カウンタ

COUNTER133440 2013/6/12~

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2018/12/07

脈動)量子力学国際会議

Tweet ThisSend to Facebook | by hikari368
ポーランドのワルシャワ大学で今日から3日間、量子力学の解釈問題に特化した国際会議が開かれています。ノーベル賞受賞者を含む8人の博士が講演し、100人程の専門の物理学者が集中討議します。8人は大会組織委員のようです。その内の一人の博士が素粒子脈動仮説を非常におもしろいと評価して頂き、会議で紹介してくれます。その人に仮説の単行本が5日に発売されたことをメールし、祝福の返信が届いたので、本の件も紹介してくれるかもと期待しています。会議議事録に掲載してくれるとのことなので、100人の先端物理学者に脈動仮説の存在が知られることになり脈動仮説の真価が問われるところです。しかし、素粒子脈動原理の仮説は理論物理学のあらゆる分野にわたり、根本的改革を問うているので、それぞれの分野の専門家に今回と同様の集中討議を期待するところです。
01:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)