Profile Information

Affiliation
Associate Professor, Department of Homeostatic Development, National Institute for Physiological Sciences
Degree
Ph.D.

J-GLOBAL ID
201101007922674575
researchmap Member ID
B000001775

in vivo Ca2+イメージング、in vivoおよびスライスパッチクランプ法を用いて、感覚神経系の発達期可塑性のメカニズムを解明したいと考えています。ドイツ・ミュンヘン工科大学、東京女子医科大学を経て、2017年より生理学研究所・生体恒常性発達研究部門に准教授として着任しました。

Papers

  11

Misc.

  7

Research Projects

  9