 100-106   2017年   [査読有り]
ホワイトバイオ発展と発酵微生物の「超」高温耐性化
東 慶直
科学と工業   (91(2)) 48-54   2017年
Furuzono T, Okazaki M, Azuma Y, Iwasaki M, Kogai Y, Sawa Y.
Contrib Nephrol   189 144-152   2017年   [査読有り]
Tsutomu Furuzono*, Yoshinano Azuma, Yuichi Niigawa, Yasumichi Kogai, Yoshiki Sawa
ASAIO Journal   62(2) 197-202   2016年   [査読有り]
Kazunobu Matsushita*, Yoshinao Azuma, Tomoyuki Kosaka, ToshiharuYakushi, Hisashi Hoshida, Rinji Akada, and Mamoru Yamada
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   80(4) 668   2016年   [査読有り]
Mikihiko Kawai, Norie Higashiura, Kimie Hayasaki, Naruhei Okamoto, Akiko Takami, Hideki Hirakawa, Kazunobu Matsushita, Yoshinao Azuma*
DNA Research, 2015;22(5):357-66      2015年   [査読有り]
Mohd. Akhlakur Rahman, Mutsunori Shirai, Md. Abdul Aziz, Rie Ushirokita, Sayuri Kubota, Harumi Suzuki, Yoshinao Azuma*
Apoptosis. (2015): 20(10), 1271-1280      2015年   [査読有り]
Matsutani M, Ito K, Azuma Y, Ogino H, Shirai M, Yakushi T, Matsushita K*
Applied microbiology and biotechnology      2015年4月   [査読有り]
Furuzono T*, Motaharul M, Kogai Y, Azuma Y, Sawa Y
The International journal of artificial organs      2015年5月   [査読有り]
山田 守,赤田 倫治,高坂 智之,東 慶直,星田 尚司,松下 一信
化学と生物   53(11) 763-773   2015年   [査読有り]
酢酸菌Acetobacter pasteurianus NBRC3283を用いた細胞融合法と育種法による耐熱性食酢醸造菌の創出と田村造酢(株)監修による食酢醸造試験
岡本 成平、山本 美佳、塩村 紗奈、熊田 彩花、状家 佳苗、上野 未菜子、田村 章広、武部 聡、東 慶直
近畿大学生物理工学部紀要   (35) 17-32   2015年
クラミジアの持続感染と宿主アポトーシス制御、そして多様な慢性感染症
東 慶直
近畿大学生物理工学部紀要   (34) 1-13   2014年
Higashiura N, Hadano H, Hirakawa H, Matsutani M, Takebe S, Matsushita K, Azuma Y*
FEMS microbiology letters      2013年12月   [査読有り]
Furuzono T*, Iwamoto T, Azuma Y, Okada M, Sawa Y
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   16(4) 451-457   2013年12月   [査読有り]
Matsutani M, Ogawa M, Takaoka N, Hanaoka N, Toh H, Yamashita A, Oshima K, Hirakawa H, Kuhara S, Suzuki H, Hattori M, Kishimoto T, Ando S, Azuma Y*, Shirai M
PloS one   8(9) e71861   2013年   [査読有り]
遺伝子・ゲノムの構造
東 慶直
酢の機能と科学   150-157   2012年
Ogino H, Azuma Y, Hosoyama A, Nakazawa H, Matsutani M, Hasegawa A, Otsuyama K, Matsushita K, Fujita N, Shirai M*
Journal of bacteriology   193(24) 6997-6998   2011年12月   [査読有り]
Genetic instability of Acetobacter pasteurianus revealed by whole genome analyses
東 慶直
近畿大学生物理工学部紀要   (27) 7-28   2011年
Tanticharoenia sakaeratensisの高濃度グルコース耐性・代謝に関するプロテオーム解析
波多野 裕美、武部 聡、東 慶直
近畿大学生物理工学部紀要   (28) 95-108   2011年
Hanaoka N, Matsutani M, Kawabata H, Yamamoto S, Fujita H, Sakata A, Azuma Y, Ogawa M, Takano A, Watanabe H, Kishimoto T, Shirai M, Kurane I, Ando S
Emerging infectious diseases   15(12) 1994-1997   2009年12月   [査読有り]
Azuma Y*, Hosoyama A, Matsutani M, Furuya N, Horikawa H, Harada T, Hirakawa H, Kuhara S, Matsushita K, Fujita N, Shirai M
Nucleic acids research   37(17) 5768-5783   2009年9月   [査読有り]
Sato Y, Oda H, Patrick MS, Baba Y, Rus'd AA, Azuma Y, Abe T, Shirai M, Suzuki H
Immunology letters   124(1) 27-34   2009年5月   [査読有り]
RhoH plays critical roles in Fc epsilon RI-dependent signal transduction in mast cells.
Oda H, Fujimoto M, Patrick MS, Chida D, Sato Y, Azuma Y, Aoki H, Abe T, Suzuki H, Shirai M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(2) 957-962   2009年1月   [査読有り]
Genome wide analysis of Chlamydophila pneumoniae gene expression at the late stage of infection.
Miura, K., Toh, H., Hirakawa, H., Sugii, M., Murata, M., Nakai, K., Tashiro, K., Kuhara, S., Azuma, Y.*, and Shirai M.
DNA Res   15(2) 83-91   2008年4月   [査読有り]
Harley, R., Herring, A., Egan, K., Howard, P., Gruffydd-Jones, T., Azuma, Y., Shirai, M., Helps, C.
Vet Microbiol   124(3-4):230-8    2007年10月   [査読有り]
Murata, M., Azuma, Y.*, Miura, K., Rahman, MK., Matsutani M., Aoyama, M., Suzuki, H., Sugi, K. and Shirai, M.
Microbiology   153(Pt 2):585-92    2007年2月   [査読有り]
Oda, H., Suzuki, H., Sakai, K., Kitahara, S., Patrick, MS., Azuma, Y., Sugi, K., Kitamura, T., Kaye, J. and Shirai, M.
J Leukoc Biol   81(2):500-8    2007年2月   [査読有り]
クラミジアのゲノム解析 (Genome analyses of Chlamydia)
東 慶直、松谷 峰之介、白井 睦訓
(34) 189-194   2007年
Sakai, K, Suzuki, H, Oda, H, Akaike, T, Azuma, Y, Murakami, T, Sugi, K, Ito, T, Ichinose, H, Koyasu, S, Shirai, M.
J. Biol. Chem   281(26):17736-42    2006年6月   [査読有り]
Azuma, Y.*, H. Hirakawa, A. Yamashita, Y. Cai, M. A. Rahman, H. Suzuki, S. Mitaku, H. Toh, S. Goto, T. Murakami, K. Sugi, H. Hayashi, H. Fukushi, M. Hattori, S. Kuhara, M. Shirai
DNA Research   28;13(1):15-23    2006年2月   [査読有り]
Rahman, M.A., Azuma, Y.**, Fukunaga, H., Murakami, T., Sugi, K., Fukushi, H., Miura, K., Suzuki, H. and Shirai, M.
J Antimicrob Chemother   56 (5): 861-868    2005年11月   [査読有り]
細菌による肺炎とクラミジアの例 (Bacterial pneumoniae and a case of Chlamydia)
東 慶直
「The Lung perspectives」『特集:呼吸器のPharmacogenomics』   (12) 268-273   2004年
クラミジアの全ゲノム配列解読で見えてきたこと(Genomic Overview of Chlamydia)
東 慶直、白井 睦訓
ニューサイエンス社「細胞」   (35) 302-306   2003年
Informatical analysis of archaeal genomic DNA sequences: Gene composition of archaeal genomes.
Azuma, Y., Ohfuku, Y., Kakinuma, J., Koike, H., Amano, N., Tateno, M., Suckow, JM., Kudo, N., Amano, N., Kakinuma, J., Suzuki, M.
Microbial & Comparative Genomics   3: 21-22    1998年   [査読有り]
Ohfuku, Y., Koike, H., Azuma, Y., Kawashima, T., Kudo, N., Amano, N., Kakinuma, J., Suckow, MJ., Suzuki, M
Proc. Japan Acad   74, 90-95    1998年   [査読有り]
Azuma, Y., Takio, K., Tabb, MM., Vu, L. and Nomura, M.
Biochimie   79: 247-259    1997年   [査読有り]
Azuma, Y., Tabb, MM., Vu, L. and Nomura M.
Proc Natl Acad Sci U S A   92: 5159-5163    1995年   [査読有り]
Isolation of thermolabile mutant RNA polymerase II from fission yeast Schizosaccharomyces pombe with mutations in the subunit 3 gene.
Azuma, Y., Yasui, K., Yamagishi, M. and Ishihama, A.
J Biochem   118: 216-220    1995年   [査読有り]
Molecular dissection of influenza virus nucleoprotein: deletion mapping of the RNA binding domain.
Kobayashi, M., Toyoda, T., Adyshev, DM., Azuma, Y. and Ishihama, A.
J Virol   68: 8433-8436    1994年   [査読有り]
Azuma, Y., Yamagishi, M. and Ishihama, A.
Nucleic Acids Res   21: 3749-3754    1993年   [査読有り]
Azuma, Y., Yamagishi, M., Ueshima, R. and Ishihama, A.
Nucleic Acids Res   19: 461-468    1991年   [査読有り]
Saeki, T., Shimabuku, AM., Azuma, Y., Shibano, Y., Komano, T. and Ueda, K.
Agric Biol Chem   55: 1859-1865    1991年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ウイルス図鑑
新居 志郎 (担当:分担執筆, 範囲:病原性遺伝子とその発現制御)
北海道大学出版会   2017年11月   ISBN:978-4-8329-8229-1
第10章 細胞内寄生性細菌とクラミジアの培養
東 慶直 (担当:分担執筆)
「微生物増殖学の現在・未来」p265〜281 福井作蔵編 地人書館   2008年   
セッションD 動脈硬化部に高率に感染する肺炎クラミジア
東 慶直 (担当:分担執筆)
「細菌はなぜ病気を起こすかーゲノムの特徴」 P146〜156 クバプロ   2005年   
「クラミジアの遺伝子学」(Genomics of Chlamydia)
東 慶直*、白井 睦訓 (担当:共著)
「日本臨床」増刊号『新世紀の感染症学』Ⅱ 感染症の遺伝子学 l61 p759-65 日本臨床出版   2003年   
古細菌における遺伝子特異的な転写制御機構の研究
東 慶直、山岸正裕、鈴木 理 (担当:共著)
生命工学工業技術研究所年報 分子生物部門 p33   1998年   
Subunit Function of RNA Polymerase II from the Fission Yeast Schizosaccharomyces pombe: Subunit 2, 3 and 5
MIYAO T, YASUI K, KAWAGISHI M, AZUMA Y, YAMAGISHI M and ISHIHAMA A. (担当:共著)
Annual Report , National Institute of Genetics, No.46 p60   1995年   
真核生物の転写装置の分子解剖
東 慶直、山岸正裕、石浜 明 (担当:共著)
国立遺伝学研究所年報, A-a.分子遺伝研究部門 No.44 p73-75 1993年 No.43 p80-83 1992年 No.42 p60-2 1991年  No.41 p64-6 1990年     

講演・口頭発表等

 
ハロモナス菌の遺伝学ツールの開発
辻彩花、東慶直
日本農芸化学会関西支部 第507回講演会   2019年2月   
根こぶ病菌Plasmodiophora brassicaeを用いた試験管内感染実験系構築の試み
東 慶直
第8回根こぶ病研究会   2018年12月4日   
根こぶ病菌の試験管内感染実験系の構築にむけた園芸種ハクサイのカルス化とその発根の検討
岡田香保、早崎君江、東慶直
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   日本分子生物学会
各種抗菌ナノアパタイト粒子のアナフィラキシー様反応惹起性の評価
梅田 晃治,東 慶直,古薗 勉
第40回日本バイオマテリアル学会大会   2018年11月13日   日本バイオマテリアル学会
抗感染性バイオナノセラミックスの調製および抗菌メカニズムの検討
大下 真璃,小粥 康充,上向井 徹,東 慶直,古薗 勉
第40回日本バイオマテリアル学会大会   2018年11月12日   日本バイオマテリアル学会
体内植込み型医療デバイスコーティング材を目指した長期持続型抗菌ナ ノ粒子の開発
石丸 佳樹,Nalinthip CHANTHASET,網代 広治,東 慶直,古薗 勉
第40回日本バイオマテリアル学会大会   2018年11月12日   日本バイオマテリアル学会
体内植込み用デバイスのコーティング材を目的とした機能性銀ナノ粒子の開発
石丸 佳樹、CHANTHASET Nalinthip、網代 広治、東 慶直、古薗 勉
第56回日本人工臓器学会大会   2018年11月2日   日本人工臓器学会
3-ヒドロキシ酪酸の高効率生産に向けたハロモナス菌の代謝制御の理解
辻彩花、東慶直
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月   日本分子生物学会
肺炎クラミジアの in vitro 感染を促進する宿主アポトーシス因子 caspase-9 が 相互作用するクラミジア因子の同定
Md Abdul Aziz, 武井 靖子、山手 大士、東 慶直
第36回日本クラミジア研究会学術集会   2018年9月22日   日本クラミジア研究会
An idea to sustain vinegar production under global warming
東 慶直、岡本 成平、辻 彩花、末吉 直人、松下 一信
The 5th International Conference on Acetic Acid Bacteria   2018年9月7日   Acetic Acid Bacteria
β型膜孔形成毒素Cry46Abの殺虫活性について
武部 聡,仲川 直,秋山 翔,東 慶直,早川 徹
第13回昆虫病理研究会シンポジウム   2018年9月20日   昆虫病理研究会
Evaluation of anaphylactoid reaction using novel antibacterial nanomaterials for medical device coating
Kouji UMEDA, Yoshinao AZUMA, Tsutomu FURUZONO
AUSBME2018(Asian University Symposium on Biomedical Engineering 2018)   2018年7月   
福山黒酢の地球温暖化による生産不安定化に対抗する1つのアイデア
東 慶直
第5回日本黒酢研究会   2018年6月22日   日本黒酢研究会
Preparation and Characterization of Zinc-doped Hydroxyapatite Nanoparticles with Antibacterial Activity
M. Oshita, M. Okada, Y. Azuma, T. Furuzono
ASM Microbe 2018   2018年6月10日   The American Society for Microbiology (ASM)
Identification of Chlamydial factors interacting with host apoptotic factor Caspase-9
Y. Azuma, M. A. Aziz, Y. Takei, T. Yamate, A. Tsuji, K. Okada
ASM Microbe 2018   2018年6月10日   The American Society for Microbiology (ASM)
Establishment of In Vitro Infection Sys. by Plasmodiophora Brassicae, Causing Clubroot of Brassica Rapa
K. Okada, K. Hayasaki, Y. Azuma
ASM Microbe 2018   2018年6月10日   The American Society for Microbiology (ASM)
Omics and Genetic Analyses on Polyhydroxybutyrate (Phb) Metabolism Using Halomonas Novel Isolates
A. Tsuji, Y. Azuma
ASM Microbe 2018   2018年6月9日   The American Society for Microbiology (ASM)
カテーテルコーティング材を目的としたステアリルアミン法による抗菌ナノ粒子の開発
石丸 佳樹、NalinthipChanthaset、網代 広治、堀内 喜高、東 慶直、古薗 勉
日本医工学治療学会 第34回学術大会   2018年3月18日   日本医工学治療学会
根こぶ病菌の試験管内感染実験系の構築にむけた園芸種ハクサイのカルス化とその発根の検討
岡田 香保、 早崎 君江、 櫛谷 綾香、東 慶直
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月17日   日本農芸化学会
ピルビン酸や3ヒドロキシ酪酸を産生するハロモナス菌の分離
辻 彩花,、 木地 翼、半田 瞳、 東 慶直
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会
梅加工工場排水処理施設から単離した新規ハロモナス菌の解析
辻 彩花,、半田 瞳、 木地 翼、 東 慶直
2017年度生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
アブラナ科野菜に特異的に感染する根コブ病菌の感染機構理解にむけた試験管内実験系の構築
岡田 香保、 早崎 君江、 櫛谷 綾香、東 慶直
2017年度生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
抗菌性と骨芽細胞活性を兼ね備えた分散性アパタイトナノ粒子の開発
古薗 勉、岡田 将典、大下 真璃、東 慶直、田口 哲志
第39回日本バイオマテリアル学会大会   2017年11月20日   日本バイオマテリアル学会
梅加工工場の廃液から単離した新規ハロモナス菌の解析
半田 瞳、木地 翼、辻 彩花、東 慶直
第28回大学間交流会   2017年11月11日   
根コブ病菌の試験管内実験系の構築に向けた園芸種ハクサイの発根誘導可能な長期培養カルスの樹立について
岡田 香保、早崎 君江、櫛谷 綾香、東 慶直
第28回大学間交流会   2017年11月11日   
Study of the role of host apoptotic factor Caspase-9 in the regulation of intracellular Chlamydia infection
Md Abdul Aziz, Rie Ushirokita, Yasuko Takei, Taishi Yamate, Kentaro Ogisu,Yoshinao Azuma
第28回大学間交流会   2017年11月11日   
Analyses of Novel Halomonas Species Producing Pyruvate and 3- Hydroxybutyrate
Ayaka Tsuji, Hitomi Handa, Tsubasa Kiji, Yoshinao Azuma
第28回大学間交流会   2017年11月11日   
Study of the role of host apoptotic factor Caspase-9 in the regulation of intracellular Chlamydia infection
Md Abdul Aziz, Rie Ushirokita, Yasuko Takei, Taishi Yamate, Kentaro Ogisu, Yoshinao Azuma
近畿大学サイエンスネットワーク2017第7回院生サミット   2017年9月2日   近畿大学
根コブ病菌の試験管内実験系の構築に向けた園芸種ハクサイの発根誘導可能な長期培養カルスの樹立について
岡田 香保、早崎 君江、櫛谷 綾香、東 慶直
近畿大学サイエンスネットワーク2017第7回院生サミット   2017年9月2日   近畿大学
梅加工工場の廃液から単離した新規ハロモナス菌の解析
辻 彩花、半田 瞳、木地 翼、東 慶直
近畿大学サイエンスネットワーク2017第7回院生サミット   2017年9月2日   近畿大学
高分子基材へのコーティングに好適な微弱抗菌フッ素置換HApナノ粒子の開発
行徳 宏樹、東 慶直、古薗 勉
セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2017年9月   公益財団法人日本セラミックス協会
光触媒活性により抗菌性を発現する高分散性Ti置換HApナノ粒子の材料特性評価
岡﨑 正俊,東 慶直,岩崎 光伸, 古薗 勉
セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2017年9月   公益財団法人日本セラミックス協会
骨芽細胞を活性化する抗感染性バイオナノセラミックスの創出と生物学的評価
岡田 将典、大下 真璃、東 慶直 、田口 哲志、古薗 勉
セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2017年9月   公益財団法人日本セラミックス協会
医用機器コーティング材を目的とした表面に官能基をもつ機能性抗菌ナノ粒子の開発
石丸 佳樹、岩本 多加志、Nalinthip Chanthaset、網代 広治、堀内 喜高、東 慶直、古薗 勉
第55回日本人工臓器学会大会   2017年9月   日本人工臓器学会
外部刺激により抗菌性を制御するカテーテルコーティングナノ材料の開発
岡﨑 正俊、東 慶直、岩崎 光伸、 古薗 勉
第55回日本人工臓器学会大会   2017年9月   日本人工臓器学会
長期留置型カテーテルコーティングに好適な微弱抗菌ナノ材料の開発
行徳 宏樹、東 慶直、古薗 勉
第55回日本人工臓器学会大会   2017年9月   日本人工臓器学会
骨治癒を促進する抗感染性ナノ材料の材料特性および生物学的評価
岡田 将典、大下 真璃、東 慶直 、田口 哲志、古薗 勉
第55回日本人工臓器学会大会   2017年9月   日本人工臓器学会
MOSQUITOCIDAL ACTIVITY OF PARASPORIN TYPE 33-KDA CRY PROTEIN FROM BACILLUS THURINGIENSIS TK-E6 ISOLATED IN JAPAN
Sho Ueda, Ami Kurokawa, Yoshinao Azuma, Tohru Hayakawa, So Takebe
IUMS2017   2017年7月   
ESTABLISHMENT OF IN VITRO INFECTION BY PLASMODIOPHORA BRASSICAE, CAUSING CLUBROOT OF BRASSICA RAPA
Kaho Okada, Kimie Hayasaki, Ayaka Kushitani, Ayaka Tsuji, So Takebe, Yoshinao Azuma
IUMS2017   2017年7月   
IDENTIFICATION OF A NEW HALOMONAS GROUP FROM WASTE LIQUIDS OF UMEBOSHI (JAPANESE PICKLED PLUM) FACTORY
Ayaka Tsuji, Tsubasa Kiji, Hitomi Handa, Kaho Okada, So Takebe, Yoshinao Azuma
IUMS2017   2017年7月   
STUDY OF THE ROLE OF HOST APOPTOTIC FACTOR CASPASE-9 IN THE REGULATION OF INTRACELLULAR CHLAMYDIA INFECTION
Md Abdul Aziz, Rie Ushirokita, Yasuko Takei, Taishi Yamate, Kentaro Ogisu, Yoshinao Azuma
IUMS2017   2017年7月   
EXPERIMENTAL AND BIOINFORMATIC ANALYSES OF STRESS TOLERANT ON ACETIC ACID BACTERIA
東 慶直
IUMS2017   2017年7月   
EXPERIMENTAL AND BIOINFORMATIC ANALYSES OF STRESS TOLERANT AND RESPONSE ON ACETIC ACID BACTERIA
東 慶直
FEMS2017   2017年7月   
根コブ病菌の試験管内感染実験系の構築にむけた園芸種ハクサイのカルス化とその発根の検討
岡田 香保、早崎 君江、櫛谷 綾香、東 慶直
日本農芸化学会関西支部第499回講演会   2017年6月3日   
梅加工工場の廃液からの新規ハロモナス菌の分離と同定
辻彩花、木地翼、半田瞳、東慶直
日本農芸化学会関西支部 第499回講演会   2017年6月   
分裂酵母 D-アラビノース脱水素酵素の探索
大倉 未奈子、竹澤 有美、東 慶直、田中 克典、尼子 克己
日本ビタミン学会第 69 回大会   2017年6月   
Bacillus thuringiensis TK-E6株由来のCry46Abの殺ボウフラ活性
植田 翔,黒川 亜美, 槇本 純,東 慶直,早川 徹,武部 聡
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
分裂酵母 D-アラビノース脱水素酵素のスクリーニング
尼子 克己, 大倉 未奈子, 竹澤 有美, 東 慶直, 田中 克典
農芸化学会2017年度大会   2017年3月   
分散性チタン含有HApナノ粒子の材料特性および抗菌性評価
岡﨑 正俊,東 慶直, 古薗 勉
第20回生体関連セラミックス討論   2016年12月2日   
微弱な抗菌性を有するフッ素含有HApナノ粒子の調製と材料特性評価
行徳 宏樹,東 慶直, 古薗 勉
第20回生体関連セラミックス討論   2016年12月2日   
耐熱性酢酸菌を育種によって「超」高温耐性化し、その遺伝的背景を明らかにする。 [招待有り]
東 慶直
第182回近畿作物・育種研究会   2016年11月26日   
Pseudogluconobacter saccharoketogenes を用いたグルカル酸合成の試み
新川 悠一、阿部 恭子、半田 瞳、武井 靖子、東 慶直
第8回酢酸菌研究会   2016年11月5日   
酢酸菌のストレス耐性化のための遺伝子同定及び物質生産への利用
塩村 紗奈、早崎 君江、則行 紫萌、中薗 沙也佳、山田 知宏、東 慶直
第8回酢酸菌研究会   2016年11月5日   
微弱な抗菌性を有する長期留置型カテーテルコーティング材の開発
行徳 宏樹, 東 慶直, 古薗 勉
第54回日本人工臓器学会大会   2016年11月   日本人工臓器学会
外部刺激に応答する抗菌性制御型ナノ複合カテーテルの開発
岡崎 正俊, 東 慶直, 古薗 勉
第54回日本人工臓器学会大会   2016年11月   日本人工臓器学会
椎体圧迫骨折の新規治療法に寄与するナノ材料の開発
岡田 将典、東 慶直、田口 哲志、古薗 勉
第54回日本人工臓器学会大会   2016年11月   日本人工臓器学会
Pseudogluconobacter saccharoketogenesの変異株を用いたグルカル酸合成の試み
新川 悠一、阿部 恭子、半田 瞳、武井 靖子、東 慶直
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
Study of the role of host apoptotic factor Caspase-9 in the regulation of intracellular Chlamydia infection
MD Abdul Aziz, Rie Ushirokita, Yasuko Takei, Yoshinao Azuma
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
酢酸菌のストレス耐性化のための遺伝子同定及び物質生産への利用
塩村 紗奈、早崎 君江、則行 紫萌、西川 遥香、伊藤 佑夏、壺内 宏信、東 慶直
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
宿主アポトーシス因子Caspase-9と相互作用を示すクラミジアタンパク質の探索
後北 理絵、東 慶直
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
梅加工場排水処理施設の廃液からの菌の単離
辻 彩花,木地 翼,半田 瞳,東 慶直
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
アブラナ科野菜に特異的に感染する根コブ病菌(Plasmodiophora brassicae)の感染機構理解に向けた試験管内感染実験系の構築
岡田 香保、早崎 君江、櫛谷 綾香、東 慶直
第27回大学間交流会   2016年10月8日   
Pseudogluconobacter saccharoketogenesの変異株を用いたグルカル酸合成の試み
新川 悠一 、阿部 恭子、半田 瞳 、武井 靖子 、東 慶直
平成28年度先端技術総合研究所オープンポスターセッション   2016年10月2日   
Mosquitocidal activity of non-3-domain Cry type 33-kDa protein from Bacillus thuringiensis isolated in Japan
Sho Ueda, Ayako Negoro, Masatoshi Ota, Ami Kurokawa, Jun Makimoto, Yoshinao Azuma, Tohru Hayakawa, So Takebe
SIP Annual Meeting 2016   2016年7月   SIP (Society for Invertebrate Pathology)
Molecular Engagements for Hyper Glucose-Tolerance of Acetic Acid Bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis
波多野 裕美、岡本 成平、武部 聡、松下 一信、東 慶直
the ASM Microbe 2016   2016年6月   The American Society for Microbiology (ASM)
Pyruvic acid production using thermotolerant Halomonas sp. KM-1
Ayaka Tsuji, Sayaka Nakazono, Kaho Kuramoto, Naruhei Okamoto, Yasuko Takei, Yuichi Niigawa, Taku Nishimura, Isao Matsushita, Jun Tsubota, Yoshikazu Kawata, Takaaki Kiryu, Taro Kiso, Hiromi Murakami, Kazunobu Matsushita, Yoshinao Azuma
Metabolic Engineering 11   2016年6月   American Institute of Chemical Engineers (AIChE)
Omics analyses for Hyper Glucose-Tolerance using Acetic Acid Bacteria
波多野 裕美、武部 聡、松下 一信、東 慶直
Metabolic Engineering 11   2016年6月   American Institute of Chemical Engineers (AIChE)
Halomonas sp. KM-1とその変異体を用いたピルビン酸生産の検討
岡本 成平、中薗 沙也佳、武井 靖子、倉本 華歩、辻 彩花、新川 悠一、西村 拓、松下 功、坪田 潤、河田 悦和、東 慶直
日本農芸化学会 2016年度大会シンポジウム   2016年3月   日本農芸化学会
Elucidation of the role of host apoptotic factor Apaf-1 and Caspase-9 in the regulation of intracellular Chlamydia infection
MD・アブドゥール・アジズ、後北 理絵、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
根こぶ病菌Plasmodiophora brassicaeの試験管内実験系の確立に向けた菌株のクローニングとハクサイのカルス・発根系の構築
早崎 君江、川田 愛美、岡田 香保、武部 聡、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
Pseudogluconobacter saccharoketogenesを用いたグルカル酸合成の試み
新川 悠一、武井 靖子、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
酢酸菌のストレス耐性化のための遺伝子同定及び物質生産への利用
塩村 紗奈、早崎 君江、則行 紫萌、中薗 沙也佳、山田 知宏、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
一般的な抗生剤とは全く異なる物質を用いての肺炎クラミジア感染抑制方法の試み
樋口 みのり、MD・アブドゥール・アジズ、後北 理絵、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
酢酸菌 Acetobacter pasteurianus を用いた高温適応育種と種内細胞融合による食酢醸造菌の創出と発酵性能の確認
岡本 成平、塩村 紗奈、状家 佳苗、武部 聡,、田村 章弘、東 慶直
第26回大学間交流会   2015年9月   大学間交流会
Complete genome and RNA-seq analyses of Asaia bogorensis reveal unique response to culture with mammalian cells
河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、岡本 成平、高見 晶子、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直
2nd International Symposium Matryoshka-type Evolution of Eukaryotic Cells   2015年9月   新学術領域研究 マトリョーシカ型進化原理

競争的資金等の研究課題

 
低炭素化に資する発酵微生物のゲノム育種およびゲノム工学的「耐熱化」
JST戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA): 
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 松下 一信
新規黒酢の開発と黒酢有効成分の探索に関する共同研究
株式会社えがお: 
研究期間: 2017年2月 - 2019年2月    代表者: 東 慶直
クラミジア感染におけるアポトーシス因子Apaf-1とCaspase-9の機能解析
科学研究費補助金 基盤研究(C): 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 東 慶直
アナフィラキシー回避型抗菌性ナノマテリアルの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 古薗 勉
インターラクトーム解析「クラミジア全遺伝子vsヒト全遺伝子」
近畿大学生物理工学部 戦略的研究: 
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 東 慶直

特許

 
特許特許第6474063号 : 耐熱性微生物の作製方法
赤田倫治, 星田尚司, 山田守, 村田正之, 高坂智之, 松下一信, 薬師寿治, ナンタポン・ナワラート, 東慶直
特願2014-108961 : ハイドロキシアパタイト誘導体粒子群
古薗 勉、東 慶直、小粥 康充、河邉カーロ和重
特願2013-000843 : 融合微生物及びその融合微生物を用いた発酵産物の製造方法
東 慶直、波多野 裕美
特許第5435612号 : リケッチア・ジャポニカ感染症の診断方法
松谷 峰之介、東 慶直、白井 睦訓、岸本 壽男、花岡 希
特願2007-95916 : LED使用化膿止め発光装置
白井 睦訓、東 慶直、武藤正彦、田口常正
特願2006-260536 : 薬剤耐性病原性微生物の薬剤感受性増強方法、および高度薬剤耐性菌の出現予防方法
東 慶直、白井 睦訓
特願2006-231878 : 生菌、死菌及び疑似生菌の存在割合判別方法
白井 睦訓、東 慶直
特願2005-125020 : 細胞内寄生性微生物に対して新規抑制効果を有するアポトーシス誘導剤
白井 睦訓、東 慶直
特願2005-104669 : クラミジア属細菌の抑制に効果のあるトリプトファン代謝中間体
白井 睦訓、東 慶直
特願2005-99818 : 肺炎クラミジアのIncA2タンパク質、クラミジアのIncタンパク質及びその利用法
白井 睦訓、東 慶直、杉井 学
特願2004-183135 : 新規核酸、及び当該核酸を用いたスクリーニング方法
白井 睦訓、東 慶直、久原 哲、服部正平

社会貢献活動

 
近畿大学&山口大学 耐熱性発酵菌の作出 企業と協力し産業に実用化
【寄稿】  食品化学新聞  2015年1月22日
リネゾリドに耐性を示すG2603T変異臨床分離MRSA株について
【寄稿】  第83回日本感染症学会講演会抄録  2009年4月23日 - 2009年4月24日
酢酸菌に観察されるゲノム易変異性の解析
【寄稿】  第82回日本細菌学会講演会抄録  2009年3月12日 - 2009年3月14日
クラミジアの宿主アポトーシス制御因子の解析
【寄稿】  第81回日本細菌学会、 日本細菌学雑誌 63(1)116, 2008  2008年3月24日 - 2008年3月26日
肺炎診断のための定量的PCR法とマイクロダイセクション法の検討
【寄稿】  第81回日本細菌学会、 日本細菌学雑誌 63(1)189, 2008  2008年3月24日 - 2008年3月26日