松田 一彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/20 21:03
 
アバター
研究者氏名
松田 一彦
 
マツダ カズヒコ
eメール
kmatsudanara.kindai.ac.jp
URL
http://www.nara.kindai.ac.jp/
所属
近畿大学
部署
農学部 応用生命化学科
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1993年3月
近畿大学農学部助手
 
1993年4月
 - 
1998年3月
近畿大学農学部講師
 
1998年4月
 - 
2005年3月
近畿大学農学部助教授
 
2005年4月
 - 
現在
    近畿大学農学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
京都大学 農学研究科 農芸化学専攻修士課程修了
 
 
 - 
1985年3月
京都大学 農学部 農芸化学科卒業
 

委員歴

 
 
   
 
文部科学技術省 科学技術動向研究センター専門調査委員
 
 
   
 
日本農芸化学会 評議員
 
 
   
 
日本農薬学会 評議員
 
 
   
 
日本農薬学会誌 編集委員
 
 
 - 
現在
Open Entomology  Editorial board
 
 
 - 
現在
Invertebrate Neuroscience  Editorial board
 

受賞

 
2015年8月
ISHS Medal
 
1997年3月
日本農薬学会奨励賞
 
2003年3月
日本農芸化学会奨励賞
 
2009年3月
日本農薬学会業績賞
 

論文

 
Okuhara D, Furutani S, Ito K, Ihara M, Matsuda K
Molecular pharmacology   92(4) 491-499   2017年10月   [査読有り]
Furutani S, Okuhara D, Hashimoto A, Ihara M, Kai K, Hayashi H, Sattelle DB, Matsuda K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(10) 1861-1867   2017年10月   [査読有り]
Onozaki Y, Horikoshi R, Ohno I, Kitsuda S, Durkin KA, Suzuki T, Asahara C, Hiroki N, Komabashiri R, Shimizu R, Furutani S, Ihara M, Matsuda K, Mitomi M, Kagabu S, Uomoto K, Tomizawa M
Journal of agricultural and food chemistry   65(36) 7865-7873   2017年9月   [査読有り]
Matsui R, Amano N, Takahashi K, Taguchi Y, Saburi W, Mori H, Kondo N, Matsuda K, Matsuura H
Scientific reports   7(1) 6688   2017年7月   [査読有り]
Ihara M, Hikida M, Matsushita H, Yamanaka K, Kishimoto Y, Kubo K, Watanabe S, Sakamoto M, Matsui K, Yamaguchi A, Okuhara D, Furutani S, Sattelle DB, Matsuda K
British journal of pharmacology      2017年6月   [査読有り]
Furutani S, Ihara M, Kai K, Tanaka K, Sattelle DB, Hayashi H, Matsuda K
Neurotoxicology   60 240-244   2017年5月   [査読有り]
Ihara M, Buckingham SD, Matsuda K, Sattelle DB
Current medicinal chemistry   24(27) 2925-2934   2017年   [査読有り]
Buckingham SD, Ihara M, Sattelle DB, Matsuda K
Current medicinal chemistry   24(27) 2935-2945   2017年   [査読有り]
Nakatani Y, Furutani S, Ihara M, Matsuda K
Pesticide biochemistry and physiology   126 1-5   2016年1月   [査読有り]
Sakamori K, Ono N, Ihara M, Suzuki H, Matsuura H, Tanaka K, Ohta D, Kanaya S, Matsuda K
Plant signaling & behavior   11(4) e1149675   2016年   [査読有り]
Ihara M, Sattelle DB, Matsuda K
Pesticide biochemistry and physiology   121 47-52   2015年6月   [査読有り]
Fuse T, Ikeda I, Kita T, Furutani S, Nakajima H, Matsuda K, Ozoe F, Ozoe Y
Pesticide biochemistry and physiology   120 82-90   2015年5月   [査読有り]
Xu Y, Furutani S, Ihara M, Ling Y, Yang X, Kai K, Hayashi H, Matsuda K
PloS one   10(4) e0122629   2015年   [査読有り]
Furutani S, Ihara M, Nishino Y, Akamatsu M, Jones AK, Sattelle DB, Matsuda K
Molecular pharmacology   86(6) 686-695   2014年12月   [査読有り]
Ihara M, Okajima T, Yamashita A, Oda T, Asano T, Matsui M, Sattelle DB, Matsuda K
Molecular pharmacology   86(6) 736-746   2014年12月   [査読有り]
Furutani S, Nakatani Y, Miura Y, Ihara M, Kai K, Hayashi H, Matsuda K
Scientific reports   4 6190   2014年8月   [査読有り]
Lees K, Jones AK, Matsuda K, Akamatsu M, Sattelle DB, Woods DJ, Bowman AS
International journal for parasitology   44 75-81   2014年1月   [査読有り]
Ihara M, Shimazu N, Utsunomiya M, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(4) 543-549   2014年   [査読有り]
Harris C, Matsuda K, Sattelle DB
BioEssays : news and reviews in molecular, cellular and developmental biology   35 838-839   2013年9月   [査読有り]
Akiyoshi Y, Ju XL, Furutani S, Matsuda K, Ozoe Y
Bioorganic & medicinal chemistry letters   23 3373-3376   2013年6月   [査読有り]
天然殺虫成分ピレスリンのエステル結合形成機構の解明
松田 一彦
化学と生物   (51) 70-73   2013年   [招待有り]
Requirement of catalytic-triad and related amino acids for the acyltransferase activity of Tanacetum cinerariifolium GDSL lipase/esterase TcGLIP for ester-bond formation in pyrethrin biosynthesis.
Kikuta Y, Yamada G, Mitsumori T, Takeuchi T, Nakayama K, Katsuda Y, Hatanaka A, Matsuda K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77 1822-1825   2013年   [査読有り]
Rahman MM, Akiyoshi Y, Furutani S, Matsuda K, Furuta K, Ikeda I, Ozoe Y
Bioorganic & medicinal chemistry   20 5957-5964   2012年10月   [査読有り]
Kikuta Y, Ueda H, Takahashi M, Mitsumori T, Yamada G, Sakamori K, Takeda K, Furutani S, Nakayama K, Katsuda Y, Hatanaka A, Matsuda K
The Plant journal : for cell and molecular biology   71 183-193   2012年7月   [査読有り]
Hiragaki S, Kobayashi T, Ochiai N, Toshima K, Dekeyser MA, Matsuda K, Takeda M
Neurotoxicology   33 307-313   2012年6月   [査読有り]
Yamaguchi M, Sawa Y, Matsuda K, Ozoe F, Ozoe Y
Biochemical and biophysical research communications   419 562-566   2012年3月   [査読有り]
Ueda H, Kikuta Y, Matsuda K
Plant signaling & behavior   7 222-226   2012年2月   [査読有り]
標的受容体の構造変異に起因する殺虫剤抵抗性と展望-ネオニコチノイドの事例-
松田 一彦
日本農薬学会誌   37 402-404   2012年   [招待有り]
Matsuda K
Topics in current chemistry   314 73-81   2012年   [査読有り]
Hirata K, Kataoka S, Furutani S, Hayashi H, Matsuda K
PloS one   6 e18354   2011年4月   [査読有り]
Kikuta Y, Ueda H, Nakayama K, Katsuda Y, Ozawa R, Takabayashi J, Hatanaka A, Matsuda K
Plant & cell physiology   52 588-596   2011年3月   [査読有り]
Kataoka S, Furutani S, Hirata K, Hayashi H, Matsuda K
Neurotoxicology   32 123-129   2011年1月   [査読有り]
Sattelle DB, Buckingham SD, Akamatsu M, Matsuda K, Pienaar IS, Jones AK, Sattelle BM, Almond A, Blundell CD
Biochemical pharmacology   78 836-843   2009年10月   [査読有り]
Matsuda K, Kanaoka S, Akamatsu M, Sattelle DB
Molecular pharmacology   76 1-10   2009年7月   [査読有り]
Jones AK, Buckingham SD, Papadaki M, Yokota M, Sattelle BM, Matsuda K, Sattelle DB
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 4287-4292   2009年4月   [査読有り]
Toshima K, Kanaoka S, Yamada A, Tarumoto K, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K
Neuropharmacology   56 264-272   2009年1月   [査読有り]
神経作用性殺虫剤のターゲット:ゲノム情報、多様化および調節
松田一彦
植物防疫   63 19-21   2009年   [招待有り]
Liu L, Alam MS, Hirata K, Matsuda K, Ozoe Y
Pest management science   64 1222-1228   2008年12月   [査読有り]
Amiri S, Shimomura M, Vijayan R, Nishiwaki H, Akamatsu M, Matsuda K, Jones AK, Sansom MS, Biggin PC, Sattelle DB
Molecular pharmacology   73 1659-1667   2008年6月   [査読有り]
Ihara M, Okajima T, Yamashita A, Oda T, Hirata K, Nishiwaki H, Morimoto T, Akamatsu M, Ashikawa Y, Kuroda S, Mega R, Kuramitsu S, Sattelle DB, Matsuda K
Invertebrate neuroscience : IN   8 71-81   2008年6月   [査読有り]
Okuda H, Sakuhana C, Yamamoto R, Mizukami Y, Kawai R, Sumita Y, Koga M, Shirai M, Matsuda K
The Journal of biological chemistry   283 9300-9307   2008年4月   [査読有り]
Fujimoto K, Yoshimura Y, Ihara M, Matsuda K, Takeuchi Y, Aoki T, Ide T
Bioorganic & medicinal chemistry letters   18 1106-1109   2008年2月   [査読有り]
Okuda H, Sakuhana C, Yamamoto R, Kawai R, Mizukami Y, Matsuda K
Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine   20 903-910   2007年12月   [査読有り]
Ihara M, Hirata K, Ishida C, Kagabu S, Matsuda K
Neuroscience letters   425 137-140   2007年10月   [査読有り]
Nishiwaki H, Ito K, Shimomura M, Nakashima K, Matsuda K
Journal of invertebrate pathology   96 80-88   2007年9月   [査読有り]
Ohno I, Hirata K, Ishida C, Ihara M, Matsuda K, Kagabu S
Bioorganic & medicinal chemistry letters   17 4500-4503   2007年8月   [査読有り]
Nishiwaki H, Nakashima K, Ishida C, Kawamura T, Matsuda K
Applied and environmental microbiology   73 3404-3411   2007年5月   [査読有り]
Matsuda K, Ozoe Y, Sattelle DB
Invertebrate neuroscience : IN   7 1-2   2007年3月   [査読有り]
Ihara M, Shimomura M, Ishida C, Nishiwaki H, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K
Invertebrate neuroscience : IN   7 47-51   2007年3月   [査読有り]
Brown LA, Ihara M, Buckingham SD, Matsuda K, Sattelle DB
Journal of neurochemistry   99 608-615   2006年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
"γ-Aminobutyric Acid Receptors: A Rationale for Developing Selective Insect Pest Control Chemicals" In Biorational Control of Arthropod Pests: Application and Resistance Managements
Springer   2009年   
"Molecular basis of selectivity of neonicotinoids" In Pesticide Chemistry
Wiley-VCH   2007年   
"Mechanism of selective action of neonicotinoids on insect nicotinic acetylcholine receptors" In New Discoveries in Agrochemicals eds
American Chemical Society   2005年   

講演・口頭発表等

 
Modulation of ligand-gated chloride channels by fungal metabolites produced in response to plant factors
松田 一彦
The joint meeting of the 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology and the 9th meeting of the Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists   2017年9月   
Canonical and non-canonical binding sites of neonicotinoids determining their selective actions on insect nicotinic acetylcholine receptors
松田 一彦
The 254th ACS National Meeting & Exposition   2017年8月   
Loop D-E-G triangle in fruit fly Dα1 subunit contributes to high neonicotinoid sensitivity of Dα1-chicken β2 hybrid nicotinic acetylcholine receptor
松田 一彦
2017 Nicotinic Acetylcholine Receptor   2017年5月   
選択的生物制御の道を拓くアグリケミカルバイオロジー
松田 一彦
2017年度日本農芸化学会大会 シンポジウム3CS01 いまさら聞けない農芸化学   2017年3月   
The α–α interface: a hidden binding site of neonicotinoids at nicotinic acetylcholine receptors
松田 一彦
XXV International Congress of Entomology (ICE 2016)   2016年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
受託研究:肉食性昆虫の共生微生物が産生する殺虫性蛋白質に関する基礎研究(生物系特定産業機構)
2001年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 松田 一彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 松田 一彦
イベルメクチン(IVM)やミルベマイシン(MLM)等のマクロライド系化合物による抑制性グルタミン酸受容体(GluCl)の活性化機構解明するため、化合物の結合部位の解明に有用な光反応性試薬を開発した。また、カイコGluClの結晶化に必須の大量発現方法を確立した。さらに捻転胃虫GluClに対するMLM-A_4の活性発現に重要なアミノ酸を同定し、本化合物の結合部位が2か所存在する可能性を見出した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 松田 一彦
本研究者は,脈翅目ウスバカゲロウ科昆虫に属するクロコウスバカゲロウ幼虫には殺虫性蛋白質を産生する細菌類が共生する.本研究では,それらの共生細菌類が産生する殺虫性蛋白質の構造を解明するとともに,蛋白質の諸性質を明らかにすることを目的とした.本研究の開始時点では,殺虫性蛋白質を産生する細菌としてEnterobacter aerogenesが得られていた.しかし殺虫性蛋白質を産生するクロコウスバカゲロウ幼虫の共生細菌はE. aerogenesだけではないと考え,同じような性質を示す共生細菌を探索...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 松田 一彦
クロコウスバカゲロウ幼虫の唾液には、数種の殺虫性蛋白質が含まれている。本研究では、これらの殺虫性蛋白質をコードする遺伝子をクローニングし、組換え蛋白質を大腸菌で発現させ、その選択毒性を評価しようとした。クロコウスバカゲロウ幼虫の唾液に含まれている殺虫性蛋白質は、幼虫自身がつくるものと考えて研究を進めたが、目的とする遺伝子をクローニングすることはできなかった。そこで、それらの殺虫性蛋白質はクロコウスバカゲロウ幼虫がつくるのではなく、共生微生物がつくるのではないかと推定し、本幼虫の唾液から単離...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 松田 一彦
1、ピレスロイド、メトキシクロル、およびカルモジュリン阻害剤の神経生理活性の比較ピレスロイドやDDTはカルモジュリン依存性の酵素群を阻害することを報じた論文を参考にして、数種のピレスロイド、メトキシクロル(DDT類縁体)、およびW-7を代表とするカルモジュリン阻害剤のアメリカザリガニ巨大軸索膜に対する効果を検討した。膜電位レベルでは、殺虫剤およびW-7は活動電位の下降相に互いに良く似た形状の脱分極性後電位を誘起したが、W-7以外のカルモジュリン阻害剤は脱分極性後電位を誘起しなかった。膜電位...