漆谷 真

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 10:09
 
アバター
研究者氏名
漆谷 真
 
ウルシタニ マコト
URL
https://shiga-neurology.com/
所属
滋賀医科大学
部署
医学部 内科学講座 脳神経内科
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
滋賀医科大学神経難病研究センター京都大学 大学院医学研究科広島大学徳島大学

プロフィール

医師1年目に直面したALSの難治性にショックを受けたことから、この疾患の病態解明・治療法開発の研究を続けています。大学院時代に胎児ラット運動ニューロン初代培養系を立ち上げALSの選択的運動ニューロン変性のメカニズムについて研究を開始しました。その後家族性ALSの原因遺伝子SOD1変異蛋白がユビキチンプロテアソーム系に及ぼす影響と酸化ストレスとの関係について研究する過程で、変異SOD1蛋白質がシナプス分泌蛋白質とともに細胞外に分泌されミクログリアの活性化や運動ニューロン死をきたすことを突き止め、ワクチン・抗体療法の有用性を報告しました。近年は孤発性ALSの原因蛋白質TDP-43が毒性を獲得する構造変化に着目し、分解経路の解明研究に加え、新たなALSモデルの作製と特異抗体の作製や低分子スクリーニングにより新規の治療・診断法の開発を目指しています。さらに神経病理学的手法も取り入れ、常に患者脳に立ち帰りながら研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
滋賀医科大学 内科学講座 脳神経内科 教授
 
2013年10月
 - 
2016年6月
京都大学大学院医学研究科 臨床神経学 准教授
 
2009年6月
 - 
2013年10月
滋賀医科大学 分子神経科学研究センター 准教授(研究室主催)
 
2006年9月
 - 
2009年6月
滋賀医科大学 分子神経科学研究センター 助教
 
2003年9月
 - 
2006年8月
ラバル大学 CHULリサーチセンター 博士研究員
 
2000年4月
 - 
2003年8月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 博士研究員
 
1992年4月
 - 
1996年3月
住友病院 神経内科 医員
 
1991年4月
 - 
1992年3月
京都大学医学部附属病院 神経内科 研修医
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学大学院 医学研究科 脳統御医科学系臨床神経学
 
1985年4月
 - 
1991年3月
京都大学 医学部 医学科
 
1981年4月
 - 
1984年3月
岡山県立倉敷青陵高等学校  
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本神経学会  第60回学術大会学術委員
 
2018年5月
 - 
現在
日本神経病理学会  近畿地方会世話人
 
2018年4月
 - 
現在
日本内科学会  評議員
 
2018年4月
 - 
現在
日本神経科学大会  第42回学術委員
 
2016年11月
 - 
現在
日本神経治療学会  評議員
 

受賞

 
2008年
武田科学振興財団 研究奨励賞
 
2007年
ライフサイエンス振興財団 研究奨励賞
 
2006年
Brain Star Award (Canadian Insititute of Health Research)
 
2004年
上原記念生命科学財団 海外フェローシップ ALSの運動ニューロン死と細胞外因子
 

論文

 
Oki R, Izumi Y, Nodera H, Sato Y, Nokihara H, Kanai K, Sonoo M, Urushitani M, Nishinaka K, Atsuta N, Kohara N, Shimizu T, Kikuchi H, Oda M, Ikeda K, Nagai M, Komai K, Kojima Y, Kuzume D, Isose S, Shimohama S, Abe K, Ito H, Noda K, Ishihara T, Morita M, Shimohata T, Teramukai S, Kagimura T, Noma K, Yanagawa H, Kuwabara S, Kaji R, JETALS Collabolators.
JMIR Research Protocols   in press    2018年   [査読有り]
Tamaki Y, Shodai A, Morimura T, Hikiami R, Minamiyama S, Ayaki T, Tooyama I, Furukawa Y, Takahashi R, Urushitani M
Scientific reports   8(1) 6030   2018年4月   [査読有り]
Ayaki T, Ito H, Komure O, Kamada M, Nakamura M, Wate R, Kusaka H, Yamaguchi Y, Li F, Kawakami H, Urushitani M, Takahashi R
Journal of neuropathology and experimental neurology   77(2) 128-138   2018年2月   [査読有り]
Kaji S, Maki T, Kinoshita H, Uemura N, Ayaki T, Kawamoto Y, Furuta T, Urushitani M, Hasegawa M, Kinoshita Y, Ono Y, Mao X, Quach TH, Iwai K, Dawson VL, Dawson TM, Takahashi R
Stem cell reports   10(2) 356-365   2018年2月   [査読有り]
Hikiami R, Yamakado H, Tatsumi S, Ayaki T, Hashi Y, Yamashita H, Sawamoto N, Tsuji T, Urushitani M, Takahashi R
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年2月   [査読有り]
Hikiami R, Yamashita H, Koita N, Jingami N, Sawamoto N, Furukawa K, Kawai H, Terashima T, Oka N, Hashiguchi A, Takashima H, Urushitani M, Takahashi R
Journal of human genetics   63(1) 89-92   2018年1月   [査読有り]
Carandang MAE, Takamatsu N, Nodera H, Mori A, Mimura N, Okada N, Kinoshita H, Kuzuya A, Urushitani M, Takahashi R, Izumi Y, Kaji R
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   88(5) 455-457   2017年5月   [査読有り]
Kobatake Y, Sakai H, Tsukui T, Yamato O, Kohyama M, Sasaki J, Kato S, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H
Journal of the neurological sciences   372 369-378   2017年1月   [査読有り]
Kawamoto Y, Ayaki T, Urushitani M, Ito H, Takahashi R
Neuroscience letters   628 207-212   2016年6月   [査読有り]
Uchida T, Tamaki Y, Ayaki T, Shodai A, Kaji S, Morimura T, Banno Y, Nishitsuji K, Sakashita N, Maki T, Yamashita H, Ito H, Takahashi R, Urushitani M
Scientific reports   6 19118   2016年1月   [査読有り]
Kitamura A, Saito S, Maki T, Oishi N, Ayaki T, Hattori Y, Yamamoto Y, Urushitani M, Kalaria RN, Fukuyama H, Horsburgh K, Takahashi R, Ihara M
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism      2015年10月   [査読有り]
Nakamae S, Kobatake Y, Suzuki R, Tsukui T, Kato S, Yamato O, Sakai H, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H
Neuroscience      2015年7月   [査読有り]
Nagano S, Takahashi Y, Yamamoto K, Masutani H, Fujiwara N, Urushitani M, Araki T
Human molecular genetics      2015年3月   [査読有り]
Ayaki T, Ito H, Fukushima H, Inoue T, Kondo T, Ikemoto A, Asano T, Shodai A, Fujita T, Fukui S, Morino H, Nakano S, Kusaka H, Yamashita H, Ihara M, Matsumoto R, Kawamata J, Urushitani M, Kawakami H, Takahashi R
Acta neuropathologica communications   2 172   2014年12月   [査読有り]
Kitajima Y, Tashiro Y, Suzuki N, Warita H, Kato M, Tateyama M, Ando R, Izumi R, Yamazaki M, Abe M, Sakimura K, Ito H, Urushitani M, Nagatomi R, Takahashi R, Aoki M
Journal of cell science      2014年11月   [査読有り]
Morimura T, Numata Y, Nakamura S, Hirano E, Gotoh L, Goto YI, Urushitani M, Inoue K
Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.)      2014年2月   [査読有り]
Oono M, Okado-Matsumoto A, Shodai A, Ido A, Ohta Y, Abe K, Ayaki T, Ito H, Takahashi R, Taniguchi N, Urushitani M
Journal of neurochemistry   128(3) 403-418   2014年   [査読有り]
Shodai A, Morimura T, Ido A, Uchida T, Ayaki T, Takahashi R, Kitazawa S, Suzuki S, Shirouzu M, Kigawa T, Muto Y, Yokoyama S, Takahashi R, Kitahara R, Ito H, Fujiwara N, Urushitani M
The Journal of biological chemistry   288 14886-14905   2013年5月   [査読有り]
Tashiro Y, Urushitani M, Inoue H, Koike M, Uchiyama Y, Komatsu M, Tanaka K, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Ito H, Takahashi R
The Journal of biological chemistry   287 42984-42994   2012年12月   [査読有り]
Shodai A, Ido A, Fujiwara N, Ayaki T, Morimura T, Oono M, Uchida T, Takahashi R, Ito H, Urushitani M
PloS one   7 e52776   2012年   [査読有り]

Misc

 
漆谷 真
神経治療学   34(2) 72-78   2017年
<p>TAR DNA–binding protein 43kDa (TDP–43) is a hallmark protein for amyotrophic lateral sclerosis (ALS), consisting of ubiquitinated and phosphorylated cytosolic inclusions in affected regions, namely TDP–43 proteinopathy. TDP–43 is physiologicall...
漆谷 真
神経治療学   34(6) S117-S117   2017年

書籍等出版物

 
高橋 良輔, 山中 宏二, 樋口 真人, 漆谷 真
メディカルドゥ   2017年   ISBN:9784944157648
高橋 良輔(臨床神経学), 漆谷 真, 山中 宏二, 樋口 真人
メディカルドゥ   2014年   ISBN:9784944157563
認知症ハンドブック
漆谷 真 (担当:分担執筆, 範囲:嗜銀顆粒性認知症)
医学書院   2013年11月   
アクチュアル脳・神経疾患の臨床『すべてがわかる筋萎縮性側索硬化症・運動ニューロン疾患』
漆谷 真 (担当:分担執筆, 範囲:ALSにおけるワクチン・抗体療法の開発)
中山書店   2013年   
Amyotrophic Lateral Sclerosis: Symptoms, Treatment and Prognosis
漆谷 真 (担当:分担執筆, 範囲:Molecular Targeted Therapy against Amyotrophic Lateral Sclerosis)
Nova Science Publishers   2012年   

講演・口頭発表等

 
TDP-43蛋白質の病態モデルの構築とミスフォールド構造特異認識抗体を用いた分子標的治療戦略 [招待有り]
漆谷 真
シンポジウム「脳タンパク質老化と神経変性」第91回 日本生化学会大会   2018年9月26日   
分解型細胞内抗体を用いたALSの分子標的治療 [招待有り]
漆谷 真
第35回日本神経治療学会総会. シンポジウム6.運動ニューロン疾患: 治療の展望   2017年11月16日   
孤発性筋萎縮性側索硬化症における細胞内抗体を用いた異常TDP-43除去の試み [招待有り]
漆谷 真
第29回日本神経免疫学会学術集会. シンポジウム2 神経変性疾患治療における免疫学的アプローチ   2017年10月6日   
病原蛋白質特異的エピトープに対するALSの分子標的治療開発戦略 [招待有り]
漆谷 真
日本薬学会, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017   2017年8月26日   
VHL/CUL2によるミスフォールド型TDP-43の分解障害とオリゴデンドロサイト封入体形成 [招待有り]
漆谷 真
第57回日本神経学会学術大会 シンポジウム   2016年5月20日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
筋萎縮性側索硬化症 の病原タンパク質に対する自己分解型細胞内抗体の実用化に向けた前臨床研究
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 漆谷 真
大量メチルコバ ラミン筋注によるALSの治療薬開発研究
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 漆谷 真
神経疾患における免疫病態の解明と治療法開発に関する研究
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター: 精神・神経疾患 研究開発費
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 漆谷 真
筋萎縮性側索硬化症 の病原タンパク質に対する自己分解型細胞内抗体の実用化に向けた前臨床研究
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2010年3月    代表者: 漆谷 真

特許

 
特願2018-049752 : 異常TDP-43を分解除去する抗体断片
漆谷 真、玉木良高
遠山 育夫, 田口 弘康, 森川 茂廣, 漆谷 真, 柳沢 大治郎, 永江 知音, 白井 伸明, 平尾 浩一, 加藤 雅也, 木村 博彦, 岡田 隆士
遠山 育夫, 田口 弘康, 森川 茂廣, 漆谷 真, 柳沢 大治郎, 永江 知音, 白井 伸明, 平尾 浩一, 加藤 雅也, 木村 博彦, 岡田 隆士

社会貢献活動

 
滋賀県難病対策推進協議会委員
【助言・指導】  滋賀県  2016年7月
滋賀県難病連携協議会事務局
【運営参加・支援】  滋賀県  2016年7月