Ogushi, Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 18, 2019 at 02:57
 
Avatar
Name
Ogushi, Atsushi
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Law Department of Political Science
Job title
Associate Professor
Degree
PhD in Politics(University of Glasgow)
Research funding number
20431348

Research Areas

 
 
  • Politics / Politics / Russian Politics, Politics in the Former USSR

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Today
慶應義塾大学法学部准教授
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
北海道大学スラブ研究センター学術研究員(21世紀COE研究員)
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
日本学術振興会特別研究員(PD)、北海道大学スラブ研究センター所属
 
Sep 2008
 - 
Mar 2010
北海学園大学法学部非常勤講師
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
早稲田大学政治経済学術院助教
 

Education

 
Mar 1996
   
 
Department of Law, Faculty of Laws, Dokkyo University
 
Jun 2005
   
 
Department of Politics, Faculty of Social Sciences, University of Glasgow
 

Committee Memberships

 
Oct 2012
 - 
Today
The Japanese Association for Russian and East European Studies  Member of a board of directors
 

Published Papers

 
The Opposition Bloc in Ukraine: a Clientelistic Party with Diminished Administrative Resources
OGUSHI Atsushi
Europe-Asia Studies      2019   [Refereed]
forthcoming (accepted on 13 Dec. 2018)
全人民の指導者:プーチン政権下のロシア選挙権威主義
OGUSHI Atsushi
国際問題   (676) 5-14   Nov 2018
Executive Control over Parliament and Law-Making in Russia: The Case of the Budget Bills
OGUSHI Atsushi
Hogaku Kenkyu: Journal of Law, Politics, and Sociology   89(3) 292(61)-276(77)   Mar 2016
ウクライナの求心的多頭競合体制
OGUSHI Atsushi
地域研究   16(1) 46-61   Nov 2015   [Refereed]

Misc

 
ウクライナ大統領選 圧勝の背景
大串敦
世界   (922) 18-22   Jul 2019   [Invited]
天児慧『中国政治の社会態制』(書評)
大串敦
アジア経済   60(2) 68-72   Jun 2019
視界不良の「ポスト・プーチン体制」(座談会)
OGUSHI Atsushi
外交   51 108-119   Sep 2018
溝口修平『ロシア憲法体制の成立 : 重層的転換と制度選択の意図せざる帰結』(書評)
OGUSHI Atsushi
ロシア東欧研究   45 188-190   2016
Bystrova, A., A. Duka, and D. Tev, eds. Power and Elites, (Book review)
OGUSHI Atsushi
Russian Review   75(3) 541-542   2016

Books etc

 
The Demise of the Soviet Communist Party
OGUSHI Atsushi
Abingdon: Routledge   2008   
「重層的マシーン政治からポピュリスト体制への変容か:ロシアにおける権威主義体制の成立と変容」川中豪編『後退する民主主義、強化される権威主義:最良の政治制度とは何か』
OGUSHI Atsushi
ミネルヴァ書房   Jul 2018   
「ペレストロイカと共産党体制の終焉」松戸清裕ほか編『ロシア革命とソ連の世紀・第3巻・冷戦と平和共存』
OGUSHI Atsushi (Part:Joint Work, 171-195頁)
岩波書店   Aug 2017   
「ロシアにおける混合体制の成立と変容」川中豪編『発展途上国における民主主義の危機』
OGUSHI Atsushi (Part:Joint Work, 89-102頁)
アジア経済研究所   Mar 2016   
第3章「大統領・大統領府と政府」第4章「議会・選挙」横手慎二編『ロシアの政治と外交』
OGUSHI Atsushi
放送大学教育振興会   2015   

Conference Activities & Talks

 
The Opposition Bloc: a Clientelistic Party with Fewer Administrative Resources
OGUSHI Atsushi
Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies   11 Nov 2017   
Populism or Machine Politics? Contextualisation of the 2016 Duma Election
OGUSHI Atsushi
British Association for Slavonic and East European Studies   1 Apr 2017   
Weakened Machine Politics and the Consolidation of a Populist Regime? Russian Politics after the Ukrainian Crisis
OGUSHI Atsushi
Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies   19 Nov 2016   
Bureaucratic Elites in Russia Revisited: Modernity and Patrimonialism
OGUSHI Atsushi
The IX ICCEES (International Council for Central and East Eurpean Studies) World Congress   4 Aug 2015   International Council for Central and East Eurpean Studies
Executive Control over Parliament and Law-Making in Russia: The Case of the Budget Bills
OGUSHI Atsushi
The 6th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies   28 Jun 2014   

Research Grants & Projects

 
Russia as a Military Power and Its Relations with the Near East and the Black Sea Rim
The University of Tokyo: 
Project Year: Oct 2018 - Mar 2022    Investigator(s): 松里 公孝
ウクライナ政治体制の解明―求心的多頭競合体制の成立と変容
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022    Investigator(s): 大串 敦
Comparative Study of the Rise of Authoritarianism and Populism
Hokkaido University: 
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022    Investigator(s): 宇山 智彦
ポスト共産主義諸国の政治・行政・経済エリート:ロシアとウクライナ(国際共同研究強化)
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): 大串 敦
本助成により、2017年度には国際ワークショップでの報告1本、国際学会報告2本、公刊論文3本を公にすることができた。国際ワークショップは、研究代表者が組織したもので、世界各国からロシアおよびウクライナの政治経済エリートに関して先端的な研究を行なっている研究者をヘルシンキ大学アレクサンテリ研究所に招聘した。代表者は、ロシアの官僚エリートに関しての報告を行い、好評を得た。同ペーパーは改定の上欧米の査読誌に投稿する予定である。国際学会報告は、まず英国スラブ東欧研究学会でパネルを組織し、ウクライナ...
スラブ・ユーラシアにおける分離主義紛争の総合的比較研究
Waseda University: 
Project Year: Jul 2015 - Mar 2020    Investigator(s): 久保 慶一
平成29年度は、当初の研究計画の予定に従い、平成28年度および29年度を通じて研究代表者・各分担者が収集した資料、実施した現地調査の成果に関する分析作業を継続し、それらを総合して諸事例間の比較分析を行うための基礎的な作業を進めた。すなわち、久保はコソヴォ紛争、大串はウクライナ紛争とロシアの外交政策、前田はグルジア紛争、妹尾はドイツおよびEUの外交政策、森はアメリカの外交政策について、それぞれ資料収集を進め、その分析作業を進めた。その一環として、平成29年度には、前田が2018年2月にグルジ...