増渕 雄一

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:21
 
アバター
研究者氏名
増渕 雄一
ハンドル
as
eメール
masmp.pse.nagoya-u.ac.jp
URL
http://rheology.jp/nagoya/
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 物質科学専攻 ナノ解析物質設計学
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
40291281
ORCID ID
0000-0002-1306-3823

プロフィール

1996年に名大応物の土井正男先生のご指導により博士の学位をいただきました.テーマはDNAの分子ダイナミクスで,吉川研一先生にも実験のご指導をいただきました.卒業後,2001年まで山形大学の小山清人先生の研究室で高分子レオロジーと成形加工の研究を行いました.その間,1999年にナポリ大学に留学してProf. Giuseppe Marrucciに師事しレオロジーの分子論を研究しました.2001年に名大の土井研に助手として戻り,レオロジー予測プログラムの作成を行いました.2004年に農工大の有機化学科で助教授となり,2007年に京大化研の渡辺宏先生の研究室の准教授となりました.2015年に名古屋大学に戻って教授となり,レオロジー物理工学研究室を主催しています.

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年3月
名古屋大学産業科学研究所 奨励研究員
 
1995年4月
 - 
1996年9月
日本学術振興会 特別研究員
 
1996年10月
 - 
2001年2月
山形大学 工学部機能高分子工学科 助手
 
1999年5月
 - 
1999年10月
ナポリ大学 化学工学科 客員研究員(文部省在外研究員)
 
2001年3月
 - 
2004年3月
名古屋大学 工学部応用物理学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
名古屋大学 工学部 応用物理
 
 
 - 
1996年
名古屋大学 工学研究科 応用物理学専攻
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
NEDO分野横断的公募事業ピアレビュア  委員
 
2012年4月
 - 
2016年9月
International Congress on Rheology  事務局長
 
2012年4月
 - 
現在
東京大学物性研究所共同利用スーパーコンピューター課題審査委員会  委員
 
2014年5月
 - 
2015年12月
Pacifichem 2015  The organizer of the symposia “Simulations of Polymers”
 
2014年5月
 - 
現在
日本レオロジー学会誌編集委員会  副編集委員長
 

受賞

 
2017年4月
文部科学大臣 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門) SPring-8・J-PARC・京の連携と先進タイヤ開発
受賞者: 岸本浩通,増井友美,金子房恵,篠原佑也,増渕雄一
 
2016年5月
日本ゴム協会 日本ゴム協会賞
 
2011年6月
日本ゴム協会 日本ゴム協会ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞
 
2009年11月
分子シミュレーション研究会 分子シミュレーション研究会学術賞
 
2008年6月
プラスチック成形加工学会 プラスチック成形加工学会功労賞
 

論文

 
Matsumiya Yumi, Watanabe Hiroshi, Masubuchi Yuichi, Huang Qian, Hassager Ole
MACROMOLECULES   51(23) 9710-9729   2018年12月
Isoda Takuma, Masubuchi Yuichi, Yamamoto Tetsuya
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87(10)    2018年10月
レオロジーと感覚
増渕雄一
高分子   67(10) 579-581   2018年10月   [招待有り]
Yuichi Masubuchi, Hiroto Takata, Yoshifumi Amamoto and Tetsuya Yamamoto
Nihon Reoroji Gakkaishi   46(4) 171-178   2018年9月   [査読有り]
Masubuchi Yuichi, Uneyama Takashi
SOFT MATTER   14(29) 5986-5994   2018年8月
Manlio Tassieri, Jorge Ramírez, Nikos Ch. Karayiannis, Sathish K. Sukumaran and Yuichi Masubuchi
Macromolecules   51(4) 5055–5068   2018年7月   [査読有り]
10年間の技術の進歩; 溶融体基本特性
増渕雄一
成形加工   30(7) 517-522   2018年6月   [招待有り]
Yamamoto Tetsuya, Masubuchi Yuichi, Doi Masao
NATURE COMMUNICATIONS   9    2018年5月
高分子の分子伸長と成形加工性
増渕雄一
化学工学   82(4) 194-196   2018年4月
Stress undershoot of entangled polymers under fast startup shear flows in primitive chain network simulations
Yuichi Masubuchi, Giovanni Ianniruberto and Giuseppe Marrucci
Nihon Reoroji Gakkaishi   (46) 23-28   2018年2月   [査読有り]
Ishikawa Takashi, Amaoka Kazuaki, Masubuchi Yuichi, Yamamoto Tetsuya, Yamanaka Atsuhiko, Arai Masahiro, Takahashi Jun
COMPOSITES SCIENCE AND TECHNOLOGY   155 221-246   2018年2月
Takeda Keiko, Sukumaran Sathish Kumar, Sugimoto Masataka, Koyama Kiyohito, Masubuchi Yuichi
NIHON REOROJI GAKKAISHI   46(3) 145-149   2018年
Masubuchi Yuichi, Pandey Ankita, Amamoto Yoshifumi, Uneyama Takashi
JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   147(18)    2017年11月
Yamamoto Tetsuya, Masubuchi Yuichi, Doi Masao
SOFT MATTER   13(37) 6515-6520   2017年10月   [査読有り]
Masubuchi Yuichi, Amamoto Yoshifumi, Pandey Ankita, Liu Cheng-Yang
SOFT MATTER   13(37) 6585-6593   2017年10月   [査読有り]
Takahashi Kazuaki Z., Nishimura Ryuto, Yamato Nobuyoshi, Yasuoka Kenji, Masubuchi Yuichi
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年9月   [査読有り]
Takashi Ishikawa, Kazuaki Amaoka, Yuichi Masubuchi, Tetsuya Yamamoto, Atsuhiko Yamanaka, Masahiro Arai and Jun Takahashi
Composites Science and Technology   (155) 221-224   2017年9月   [査読有り]
Yamamoto Tetsuya, Masubuchi Yuichi, Doi Masao
MACROMOLECULES   50(13) 5208-5213   2017年7月   [査読有り]
Yamamoto Tetsuya, Masubuchi Yuichi, Doi Masao
ACS MACRO LETTERS   6(5) 512-514   2017年5月   [査読有り]
Bhattacharjee P. K., Nguyen D. A., Masubuchi Y., Sridhar T.
MACROMOLECULES   50(1) 386-395   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
Relaxation of Rouse Modes for Unentangled Polymers Obtained by Molecular Simulations
Masubuchi Yuichi, Takata Hiroto, Amamoto Yoshifumi, Yamamoto Tetsuya
NIHON REOROJI GAKKAISHI   46(4) 171-178   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Yuichi Masubuchi (担当:分担執筆, 範囲:PASTA and NAPLES: Rheology Simulator)
Springer   2016年8月   ISBN:978-9811008146
おもしろレオロジー
増渕雄一
技術評論社   2010年6月   ISBN:4774143103
「高分子材料シミュレーション-OCTA活用事例集-」第4章
増渕雄一
化学工業日報社   2014年3月   
「高分子材料シミュレーション -OCTA活用事例集-」Appendix
増渕雄一
化学工業日報社   2014年3月   
「成形加工テキストシリーズ第3巻:成形加工におけるプラスチック材料」 成形加工とプラスチックの転移現象
増渕雄一
シグマ出版   1997年1月   

講演・口頭発表等

 
高分子の多階層計算はどこまで可能か [招待有り]
増渕雄一
第56回高分子材料自由討論会   2018年6月30日   
Multi-chain Slip-spring Simulations for Branch Polymers
Yuichi Masubuchi
The 67th Annual Meeting of the Society of Polymer Science   2018年5月25日   
振動せん断測定における高分子ゲルの潤滑モード遷移の理論解析
久世雅大、山本哲也、増渕雄一
トライボロジー会議2018   2018年5月23日   
Multi-Chain Slip-Spring Simulations for Entangled Polymers
Yuichi Masubuchi
The 34th Polymer Processing Society Meeting   2018年5月22日   
種々の塩濃度下で高分子電解質がグラフトされたコロイド粒子表面とグラフトされていないコロイド粒子表面の相互作用
夏目享治、天本義史、増渕雄一、山本哲也
日本レオロジー学会第45年会   2018年5月17日   

担当経験のある科目

 

Works

 
私の役に立った本:The Theory of Polymer Dynamics, M. Doi and S. F. Edwards
増渕雄一   その他   2018年3月
液体と固体の“はざま”
その他   2010年 - 現在
液体と固体の“はざま”
その他   2010年 - 現在
水面をかけ抜けるには? 沈まずに水面を走りきる方法
その他   2010年 - 現在
点と線(ひらめきの瞬間,21世紀の担い手たち)
その他   2004年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
高分子ナノ粒子混合系における分子ダイナミクスの計算手法開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 現在
自由界面のトリガー効果に基づく高分子膜の増幅的変換プロセスの創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 現在    代表者: 関隆広
配向伸長状態における高分子の分子摩擦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
高分子の流動下での緩和
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
ブロック共重合体ダイナミクスに対する熱力学的拘束と空間的拘束の効果
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 渡辺宏

特許

 
2009-110228 : 固体粒子を分散させた高分子化合物の分子運動解析方法および解析プログラム
増渕雄一
2008-020385 : 高分子の応力テンソルの時間変化の推算方法、高分子の3次元構造の構築方法、プログラム、情報記憶媒体、およびシステム
増渕雄一
2006-103316 : 成形加工性評価システム及びその方法
塚原登,杉尾確,江原賢二,吉川秀雄,増渕雄一
2006-201098 : 紐状ミセル系の運動およびレオロジー解析方法および解析プログラム
増渕雄一
PCT/JP2004/013177 (WO06027842A1) : 共重合高分子の分子運動解析方法
増渕雄一, G. Ianniruberto, F. Greco, and G. Marrucci

社会貢献活動

 
サイエンストーク「おもしろレオロジー:どろどろ/ぐにゃぐにゃ物質の科学」
【出演, 講師, 実演】  愛知県  あいちサイエンスフェスティバル  (名古屋)  2017年11月